この作品の「正体」が凄すぎて、何度も何度も見てしまった。

一見、モノクロ写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwadiogbuさん。

絵こそが僕のマイクであり、僕の声を伝えるための手段だ。

そう語るKenさん。独学で芸術を学び、ある強い信念を持って、肖像画を描き始めました。

僕は世界を変えたい。
この一本の鉛筆で。

Kenさんは大学で土木工学を専攻していたため、芸術はすべて独学で学びました。彼の両親は、まさか息子がアートを生業にするとは思っておらず、非常に心配していたと言います。ナイジェリア国内では、まだアーティストとして生きる生活基盤が確立されていなかったことも、両親の心配の種のよう。

それでも、Kenさんにはアートを通して、どうしてもやりたいことがありました。それは、彼のルーツであるナイジェリア人としての精神を、絵画に反映させることです。

Kenさんの肖像画に描かれるモデルのほとんどが、黒人の男女。微笑んでいるもの、アンニュイな表情を浮かべているもの、叫ぶような歪んだ顔など、人々の繊細な感情の機微を描き出しています。

彼は、ナイジェリア人やリビア人をはじめとするアフリカ出身者がたどった奴隷の歴史、迫害された記憶、差別の視線と、その過去から脱却しようとする人々の力強さを描いているのです。

人種差別に関わらず、世界には様々な「不平等」が溢れています。今現在も続く古い家制度など、人々が生きづらいと感じる要素を世界から消すことは容易いことではありません。

Kenさんは、そんな世界を、一本の鉛筆で変えていきたいと語ります。

今、ナイジェリア国内のアート事情は少しずつ発展を見せ、Kenさんのような若いアーティストが注目されるようになっているそうです。彼の描く肖像画には、世界の現状と、それを変えなければならないというメッセージが込められています。この強い思いを、これからも人々の心に訴えかけていくでしょう。

「私たちにできることは何か」。

彼の力強いタッチから、僕はそんな思いを抱かずにはいられません。

Licensed material used with permission by Ken Nwadiogbu

【TABI LABOのsarahahができました◎】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ
他の記事を見る
ニューヨークのアーティストKevin Champenyさんの作品も、見る人によっては「ゾッ」とするようなものかも。でも、一体これは何なの?って、ついついズ...
「wemo Ⅱ」は、携帯ケース型のメモ。必要なことを裏にすぐ書き留めておくことができます。ボールペンで書いても消しゴムで消して何度でも使えるから大丈夫!
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
「何にもない」。地方出身者なら、地元のことを一度はこんな風に思ったことがあるんじゃないでしょうか。かくいう私もその一人。だから、福岡県宗像市の大島にある「...
もう、何から何まで想像以上に素敵で。
「Fishball」は、取り付けるだけで360度写真を撮れるようにしてくれる、iPhone用外付けレンズ。今なら、約5,500円でオーダーできるそうです。
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
銀が溶け出すようなアートは、イタリアを拠点とするAlessandro Pagliaさんによるもの。何本ものペンを使いこなして、現実とはかけ離れた作品を作り...
もしかしたら、これから登場する写真が、あなたにはただの風景画にしか映らないかもしれない。けれど、これが「斜め45度」の世界。2枚、3枚と続くうちに、いつし...
オランダで9月16日まで開催されているアートイベント「Into Nature」。そこには、ただ見るだけではなく泊まって楽しめるインスタレーション「Esca...
Vhilsのグラフィティは、壁にペンキやスプレーで色を塗って描かれているのではない。火薬で「爆破」して描いているんだ。すべてのグラフィティが、爆破によって...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
「あっ崖から落ちる!」と見る人が思わず口に出してしまいそうなスリリングな写真。実は、地面がとても近く、カメラの角度次第でどうにでもなるみたい。Instag...
まるで鋭い銃弾に打ち抜かれたような印象を与える、引き裂かれた写真。写真のコラージュ作品はデジタルで制作されることが多いけれど、Fabian Oefnerさ...
写真を見ると、ブルーやピンク、オレンジの色が幻想的です。
今さらながら、アーティストという輩って面白い。だって、僕たちとは違ったアングルでモノゴトをみて、普通では考えもしないことをやってしまうんだもの。今回、紹介...
360度に(なんなら床にも)映し出されたゴッホの絵画を鑑賞……というか、全身で体感!このteamLabのデジタルアートを彷彿とさせる展覧会を開催しているの...