絶対に二度見してしまう「ウッドアート」

今さらながら、アーティストという輩って面白い。だって、僕たちとは違ったアングルでモノゴトをみて、普通では考えもしないことをやってしまうんだもの。

今回、紹介するのは、カナダディアンのアーティストMskull Lasserre。彼の数多くの作品から、木を素材にしたアートをピックアップしてみた。その作風は、まさに大胆で繊細。まずは、この作品を。

一見、丸太がロープで
繋げられているだけだが…

ちょっと近寄ってみようか

ここまで寄ったら分かるかな?

そう、この作品。ロープの部分まで木で作られているのだ。もう、一度、上の写真に戻ってみようか。遠目には、どう見ても木とは思えない。どうしてこんなことを考えられるんだろう?

次は、このアフリカ風の木彫り人形。何の変哲もないけれど…

向きを変えるとこの通り

しかも、スゴい細かい!

まるで、人体模型を彷彿させるような作品。グロいけれど、妙な、美しさを感じてしまう。ちなみにMskullは、南アフリカで過ごしたこともあるようなので、その時の体験からインスパイアされているのかも知れないな。

続いては、ダック。これは、日本でもよく見かけるけど…

何となく予想はしていたが

やっぱり、細かく作り込まれてる…

これもリアル過ぎて、気味が悪いよね。夜中にトイレで起きて、こいつを見たらギョッとしてしまうに違いない。それにしても、骨格周りの表現力は目を見張るものがある作品だよな。どうやって製作したんだろう?

最後に紹介するのは、椅子。棒みたいなのが置いてあるけど。近寄る前にちょっとだけ想像してみて。

木が崩れているところが
あやしいなぁ…

あなたには何か見える?

鳥がいるっ!

思わずドキッとした人も多かったはず。Mskullは、木だけではなく鉄やインスタレーションまで、様々な手法を用いてアートを仕掛けている。気になる人は、是非サイトを訪れてみよう。大胆さと繊細さが同居する不思議な作品を楽しめるはずだ。

Licensed material used with permission by Maskull Lasserre
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
大理石の彫刻と言えば、伝統的な芸術。石で作られているとは思えない滑らかな質感や、感情に訴えてくるような表情などが特徴ですよね。スペインのアーティストGer...
ニューヨークのアーティストKevin Champenyさんの作品も、見る人によっては「ゾッ」とするようなものかも。でも、一体これは何なの?って、ついついズ...
カニエ・ウェストがトラヴィス・スコットを迎えた新曲『Wash Us In The Blood』をリリース。虐殺、奴隷といった単語が登場し、現在も進行中であ...
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
今年5月に、台湾で開催されたサンドアート世界大会の優勝作品『宮本武蔵』の生みの親である保坂俊彦さん。日本ではまだ認知度の低い砂像(さぞう)の魅力を、保坂さ...
窒素と二酸化炭素のガスカートリッジを使用して、普段の飲み物にアレンジを加えるドリンクメーカー「サプライズボトル」。
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
戦後から古美術・日本画・版画など約150の専門店が集まるアート密集地、日本橋&京橋。「東京アートアンティーク」は、普段は訪れる機会の少ない老舗の古美術店や...
「Smart Rope PURE」は、高性能センサーを内蔵。回数や消費カロリーを計測し、スマホで確認して効果的な有酸素運動を実行できる進化した縄跳びだ。
二度見しちゃうこと間違いなし!晴れた日にはレーニア山が見える「空中庭園」。形もまるで彫刻のようで、ラウンジ内にいてもビル外から見上げてもオシャレなデザインだ。
現在43歳のJames Lakeがダンボールアートに目覚めたのは、17歳の時。約26年もの間、ずーっと同じ素材で彫刻を作ってきた彼。とにかくアーティストと...
私の中で刺青イコール怖い人のイメージがある。だけど、アーティストのFabio Vialeの彫刻は、刺青は日本の誇れる伝統芸術であることに気づかせてくれた。...
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
ユニクロのTシャツブランド「UT」がアートギャラリー「NANZUKA」とコラボレーション。日本の現代アートを牽引するキーマンたちのデザイン&グラフィックセ...