絶対に二度見してしまう「ウッドアート」

今さらながら、アーティストという輩って面白い。だって、僕たちとは違ったアングルでモノゴトをみて、普通では考えもしないことをやってしまうんだもの。

今回、紹介するのは、カナダディアンのアーティストMskull Lasserre。彼の数多くの作品から、木を素材にしたアートをピックアップしてみた。その作風は、まさに大胆で繊細。まずは、この作品を。

一見、丸太がロープで
繋げられているだけだが…

ちょっと近寄ってみようか

ここまで寄ったら分かるかな?

そう、この作品。ロープの部分まで木で作られているのだ。もう、一度、上の写真に戻ってみようか。遠目には、どう見ても木とは思えない。どうしてこんなことを考えられるんだろう?

次は、このアフリカ風の木彫り人形。何の変哲もないけれど…

向きを変えるとこの通り

しかも、スゴい細かい!

まるで、人体模型を彷彿させるような作品。グロいけれど、妙な、美しさを感じてしまう。ちなみにMskullは、南アフリカで過ごしたこともあるようなので、その時の体験からインスパイアされているのかも知れないな。

続いては、ダック。これは、日本でもよく見かけるけど…

何となく予想はしていたが

やっぱり、細かく作り込まれてる…

これもリアル過ぎて、気味が悪いよね。夜中にトイレで起きて、こいつを見たらギョッとしてしまうに違いない。それにしても、骨格周りの表現力は目を見張るものがある作品だよな。どうやって製作したんだろう?

最後に紹介するのは、椅子。棒みたいなのが置いてあるけど。近寄る前にちょっとだけ想像してみて。

木が崩れているところが
あやしいなぁ…

あなたには何か見える?

鳥がいるっ!

思わずドキッとした人も多かったはず。Mskullは、木だけではなく鉄やインスタレーションまで、様々な手法を用いてアートを仕掛けている。気になる人は、是非サイトを訪れてみよう。大胆さと繊細さが同居する不思議な作品を楽しめるはずだ。

Licensed material used with permission by Maskull Lasserre
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
大理石の彫刻と言えば、伝統的な芸術。石で作られているとは思えない滑らかな質感や、感情に訴えてくるような表情などが特徴ですよね。スペインのアーティストGer...
ニューヨークのアーティストKevin Champenyさんの作品も、見る人によっては「ゾッ」とするようなものかも。でも、一体これは何なの?って、ついついズ...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
今年5月に、台湾で開催されたサンドアート世界大会の優勝作品『宮本武蔵』の生みの親である保坂俊彦さん。日本ではまだ認知度の低い砂像(さぞう)の魅力を、保坂さ...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
私の中で刺青イコール怖い人のイメージがある。だけど、アーティストのFabio Vialeの彫刻は、刺青は日本の誇れる伝統芸術であることに気づかせてくれた。...
現在43歳のJames Lakeがダンボールアートに目覚めたのは、17歳の時。約26年もの間、ずーっと同じ素材で彫刻を作ってきた彼。とにかくアーティストと...
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
私ははじめ、この絵を「キレイだな〜」ってなんとなく見ていた。でも、Iris Scottという女性が指で描いていると知って、思わず二度見。画面いっぱいに描か...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...