おとなの一人旅。究極の遊びは 「一人、シルクスクリーンプリント・スタジオ」だ!

ブルックリンのゴワナス地区にある「Gowanus Printing Lab」。ここは、“素人さんも歓迎”のシルクスクリーンプリント・スタジオだ。

アンディ・ウォーホルの代名詞
「シルクスクリーン技法」

160329_heaps_silk_screen_studio01.jpgPhoto by Kuo-Heng Huang

キャンベル・スープやマリリン・モンローのポートレイトなどを手掛けた、アンディ・ウォーホルの代名詞として知られる「シルクスクリーン技法」。Tシャツ制作から商業ポスター制作まで、アメリカでは日常的に活用されている。特殊な機材を必要とするのだが、ここでは個人で気軽に楽しめるのだ。

小さなドアから2階に上がると、インクの香りに包まれた巨大なスタジオがお目見え。ゴワナス地区を見渡すことができるこの共有スペースは、コミュニティの集いの場でもあり、たくさんのアート作品と大きなソファーが置かれている。

スタジオでは、それぞれのアーティストがTシャツを制作したり、メッシュフレームを洗浄したり、黙々と自身のプロジェクトを進めていたりと、過ごし方は多様。

160329_heaps_silk_screen_studio02.jpgPhoto by Kuo-Heng Huang

160329_heaps_silk_screen_studio03.jpgPhoto by Kuo-Heng Huang

「お金を払ってスタジオを使う人もいれば、ギャラリーや企業から雇われて仕事をしている人もいる。素人からアーティストまでいろんな人が出入りするから楽しい」との声は多い。

オープンは2010年、当時のオーナーや初期スタッフで「がらくただらけで本当に何もなかった」スペースに壁を造り、大規模なコマーシャルプリント装置やコンピューター設備を配置。完成まで4ヶ月を要した。

肉体労働者が多い工場地帯の、エネルギッシュな雰囲気がラボのスタイルに合うという。“いわゆるヒップスター”とはちょっと違う、純粋に「ものづくり」が好きな人々が集まるエリアだ。

160329_heaps_silk_screen_studio04.jpgPhoto by Kuo-Heng Huang

160329_heaps_silk_screen_studio05.jpgPhoto by Kuo-Heng Huang

以前、ブルックリンのブッシュウィック地区に、同業ともいえる巨大なアートスペース「3rd Ward」があった。DIYを楽しむ若者から絶大な人気を集めたが、経営不振に陥り惜しまれながら閉館。

個人客がメインとなる運営の大変さや、未開発地での運営は、Gowanus Printing Labにとっても悩みの種だ。しかし、シルクスクリーンを専門にし、ギャラリーや大きな商業企業と取引をするなど、マーケットを特化することで経営を安定させているとのこと。

「アーティストとコミュニティにとって、何をすべきか見極めていく。それがすべきこと」と、ラボの方針は変わらずシンプルを貫いている。

160329_heaps_silk_screen_studio06.jpgPhoto by Kuo-Heng Huang

“入門料”はいくら?

160329_heaps_silk_screen_studio07.jpgPhoto by Kuo-Heng Huang

通常、クラスは、5〜10人の少人数制。幅広い知識を持ったスタッフが、素人からプロのニーズに対応してくれる。初心者に人気の入門クラスは3時間で120ドル(約1万4,400円)。

Tシャツへのプリンティングクラスもあり、自分で好きな一枚を持っていって染めることができる。このクラスは80ドル(約9,600円)。また、ポスターのプリンティングクラスもあり、これなら自分だけの「オリジナルポスター」なんてものも作れてしまう。DIY好きの食指がビクリ(ただし、ちょっとお高めの180ドル!)。

160329_heaps_silk_screen_studio08.jpgPhoto by Kuo-Heng Huang

滑りの良いインクから、色落ちが激しく味の出るインク、耐久性のあるインクなど種類も様々。「こんなものを作りたい」とラフ画を持ち込めば、スタッフがアイデアを形にする手伝いをしてくれる。もちろん、「スタジオを見学するだけでもwelcome」とのこと。ひとたび空間に入れば、たちまち制作意欲にかられること間違いなし。

160329_heaps_silk_screen_studio09.jpgPhoto by Kuo-Heng Huang

 Top photo by Kuo-Heng Huang
Licensed material used with permission by HEAPS

HEAPS

ニューヨーク拠点のデジタルマガジン。ニューヨークをはじめ、各都市の個人やコミュニティのユニークな取り組みやカウンターカルチャーシーンをいち早く配信中。現地ならではのコアなネタを厳選し、独自のライフスタイルを切り開くための“きっかけ”となるストーリーを届けることをミッションとしています。www.heapsmag.com

「undetroze(アンデトローゼ)」は、日本製のTシャツにシルクスクリーンプリントを施した一点物ブランド。この印刷方法を使って多色刷りをする場合、1色...
シルク製品は、高級感のある柔らかな光沢としなやかで滑らかな肌触りが魅力ですが、とにかく扱いがデリケート。デイリーユースで買うにはちょっと勇気がいるお値段と...
2台のボートがスタジオ代わり!?オモシロアートプロジェクトの紹介です。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
「MirraViz」は、角度によって、異なる映像を映し出せる技術を搭載しているスクリーン。映し出された映像を、全方向に反射させるのではなく、特定の場所にし...
日本とイタリアの国交樹立150周年にあたる2016年。日本文化(着物地)とイタリア文化(シルク)を融合させた「リバーシブルスカート」をメインアイテムとする...
まるで三面鏡のような形をした追加スクリーン「Slidenjoy」は、パソコンに取り付けるだけで、簡単にスクリーンを増やすことができるというもの。複数人で映...
小劇場、ミニシアター。大きなスクリーンのシネコンではなく、小さな空間でこだわりの一本を味わう。それは、多くの映画ファンにとっては至福の時間だろう。ブルック...
ポスターハリス・カンパニー設立30周年の記念展として開催される『現代演劇ポスター展2017―演劇の記憶、時代の記憶、デザインの記憶、都市の記憶』。渋谷のギ...
素材は封筒によく使われる種類の「紙」。カードは8枚まで入ります。使いやすいサイドポケット付きで機能性も十分。
プレゼントやメッセージカードが「何だか物足りないな」というときや、無地のTシャツをちょっと変えたいなんてとき、DIYプリントを試してみませんか?初級編から...
イギリス人デジタルアーティストのJames Gilleardさんが訪日した際に体験した、都会から田舎までの道のりを描いた「Japan By Car」作品が...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
さあこれから、2分半のショートトリップに出かけましょう。旅するのは、ローマやパリ、ロンドン、リオデジャネイロ、ニューヨークなど世界の人気都市の数々。そう聞...
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
今年5月に、台湾で開催されたサンドアート世界大会の優勝作品『宮本武蔵』の生みの親である保坂俊彦さん。日本ではまだ認知度の低い砂像(さぞう)の魅力を、保坂さ...
よもや平凡な荷造り用の梱包テープだけを使って、アート作品をつくりあげてしまうとは。オランダに拠点を置くMax Zornは、誰よりも多くテープを使いこなして...
「今日は○○へ行きます。旅の話をしますので、よろしければ何か食べさせてください or 一晩泊めてください」とTwitterでつぶやいては反応を待ち、声をか...
今から紹介するホテルを誰よりも一番オススメしたいのは、現実逃避したい人。現実からの逃亡先にぴったりなんです。それは、ノルウェーの北極圏の島Fleinvae...
日本では大したことないと思われるかもしれない改良でも、高さをとるだけで、ブルックリンの人には大きな助けになる。