「エビ釣り」で体感する、ノスタルジックな台湾

東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。

むしろ「おすすめスポット」については、語り尽くされた感があるという人も。でも、いえいえまだまだですよ。

全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫できる時間の過ごし方を4つご紹介します。

01.
一度は体験したい「台湾式シャンプー」

6172716864372736

何をもって「台湾式」なのか、体験してみました。

まず、スタッフが首と肩を丁寧に揉みほぐしてくれます。すでに最高。

4790959984345088

座った状態のままシャンプーがスタート。水とシャンプー液を混ぜたものを乾いた髪に直接つけ、たっぷり泡だてながら、ガシガシと頭皮マッサージも。

6743133618438144

ピーン!

このタイミングこそがシャッターチャンス。最近では、ピーン!以外にも色んなバリエーションがあるようなので、トライしてみたい人はスタッフにお願いしてみましょう。

当然ブローとセットもしてくれて、お値段は1,300円程度とリーズナブル。所要時間は30分~40分です。

小林髪廊は台湾全土に展開しているチェーン店で、予約なしでもふらりと入れてオススメ。

02.
映画のワンシーンのような「エビ釣り」

5988196479401984

ノスタルジックなエビ釣りの光景、アジア映画のワンシーンで観たことがある人もいるでしょう。あれ、台北の「新豪釣蝦場」で体験できます。

6367719251247104

料金設定は時間制でエサ付き。釣ったエビは、そのまま調理することもできます。

58919651869982725414279326990336

このBBQ感も楽しい。

現地の人に話を聞いてみると、エビ釣りは主に男性に人気のよう。場内にはダーツがおいてあったり、普通にご飯も食べられるので、「地元の人の憩いの場」という雰囲気。日本では中々お目にかかれないので興味のある人は是非。

03.
歩き疲れたら、即「マッサージ」へ

5331162717224960

マッサージ大国、台湾。とにかく沢山のマッサージ屋さんがありますが、24時間営業のお店も多いのがポイントです。

観光ガイドに載ってるような人気店は予約必須ですが、歩き疲れたら勢いで飛び込みたいのがフットマッサージ。日本語メニューがなくても、指差しコミュニケーションで問題なし。

地元の人で賑わうお店こそ、穴場です。

67125083541340164566261656715264

04.
一攫千金も!? 24時間営業の「宝くじ店」

4589418241327104

日本だと小さな宝くじ売り場が定番ですが、台湾の街中では、ゲームセンターのごとくギラギラとした、巨大な24時間営業の売り場がたくさん。

扱っている宝くじも多種多様。スピードくじは、その場で結果がわかるので運試しに一枚いかがでしょう?

59728136513781765431987745587200

ちなみに、台湾のほとんどのレシートには宝くじがついています。つまり、普通に買い物をしてレシートをもらうだけで、宝くじに当たるチャンスがあるということ。

当選番号は奇数月の25日にサイトで確認でき、最大1,000万元(約3,700万円)が当たるので、旅行者も見逃せません。

旅費が丸っと返ってくる、なんてこともあるかも!

全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第8回は、言わずと知れた台湾一のパワースポット「龍山寺(ロンシャンスー)」について。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
書いて削って、短くなったら終わり、がこれまでの鉛筆。けどSproutには続きがありました。
クンクン嗅いでるところ、彼には絶対見られたくないけど。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第6回は、台湾中に店舗がある人気ドリンクスタンド「50嵐(ウーシーラン)」での、通なオーダ...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第7回は「地元の人で溢れるおすすめ朝食スポット3軒」をご紹介!
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第9回は「いま、台北で行くべきコーヒーショップ3軒」です。
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
台湾へ行ってきた。台湾といえば、グルメと足つぼマッサージ。日本からの観光客も増えてブームとなっている。でも、そのほとんどは2〜4泊ほどのツアーなので、台北...
今ではすっかり有名な、煙草工場の跡地を利用して作られた巨大なアート空間「松山文創園区」や酒工場の跡地をリノベーションした複合施設「華山1914」だってもち...
コアな台湾ファンは周知の事実ですが、当地発のB級グルメに「揚げおにぎり」なるものがあります。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。これから全12回にわ...
セブンイレブンが運営をする「X-STORE」は、台湾・台北市に設置された無人コンビニです。
米造形作家による作品です。
気軽に行ける旅行先として人気の台湾。はじめてなら台北や台南がベター?と思いきや、じわじわと台中ブームが来ているみたい。都会の雰囲気もありながら古き良き台湾...
ここに紹介する台湾人アーティストPigo Lin(皮哥)も、「多分に日本のカルチャーに影響を受けた」人物。ユーモアとちょいエロ、それ自体は日本の春画(笑い...
先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...
可愛いからってついつい買ってしまうマスキングテープ。でもその使い道に困ってしまうこともあるのでは?そこで、台湾のイラストレーターが意外な使い方を教えてくれ...
イエローの車体色が統一されている台湾のタクシー。初乗り70元はランチ代と変わりませんが、MRT(地下鉄)の普及もあり、空車は対向車線からUターンするなど客...
台湾の夜といえば屋台(夜市)。なかでも現地の人たちにも人気なのが「胡椒餅」です。表面はカリカリなのに、もっちりの皮でジューシーなひき肉のあんを包んだ、肉ま...