「エビ釣り」で体感する、ノスタルジックな台湾

東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。

むしろ「おすすめスポット」については、語り尽くされた感があるという人も。でも、いえいえまだまだですよ。

全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫できる時間の過ごし方を4つご紹介します。

01.
一度は体験したい「台湾式シャンプー」

何をもって「台湾式」なのか、体験してみました。

まず、スタッフが首と肩を丁寧に揉みほぐしてくれます。すでに最高。

座った状態のままシャンプーがスタート。水とシャンプー液を混ぜたものを乾いた髪に直接つけ、たっぷり泡だてながら、ガシガシと頭皮マッサージも。

ピーン!

このタイミングこそがシャッターチャンス。最近では、ピーン!以外にも色んなバリエーションがあるようなので、トライしてみたい人はスタッフにお願いしてみましょう。

当然ブローとセットもしてくれて、お値段は1,300円程度とリーズナブル。所要時間は30分~40分です。

小林髪廊は台湾全土に展開しているチェーン店で、予約なしでもふらりと入れてオススメ。

02.
映画のワンシーンのような「エビ釣り」

ノスタルジックなエビ釣りの光景、アジア映画のワンシーンで観たことがある人もいるでしょう。あれ、台北の「新豪釣蝦場」で体験できます。

料金設定は時間制でエサ付き。釣ったエビは、そのまま調理することもできます。

このBBQ感も楽しい。

現地の人に話を聞いてみると、エビ釣りは主に男性に人気のよう。場内にはダーツがおいてあったり、普通にご飯も食べられるので、「地元の人の憩いの場」という雰囲気。日本では中々お目にかかれないので興味のある人は是非。

03.
歩き疲れたら、即「マッサージ」へ

マッサージ大国、台湾。とにかく沢山のマッサージ屋さんがありますが、24時間営業のお店も多いのがポイントです。

観光ガイドに載ってるような人気店は予約必須ですが、歩き疲れたら勢いで飛び込みたいのがフットマッサージ。日本語メニューがなくても、指差しコミュニケーションで問題なし。

地元の人で賑わうお店こそ、穴場です。

04.
一攫千金も!? 24時間営業の「宝くじ店」

日本だと小さな宝くじ売り場が定番ですが、台湾の街中では、ゲームセンターのごとくギラギラとした、巨大な24時間営業の売り場がたくさん。

扱っている宝くじも多種多様。スピードくじは、その場で結果がわかるので運試しに一枚いかがでしょう?

ちなみに、台湾のほとんどのレシートには宝くじがついています。つまり、普通に買い物をしてレシートをもらうだけで、宝くじに当たるチャンスがあるということ。

当選番号は奇数月の25日にサイトで確認でき、最大1,000万元(約3,700万円)が当たるので、旅行者も見逃せません。

旅費が丸っと返ってくる、なんてこともあるかも!

関連する記事

全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第8回は、言わずと知れた台湾一のパワースポット「龍山寺(ロンシャンスー)」について。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
トルコの建築事務所「Hayri Atak Architectural Design Studio」は、2020年3月からカタールに巨大なエコフローティング...
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
毎年夏に「代々木公園」でおこなわれていた「台湾フェスタ」がオンラインで開催決定。「カバランウイスキー」や「サンマイクラフトビール」のテイスティング会、「ほ...
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
今ではすっかり有名な、煙草工場の跡地を利用して作られた巨大なアート空間「松山文創園区」や酒工場の跡地をリノベーションした複合施設「華山1914」だってもち...
毎日アプリを開いてチャットする日々に疲れた人のための、“木曜日限定”の新感覚デーティングアプリが開発中。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第6回は、台湾中に店舗がある人気ドリンクスタンド「50嵐(ウーシーラン)」での、通なオーダ...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第7回は「地元の人で溢れるおすすめ朝食スポット3軒」をご紹介!
次の台湾旅は、ちょっと南下して「台中市」に泊まってみては?バリ島よろしくリーズナブルでありながら、リゾート感満載の台湾のモーテルは、家族連れや友達同士でも...
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
小籠包、魯肉飯、牛肉麺、タピオカミルクティーにかき氷。それぞれお気に入りの専門店があるはず。でも、台湾庶民の味ならばコチラ!
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
世界最大級の宿泊予約サイト「Booking.com」が、自社のクチコミスコアをもとに割り出した西日本における「最も居心地の良い場所」のランキングを発表した。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...