多くの人が心配の声をあげる「台湾地震」について。

2月6日の深夜、台湾東部・花蓮県を強い地震が襲った。

台湾の「中央氣象局」によれば、マグニチュードは6.4。2月9日現在、9人の死者が出ているとのこと。また、60人ほどいたとされる行方不明者は、10人まで減っているらしい。

台湾地震に
たくさんの心配の声

台湾は、日本と同じく、地理的に地震が発生しやすい。1999年には、いわゆる「921大地震」で、台湾中部がマグニチュード7.3を経験している。当時は建築基準が十分でなく、死者約2400人を出している。

この事実を重く受け止めた台湾は、基準を改正し、建物の耐久強度を上げてきた。そのため、今回の地震被害は、最小限に食い止められたようだ。だけど、全てが新しい基準を満たしているわけではないので、改めて、手抜き工事などの対応はすすめていくとのこと。

台湾といえば、東日本大震災の際に「200億円の義援金」を日本に送ったことでも、よく知られている。

安倍晋三首相は、これに触れながら、首相官邸のFacebookアカウントに直筆の「台湾加油(台湾頑張れの意)」というメッセージを投稿。

安倍首相のメッセージに対し、台湾の蔡英文大統領はTwitterで、このように返答。

台湾を心配する声は、安倍首相からだけでなく、多くの芸能人や一般の人たちから上がっているようだ。

現在、クラウドファンディングサイト「Campfire」や「Yahoo!」で、支援募金ができるとのこと。

もしも他の方法で支援をするつもりなら、ネットではデマ情報も回っているようなので、ご注意を。

Licensed material used with permission by 花蓮電子報
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
その名も「Earthquake Lamp」。世界中で起こる地震に反応し、光を放つ。
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
小籠包、魯肉飯、牛肉麺、タピオカミルクティーにかき氷。それぞれお気に入りの専門店があるはず。でも、台湾庶民の味ならばコチラ!
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第8回は、言わずと知れた台湾一のパワースポット「龍山寺(ロンシャンスー)」について。
台湾・九份は日帰りで遊びに行くより泊まるのがオススメ! だけど宿選びには気をつけて。条件をかねていて、九份に行ったら泊まりたい! と思えるの宿がここ、『山...
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第6回は、台湾中に店舗がある人気ドリンクスタンド「50嵐(ウーシーラン)」での、通なオーダ...
食堂でも屋台でも夜市でもない、台湾家庭の味を伝える「台湾キッチン かのか」。薬膳鍋がうまい!
8月16日に台湾のニトリがまるちゃんと花輪くんが登場する動画を公開していました。
やっぱり年齢を感じさせないファッションスタイルが特徴的ですね。