台北を知り尽くしたデザイナーがオススメする「意外な台湾お土産」

東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。

むしろ「おすすめスポット」については、語り尽くされた感があるという人も。でも、いえいえまだまだですよ。

全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。

お茶やパイナップルケーキなど、お土産選びには事欠かない台湾ですが、たまには定番以外だってチョイスしたいですよね。

古き良き街のお菓子屋さん「劉仲記」

©miwaflower

同行してくれたのは、インテリアからライフスタイルそのものまでをデザインするVanさん。

そんな彼が待ち合わせ場所に指定したのは、予想を裏切って、お洒落とは程遠い街のお菓子屋さん「劉仲記」でした。

©miwaflower
©miwaflower

とにかく色んなお菓子が山積みにされている店内。そして、漢字で推測してみるも、最終的には何なのかよくわからないお菓子たち。

つまり、「台湾ならでは」が勢ぞろいしているということです。

©miwaflower

そんな中、嬉しそうにサクサクとお菓子をピックアップしていくVanさん。

駄菓子屋に行った時ってこんな感じになりますよね。

©miwaflower

正直ややディープすぎると思った次第ですが、これぞ台湾ローカルならではのセレクト。

きな粉:台湾では子どもがよく食べるそう。

 

蓮根粉:その名の通り、蓮根を粉状にしたもの。溶かしてはちみつを入れて飲んだり、寒天状にしてデザートにするのだとか。

 

雑糧沙其馬:ふわふわしたシリアルを固めて、ナッツやレーズンなどと絡めたもの。

 

桃酥:ちんすこうの起源とも言われる、サクサクとしたクッキーのようなお菓子。

 

芝麻揚げ:ゴマをまぶして揚げたお菓子。中は空洞で軽く食べられます。

特に粉ものを買うのは難易度高めですが、日本ではあまり手に入らないものをゲットできるチャンスでもあります。

そして言うまでもないですが、とても安い!

台湾のぬくもりを感じる「地衣荒物」

©miwaflower

次にVanさんが向かったのは、台北最大の問屋街がある迪化街の一角、雑貨屋の「地衣荒物」。

街のお菓子屋さんからの、お洒落雑貨屋さんという、このギャップが流石です。

©miwaflower

店内には、オーナーがセレクトした雑貨や衣類、アンティークの食器などがズラリ。

陶器やアクセサリーなどは、約7割が台湾の作家の作品だそう。

©miwaflower

真剣な眼差しで店内を物色するVanさん。

手に取った鍋敷きは、稲で作られていて約1,000円とお手頃。

©miwaflower

食器コーナーでは更に真剣スイッチオン。

©miwaflower

この器は、昔台湾でアイス用として使われていたヴィンテージなんだとか(約3,000円)。

割れ物を持ち帰るのは少々不安ですが、台湾の歴史も染み込んだ素敵なお土産になるはず。もちろん、自分用にも。

【番外編】
私もディープ過ぎないお土産選んでみました

©miwaflower

まずは「カラスミ」。カラスミ専門店の「永久號」のものが断然オススメです。

この大きさで600元(1,800円程度)は日本ではあり得ません。

クレジットカードが使えないので、現金のご用意を。

©miwaflower

カップ麺は定番でもありますが、オススメしたいのは「維力炸醤麺」。

スープつき即席ジャージャー麺は、日本では中々お目にかかれません。コンビニで買えるのも嬉しいです。

©miwaflower

ひとつ、フォトジェニックなものを。

台湾のお茶は何を選んでもだいたい美味しいのです。だったら、パッケージで選んでみようというのがこちらの「琅茶 Wolf Tea」。

台北市内に店舗もありますし、華山1914や誠品書店などの商業施設でも購入可能です。

©miwaflower

まあいいや、と思っていても結局買いたくなるのがパイナップルケーキ。

最後の最後に松山空港で買える「手信坊」の土鳳梨は、かなり美味しい。甘さと酸味が絶妙なバランスです。

©miwaflower

意外と盲点、スターバックスの台湾限定グッズ。松山空港・桃園空港内のスタバでも購入可能です。

Top image: © miwaflower
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第8回は、言わずと知れた台湾一のパワースポット「龍山寺(ロンシャンスー)」について。
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
元々ビスケット工場だった、アイスランドの世界最北の首都レイキャビクにあるホステル「KEX」。随所に当時の面影が残っています。レトロな雰囲気を味わえる空間が素敵!
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第6回は、台湾中に店舗がある人気ドリンクスタンド「50嵐(ウーシーラン)」での、通なオーダ...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
今ではすっかり有名な、煙草工場の跡地を利用して作られた巨大なアート空間「松山文創園区」や酒工場の跡地をリノベーションした複合施設「華山1914」だってもち...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第7回は「地元の人で溢れるおすすめ朝食スポット3軒」をご紹介!
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第9回は「いま、台北で行くべきコーヒーショップ3軒」です。
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
心温まる動画をご紹介。
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
台湾・九份は日帰りで遊びに行くより泊まるのがオススメ! だけど宿選びには気をつけて。条件をかねていて、九份に行ったら泊まりたい! と思えるの宿がここ、『山...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。これから全12回にわ...
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
次の台湾旅は、ちょっと南下して「台中市」に泊まってみては?バリ島よろしくリーズナブルでありながら、リゾート感満載の台湾のモーテルは、家族連れや友達同士でも...
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。