台北を知り尽くしたデザイナーがオススメする「意外な台湾お土産」

東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。

むしろ「おすすめスポット」については、語り尽くされた感があるという人も。でも、いえいえまだまだですよ。

全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。

お茶やパイナップルケーキなど、お土産選びには事欠かない台湾ですが、たまには定番以外だってチョイスしたいですよね。

古き良き街のお菓子屋さん「劉仲記」

「意外な台湾お土産」
©miwaflower

同行してくれたのは、インテリアからライフスタイルそのものまでをデザインするVanさん。

そんな彼が待ち合わせ場所に指定したのは、予想を裏切って、お洒落とは程遠い街のお菓子屋さん「劉仲記」でした。

「意外な台湾お土産」
©miwaflower
「意外な台湾お土産」
©miwaflower

とにかく色んなお菓子が山積みにされている店内。そして、漢字で推測してみるも、最終的には何なのかよくわからないお菓子たち。

つまり、「台湾ならでは」が勢ぞろいしているということです。

「意外な台湾お土産」
©miwaflower

そんな中、嬉しそうにサクサクとお菓子をピックアップしていくVanさん。

駄菓子屋に行った時ってこんな感じになりますよね。

「意外な台湾お土産」
©miwaflower

正直ややディープすぎると思った次第ですが、これぞ台湾ローカルならではのセレクト。

きな粉:台湾では子どもがよく食べるそう。

 

蓮根粉:その名の通り、蓮根を粉状にしたもの。溶かしてはちみつを入れて飲んだり、寒天状にしてデザートにするのだとか。

 

雑糧沙其馬:ふわふわしたシリアルを固めて、ナッツやレーズンなどと絡めたもの。

 

桃酥:ちんすこうの起源とも言われる、サクサクとしたクッキーのようなお菓子。

 

芝麻揚げ:ゴマをまぶして揚げたお菓子。中は空洞で軽く食べられます。

特に粉ものを買うのは難易度高めですが、日本ではあまり手に入らないものをゲットできるチャンスでもあります。

そして言うまでもないですが、とても安い!

台湾のぬくもりを感じる「地衣荒物」

「意外な台湾お土産」
©miwaflower

次にVanさんが向かったのは、台北最大の問屋街がある迪化街の一角、雑貨屋の「地衣荒物」。

街のお菓子屋さんからの、お洒落雑貨屋さんという、このギャップが流石です。

「意外な台湾お土産」
©miwaflower

店内には、オーナーがセレクトした雑貨や衣類、アンティークの食器などがズラリ。

陶器やアクセサリーなどは、約7割が台湾の作家の作品だそう。

「意外な台湾お土産」
©miwaflower

真剣な眼差しで店内を物色するVanさん。

手に取った鍋敷きは、稲で作られていて約1,000円とお手頃。

「意外な台湾お土産」
©miwaflower

食器コーナーでは更に真剣スイッチオン。

「意外な台湾お土産」
©miwaflower

この器は、昔台湾でアイス用として使われていたヴィンテージなんだとか(約3,000円)。

割れ物を持ち帰るのは少々不安ですが、台湾の歴史も染み込んだ素敵なお土産になるはず。もちろん、自分用にも。

【番外編】
私もディープ過ぎないお土産選んでみました

「意外な台湾お土産」
©miwaflower

まずは「カラスミ」。カラスミ専門店の「永久號」のものが断然オススメです。

この大きさで600元(1,800円程度)は日本ではあり得ません。

クレジットカードが使えないので、現金のご用意を。

「意外な台湾お土産」
©miwaflower

カップ麺は定番でもありますが、オススメしたいのは「維力炸醤麺」。

スープつき即席ジャージャー麺は、日本では中々お目にかかれません。コンビニで買えるのも嬉しいです。

「意外な台湾お土産」
©miwaflower

ひとつ、フォトジェニックなものを。

台湾のお茶は何を選んでもだいたい美味しいのです。だったら、パッケージで選んでみようというのがこちらの「琅茶 Wolf Tea」。

台北市内に店舗もありますし、華山1914や誠品書店などの商業施設でも購入可能です。

「意外な台湾お土産」
©miwaflower

まあいいや、と思っていても結局買いたくなるのがパイナップルケーキ。

最後の最後に松山空港で買える「手信坊」の土鳳梨は、かなり美味しい。甘さと酸味が絶妙なバランスです。

「意外な台湾お土産」
©miwaflower

意外と盲点、スターバックスの台湾限定グッズ。松山空港・桃園空港内のスタバでも購入可能です。

Top image: © miwaflower
行きたい、食べたい、楽しみたい……台湾の話

関連する記事

全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
「ジョニーウォーカー」の最高峰ブルーラベルから、200周年の数量限定ボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリー エイト」が発売された。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第6回は、台湾中に店舗がある人気ドリンクスタンド「50嵐(ウーシーラン)」での、通なオーダ...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第8回は、言わずと知れた台湾一のパワースポット「龍山寺(ロンシャンスー)」について。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。