台湾で、今一番愛されてる「80代クリーニング店老夫婦」のインスタ

今、台中にある「萬秀的洗衣店(WantShow Dry Cleaner)」というクリーニング店を営む、私の友人リーフ・チャンの祖父母のインスタグラムが話題になっている。

二人の名前は「ワンジーおじいちゃん」と、「ショアーおばあちゃん」。

最近では二人は、「Vogue」や「GQ」などのファッションメディアなどにも取り上げられて、フォロワーが1週間で3,000人から50,000人以上にまで急増したんだとか。

どうして二人がそんなに人気になったのかって、それは……。

置き去りになった服で
ファッションショー!

©wantshowasyoung

リーフの祖父母が、台中の田舎で70年近くクリーニング店を営んでいるという話は以前から聞いていたんだけど、リーフは、毎日退屈そうにしている祖父母を見ていることが耐えられなかったそう。

一方クリーニング店には、「お客さんが取りに来るのを忘れた服」というのがあるらしい。そしてこれが何年分も溜まって、山積みになってしまうのは、店主にとっては悩みの種。

だからリーフは、こんなことを思いついたんだって。

「店に置き去りになった服をコーディネートして、おじいちゃんとおばあちゃんのファッションショーをやろう!」

そしてインスタグラムのアカウントを作っちゃった。

じわじわ面白い
服の詳細もご覧ください

ちなみに、インスタグラムに載せてある写真には、祖父母に着せたすべての服のサイズや素材などの詳細な説明と、店に何年取り残されているかなどがわかる範囲ですべて書かれているよ。

【右】ワンジーおじいちゃん(身長160cm)
●アウター:7年以上置き去りの、チェック柄ボタンダウンシャツ
●トップス:5年以上置き去りの、ヘンリーカラーシャツ
●ズボン:おじいちゃんの私服(ただし、ワークパンツにはアイロンをかけている)

【左】ショアーおばあちゃん(身長155cm)
●ドレス:10年以上置き去りの、チェック柄ドレス
●トップス:10年以上置き去りの、花柄シャツ

©wantshowasyoung

【右】ワンジーおじいちゃん(身長160cm)
●ジャケット:8年以上置き去りの、レザーライダースジャケット
●トップス:5年以上置き去りの、ストライプのシャツ
●パンツ:少なくとも10年以上置き去りのオーバーオールで、折り目に自然な色味が出ているもの

【左】ショアーおばあちゃん(身長155cm)
●ジャケット:5年置き去りの、合皮ライダースジャケット
●ワンピース:15年以上置き去りの、古いワンピース 

【右】ワンジーおじいちゃん(身長160cm)
●スーツ:20年以上置き去りの、ダブルブレストの白スーツ
●インナー:8年以上置き去りの、ブダペスト記念Tシャツ
●ベルト:おじいちゃんの私物ネクタイ

【左】ショアーおばあちゃん(身長155cm)
●ジャケット:5年置き去りの、合皮ライダースジャケット
●スーツ:15年以上置き去りの、古いスーツ 

二人が教えてくれたのは
ファッションの可能性と……

©wantshowasyoung

大きな肩パッドの入ったジャケットや、オーバーサイズのシャツなどのレトロな服も、リーフは熟練したファッションセンスによって、祖父母に超トレンディにコーディネートしてしまった。置き去りになった古い服が、時代を超越してこんなにオシャレに着られるなんて、きっと誰も想像できなかったよね!(ちなみにリーフはファッションのプロではなく、ただのいつもオシャレな男子です)

このニュースは、おもしろいだけじゃなくて、ファッションの再利用の可能性について、私たちに改めて問いかけるものになったと思う。

でも、何よりも大切なことは、みんなクリーニングに出した自分の服のピックアップを忘れないでってことです(笑)。リーフも、すべての投稿に「クリーニング店で服を受け取ることを忘れないように」というリマインダーを入れているよ。

Top image: © wantshowasyoung

関連する記事

台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
足けりバイク・キックスケーター・自転車の3つのモードで乗ることが可能な幼児用自転車「Kiccle」が、先週4月5日(月)から発売!
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
2019年1月19日から、コンテンポラリーアーティストKAWSによる巨大なアートが、台湾・台北の中正紀念堂の前に足を伸ばすようなかたちで設置されています。...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
地球を周回する軌道上の人工物が、これまで考えられていた以上に夜空を明るくしていることが判明。
毎年夏に「代々木公園」でおこなわれていた「台湾フェスタ」がオンラインで開催決定。「カバランウイスキー」や「サンマイクラフトビール」のテイスティング会、「ほ...
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
台湾に来たら多くの人が九份に遊びに来るけれど、日帰りで帰る人の方が圧倒的に多い。だけどあえて1泊して気がついたことは、みんなが帰った後の九份こそ、散策する...
小籠包、魯肉飯、牛肉麺、タピオカミルクティーにかき氷。それぞれお気に入りの専門店があるはず。でも、台湾庶民の味ならばコチラ!
忠孝新生駅(台北市内)近くの『Plain Stationery Homeware & Cafe』。生粋の文具マニアであるタイガー・シェンの有名文具店ではク...
台湾・九份は日帰りで遊びに行くより泊まるのがオススメ! だけど宿選びには気をつけて。条件をかねていて、九份に行ったら泊まりたい! と思えるの宿がここ、『山...
この国の「安うまグルメ」から抜け出すことは、容易ではない!
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
台湾発の「machi machi」は、丁寧に抽出した台湾茶に塩味の効いたチーズクリームをのせたチーズティーの専門店。台湾ではすでに人気上昇中。6月26日に...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
Giuseppe Colarusso氏の作品『IMPROBABILITA’』シリーズは、あれ?これってあり得ないよね…という、ありそうで非現実的なものばか...
自転車を縦にして飾れるサイクルスタンド、「Vertik」の紹介です。
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
感染拡大防止のため、あのハリウッド映画の登場人物たちも......マスクを着用し始めた!?