KAWSが手がけたアートが台北に登場

ビルで例えると、10〜11階の高さに相当します。

2019年1月19日から、コンテンポラリーアーティストKAWSによる巨大なアートが、台湾・台北の中正紀念堂の前に足を伸ばすようなかたちで設置されています。2018年の夏に韓国に登場した28mの大きさを上回る、高さ36mの作品です!

このプロジェクトの名前は「KAWS:HOLIDAY」。台湾の音楽制作会社「JFJ Productions」と香港のクリエイティブスタジオ「AllRightsReserved」によって、実施されました。

1月27日までの開催なので、今から実物を観に旅行を計画をするのは難しいかもしれませんが、Instagramでもそのサイズ感は十分に楽しめますよ。

Top image: © @bpbp520520520
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
7月18日〜24日の間、静岡県富士宮市にあるキャンプ場「ふもとっぱら」で「KAWS:HOLIDAY(カウズ:ホリデイ)」が開催されることになった。
現代アーティストKAWSが、「Black Lives Matter」運動の支援として、チャリティー企画をおこなうことを発表。自身のWebサイト「KAWSO...
現代アートの雄・KAWSは、現在、オーストラリア・メルボルンの「ビクトリア国立美術館」で「Companionship in the Age of Lone...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
1954年以来、半世紀以上にわたって名古屋のシンボルとして愛され続けてきたテレビ塔が、「THE TOWER HOTEL NAGOYA」として生まれ変わる。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
忠孝新生駅(台北市内)近くの『Plain Stationery Homeware & Cafe』。生粋の文具マニアであるタイガー・シェンの有名文具店ではク...
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
ニューヨークのスタントン・ストリートにある、ごくごく普通のバスケットボールコート。ある日このコートが、変身したんです。さっそくネタバラシ。これは、Nike...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
コスパよし、サイズよし、見た目よしIKEA「テーブル&チェア」。天然アカシアの無垢材とスチールの脚を組み合わせただけの「TÄRNÖ(テルノー)折りたたみテ...
東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。むしろ「おすすめスポ...
東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。これから全12回にわ...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
ストリートアーティスト・KAWSが限定25部のプリント作品を販売し、売上を慈善団体に寄付すると発表。
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
「資生堂」は、高い技術と経験をもつ同社所属のヘアメイクアップアーティストの美的感性と、長年培ってきた研究知見をもとに「男性版顔立ちマップ」を開発。マップを...
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...
台湾の台北市の高架下に設置された、長いパイプ状のユニークな遊具。この遊具の材料には産業廃棄物として出た鉄材や、廃タイヤなどが利用されているとのこと。なんだ...
台北市内に突如現れたのは…あのオレンジ色の武道着に身を包んだ孫悟空!?サングラスと髪型は孫悟飯のようにも見えますが、筋斗雲に乗って空の上をひとっ飛び!とは...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第6回は、台湾中に店舗がある人気ドリンクスタンド「50嵐(ウーシーラン)」での、通なオーダ...
今ではすっかり有名な、煙草工場の跡地を利用して作られた巨大なアート空間「松山文創園区」や酒工場の跡地をリノベーションした複合施設「華山1914」だってもち...
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
この国の「安うまグルメ」から抜け出すことは、容易ではない!