台北在住の食通が選んだ「いま訪れるべき3店」

東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。

むしろ「おすすめスポット」については、語り尽くされた感があるという人も。でも、いえいえまだまだですよ。

これから全12回にわたって、ちょっとディープな台湾ガイドをお届けしていきます。第1回は、台北在住の食通が選んだ「いま訪れるべき3件」をご紹介。

01.
代々木上原?と錯覚する
最先端のビストロ
「MUME」

5521628008022016

台北と東京は似ているなぁと思います。

エリアによってそれぞれ特徴があって、ここは六本木、ここは恵比寿、と置き換えてみると、急に親近感が湧いたり。

2017年のアジアベストレストランにもランクインした人気店「MUME(ムメ)」があるのは、まさに代々木上原の雰囲気を持つ、ちょっとオトナなお店が集まるエリア。

5707738604634112

外観も店内も洗練されていて、予約で一杯の店内は30代~40代の感度が高そうな人たちで溢れていました。

6473600529858560582945408548864052484863416074245809830782566400

台湾ならではの食材を使いつつモダンに仕上げた料理は、とにかくフォトジェニック。計算しつくされた繊細な味のハーモニーを楽しむことが出来ます。

定番にはちょっと飽きた上級者向けの一軒です。

02.
やみつき間違いなし
エンタメ感MAXな
「雅香石頭火鍋」

4686658716827648

台湾人は鍋が大好き。日本でも有名な「麻辡鍋」や、酸っぱさがクセになる「酸菜白肉鍋」、一人鍋のお店も沢山あったり、とにかくバラエティが豊富です。

中でもおすすめなのが、「石頭火鍋(スートーホーコー)」。老舗人気店「雅香石頭火鍋」はすでに知名度も高いですが、それでもやはり紹介したいと思える魅力があるのです。

その名の通り、石で出来た大きなお鍋に、好きな具材を好きなだけ入れて食べる、いたってシンプルな鍋。ただし、面白いのは出来上がるまでのステップ。

56148528233185285013622229041152

まず、壁一面の冷蔵庫の中から肉・魚介・野菜など好きなものを取り、テーブルの上にスタンバイ。すると店員のおばさまがやってきて、ごま油を熱した石鍋の中に、次から次へと投入!手際よくちゃっちゃと炒めていきます。

6309372791619584

音と香りが食欲をそそります。

4535448219156480

最後に特製の豚骨スープを勢いよく注ぎ入れ、ぐつぐつさせたら完成。

このままでも最高に美味しいのですが、調味料をカスタマイズして作ったタレにつければ、更に色んな味が楽しめます。ずっと食べ続けていられそう……。

もっと食べたい、シメに麺が欲しいという時は、自由に好きな具材を取ってきて、勝手に入れてOK。飲み物も冷蔵庫から自分で取ってきます。

50118908203499526714169701171200

お会計は、回転寿司スタイル。値段別に色分けされているお皿をお店の人が数えるだけなので、明朗会計かつ言葉の問題も無し、というのもポイント高め。

おなかいっぱい食べて飲んで、だいたい1人2,000円くらい。

ご飯どきには地元の人たちで溢れる人気店、一度お試しあれ。

03.
23時オープン
台北の深夜食堂 
「溫柔鄉」

5263824072474624

2年前にオープン。最大の特徴は、23時~6時という営業時間。

なんでも、オーナーが元バーテンダーで、夜に働いている人の為の場所を作りたいと思ったのがきっかけだとか。仕事帰りの人が安らげる場所、というコンセプトを大切にしているため、4人以上のグループはお断りだそう。

57470517824716806387177466363904

コの字型カウンター席のみの小さな空間。この日のBGMは、坂本龍一の『戦場のメリークリスマス』でした。

多数のウィスキーやカクテルが頭上から吊るされている光景に、映画のワンシーンのような非日常に迷い込んだ気分になって、時間も忘れてしまいそう。

5511576710807552

メニューはないのでバーテンダーと話して注文しますが、特に凝った料理は出していないよと言う通り、唐揚げとか焼き魚とか、肩肘張らない料理ばかりでした。店内のクールな雰囲気とは裏腹に、提供される料理の安心感こそが、私が〝食堂”と表現する所以。人気メニューだという写真の混ぜそばはピリ辛でした。

ややハードル高めですが、ディープな台北に触れられる面白い場所です。

しっぽりと、2軒目に是非。

台湾へ行ってきた。台湾といえば、グルメと足つぼマッサージ。日本からの観光客も増えてブームとなっている。でも、そのほとんどは2〜4泊ほどのツアーなので、台北...
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
気軽に行ける旅行先として人気の台湾。はじめてなら台北や台南がベター?と思いきや、じわじわと台中ブームが来ているみたい。都会の雰囲気もありながら古き良き台湾...
去る2015年9月27日(日)、台湾ティー専門店「Gong cha(ゴンチャ)」の日本第1号店が東京・原宿にオープン。SNSでは早くも、「とにかく美味しす...
新作をアップすればたちどころに買い手がつく、売れっ子イラストレーターPing Lin。もともと絵本の挿絵を専門に描いていたが、芽が出ず廃業。それがちょっぴ...
イエローの車体色が統一されている台湾のタクシー。初乗り70元はランチ代と変わりませんが、MRT(地下鉄)の普及もあり、空車は対向車線からUターンするなど客...
コアな台湾ファンは周知の事実ですが、当地発のB級グルメに「揚げおにぎり」なるものがあります。
「次のバケーションには、どこに行こうかな…」なんて考えている、旅行好きのみなさん。次は「フレンドリーさ」で選んでみるのはいかがでしょうか?もちろん観光名所...
ここに紹介する台湾人アーティストPigo Lin(皮哥)も、「多分に日本のカルチャーに影響を受けた」人物。ユーモアとちょいエロ、それ自体は日本の春画(笑い...
台湾の台北市の高架下に設置された、長いパイプ状のユニークな遊具。この遊具の材料には産業廃棄物として出た鉄材や、廃タイヤなどが利用されているとのこと。なんだ...
先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
スイーツを中心に日本でも火がつき、今グルメたちの間で高い注目を集めている台湾料理。その中でも歴史と伝統のあるのが「素食」です。素食とは、台湾の精進料理のこ...
「私たちは、東西両方の食材の中に共通点を見つけて、自分たちだけの食文化を作っていった。そしてそこにはいつも、あずきがあった」台湾人の母を持ち、アメリカで生...
使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるとい...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
台湾の夜といえば屋台(夜市)。なかでも現地の人たちにも人気なのが「胡椒餅」です。表面はカリカリなのに、もっちりの皮でジューシーなひき肉のあんを包んだ、肉ま...
気の向くまま、足の向くまま、思うがまま、好きな行動が出来る「1人旅」が最近ブームになっている。1人で異国の地に行くのは少し怖い気もするが、良い経験になるこ...
“非日常がまるで日常になる、シェアする旅の宿”。さまざまな国籍・年齢・キャリアの人々が、世界各国、もしくは日本各地から訪れます。近年ではリノベーションされ...