「台北のレンタサイクル」が、もはや使わないと損レベルな理由

東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。

むしろ「おすすめスポット」については、語り尽くされた感があるという人も。でも、いえいえまだまだですよ。

全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第11回は、観光客も利用できるレンタサイクル「U bike(ユーバイク)」を使って街中を走るアクティブ体験の紹介。

まずは「U bike」を借りてみよう

©miwaflower

台湾が世界に誇る自転車メーカー「GIANT」。メーカー全面協力のもと2008年に台北で始まったのが、自転車レンタルサービス「U bike」です。

現在、レンタルスポットの数は650を超え、地元民の交通手段として定着しています。

©miwaflower

クレジットカードでレンタル可能。

©miwaflower

今回このアクティブ体験に参加してくれるのは、台湾人モデルのAngelina。

美女と自転車と台北101、うん、イイですね。

©miwaflower

タクシー料金が安い台湾では、ついさくっとタクシーに乗ってしまいがち。でも、自転車だとお店にふらりと立ち寄れるのがいいですよね。

ちなみにこの自転車、前にはカゴが、後ろの車輪には服の巻き込み防止カバーがついていて割と機能的。専用アプリでレンタルスポットの場所を調べることも出来ますよ。

©miwaflower

返却するときは、レンタルスポットの空いているスペースに前輪部分をガチャっとはめるだけ。

利用料金ですが、クレジットカードの場合、30分毎に10元(約35円)と驚愕の安さ!これはもう使わなきゃ損なレベル。

©miwaflower

ちょい乗りでも、がっつり移動手段としても、使い勝手の良い「U bike」。乗り捨て可能でいたる所にレンタルスポットがあるので、気分に任せて目的地を決めるのも良さそうです。

この日のゴールは台北市民の憩いの場、大安森林公園。

©miwaflower

コーヒー片手に公園をのんびりお散歩なんて贅沢な時間。天気のいい日にどうぞ。

Top image: © miwaflower
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第6回は、台湾中に店舗がある人気ドリンクスタンド「50嵐(ウーシーラン)」での、通なオーダ...
今、全世界的に話題になっている「ASMR」。ここで紹介するのは、それのクリスマスバージョンです。音を聞いていると目を閉じたくなるのですが、この動画は最後(...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第8回は、言わずと知れた台湾一のパワースポット「龍山寺(ロンシャンスー)」について。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第7回は「地元の人で溢れるおすすめ朝食スポット3軒」をご紹介!
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第9回は「いま、台北で行くべきコーヒーショップ3軒」です。
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
今ではすっかり有名な、煙草工場の跡地を利用して作られた巨大なアート空間「松山文創園区」や酒工場の跡地をリノベーションした複合施設「華山1914」だってもち...
次の台湾旅は、ちょっと南下して「台中市」に泊まってみては?バリ島よろしくリーズナブルでありながら、リゾート感満載の台湾のモーテルは、家族連れや友達同士でも...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。これから全12回にわ...
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
台湾へ行ってきた。台湾といえば、グルメと足つぼマッサージ。日本からの観光客も増えてブームとなっている。でも、そのほとんどは2〜4泊ほどのツアーなので、台北...
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
台湾・九份は日帰りで遊びに行くより泊まるのがオススメ! だけど宿選びには気をつけて。条件をかねていて、九份に行ったら泊まりたい! と思えるの宿がここ、『山...
東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。むしろ「おすすめスポ...
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。