チャレンジは3回まで。台湾一のパワースポットで願掛け!

東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。

むしろ「おすすめスポット」については、語り尽くされた感があるという人も。でも、いえいえまだまだですよ。

全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第8回は、言わずと知れた台湾一のパワースポット「龍山寺(ロンシャンスー)」について。

ただここを訪れるだけの日本人も多いかもしれませんが、せっかくなので台湾式おみくじ「拝拝(バイバイ)」にトライしてみて!

清の時代に建てられたという歴史と芸術的な建築から、人気観光名所となっている龍山寺。

外国人観光客はもちろん沢山いますが、驚くのは圧倒的な地元民の多さ。

台湾では、仕事や恋愛などで何かあったらとりあえずここに来る、という人も多いそう。

真剣に参拝している人や、境内でくつろいでいる人など様々です。

正しい参拝方法については、お寺の入り口(竜門)を入ってすぐ左手にガイドが。

「拝拝(バイバイ)」に挑戦!

台湾のお寺でよく見られる、赤い三日月型の木の杯。これを使って引くおみくじを、「拝拝(バイバイ)」と言います。

まず、この杯を2つ1セットで胸の前に持ち、目を閉じて「住所」「氏名」「生年月日」などの自己紹介と、「願い事」を思い浮かべます。

そして、手に持っている杯を地面に落とすのです。

表と裏の組み合わせ「聖杯」が出れば、「願い事が聞き入れられた」とされます。

裏と裏の組み合わせ「笑杯」は、「願い事の内容不明」又は「縁がない」とされ、もう一度トライ。

表と表の組み合わせ「陰杯」は、「神様がお許しにならない」又は「怒っている」とされ、これももう一度トライ。

「笑杯」「陰杯」の場合、3回まで挑戦することが出来ます。

3回以内に「聖杯」が出たら、ここでやっとおみくじを1本引きます。そしてまた三日月型の杯が登場。

今度は本当にこのおみくじの番号で良いのかを確認します。

ここでも「聖杯」が出たら、ファイナルアンサー。

同じ番号のおみくじをいただいたら、やっとフィニッシュ。

書いてある内容は中国語(しかも昔の)なので、ほとんど理解不能ですが、本殿横の「おみくじ解読所」に行けば、日本語の解説もしてくれます。

さぁ、作法をマスターして「拝拝(バイバイ)」に挑戦してみましょう。

全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第7回は「地元の人で溢れるおすすめ朝食スポット3軒」をご紹介!
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第6回は、台湾中に店舗がある人気ドリンクスタンド「50嵐(ウーシーラン)」での、通なオーダ...
今ではすっかり有名な、煙草工場の跡地を利用して作られた巨大なアート空間「松山文創園区」や酒工場の跡地をリノベーションした複合施設「華山1914」だってもち...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第9回は「いま、台北で行くべきコーヒーショップ3軒」です。
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
台湾・九份は日帰りで遊びに行くより泊まるのがオススメ! だけど宿選びには気をつけて。条件をかねていて、九份に行ったら泊まりたい! と思えるの宿がここ、『山...
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。これから全12回にわ...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第11回は、観光客も利用できる自転車レンタルサービス「U bike(ユーバイク)」を使って...
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
次の台湾旅は、ちょっと南下して「台中市」に泊まってみては?バリ島よろしくリーズナブルでありながら、リゾート感満載の台湾のモーテルは、家族連れや友達同士でも...