【Nike×KAWS】毎日通うバスケコートが、ある日突然すごいことになった。

ニューヨークのスタントン・ストリートにある、ごくごく普通のバスケットボールコート。ある日このコートが、変身したんです。

Nike×NYC

さっそくネタバラシ。これは、Nikeがニューヨーク市と組んでリリースした「New York Made」と呼ばれるキャンペーンの第一弾として行われたもの。バスケットボールコート2面をフルに使って、ダイナミックに描き出されています。

「毎日通りかかっていたんだ」
KAWSがコラボ

手がけたのは、UNIQLOやA BATHING APEとのコラボでも有名なアーティストKAWS。目が「×」になったキャラクター、と聞けばピンとくるかもしれませんね。

ニューヨークを本拠地に活動しているKAWSですが、この公園は以前住んでいた場所のすぐ近で、毎日通りかかっていた場所だとか。

「スケボーのグラフィックとか、コミックとか…僕が影響を受けたアートは、そういうものだったんだ。こういうパブリックアートのいいところは、カジュアルに受け手に届くこと。構えず、知らないうちにアートに触れることができるんだ」

スポーツに対する
意識も変わる

日本では、こうしたストリートアートの流れを汲むグラフィックがパブリックなものとして見られる機会はあまりありませんが、身近にこんなバスケットボールコートがあったら、スポーツに対する意識も変わってくるかもしれません。

Nikeの「New York Made」シリーズは、これからも続くとアナウンス。第2弾は誰とコラボするのか、今から注目です。

Licensed material used with permission by NIKE
ポートランドに本社を構えるNIKEが、ニューヨークに新オフィスを開設しました。「ナイキ・ワールド・キャンパス」と呼ばれる本社には、クライミングウォールやバ...
NIKEが発表したリリースによると、オーダメイドスニーカーのオーダーをしてから、たったの90分で製造を仕上げてしまうそうです。ここでは、その仕組みを紹介。
世界中のストリートに、バスケットコートは無数に存在する。そんな中でも、3年ほど前にトロントで見たこの場所は衝撃的で、こんなところでプレーできるなんて羨まし...
オーストラリアで活躍するアーティストのAndrew Archerが、3年間アジアを旅して気がついたことがある。それは、国も宗教も言葉も関係なく、バスケット...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
エアマックス、エアジョーダン、エアフォース。もう「AIR(エア)」と聞けばNIKE。世界中でそんなイメージが染み付いています。その「AIR」の製造プロセス...
パリの一角に突如現れた、ポップなカラーに彩られた空間。よくよく見てみると…なんと、バスケットコートのようです。このアートを手がけたのは、フランスのファッシ...
「コルテッツ」というスニーカーを知っているだろうか?1972年にNIKEブランド初のスニーカーとして誕生。現在でも生産されている同社を代表する1足だ。個人...
AppleとNike。世界でもっとも革新的なブランド2つが、長いあいだ一緒に走り続けてきたからこそ生まれた最新モデルがこの「Apple Watch Nik...
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第九弾もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気がす...
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾に続き、今回もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらない...
9月29日に「NIKE.COM」と「NIKE 原宿」にて先行発売です。
空気圧をクッションに使った「エアマックス」、柔らかさと反発性を兼ね備えた新素材「ルナロン」など、次々と新しい技術をスニーカーに投入してきたNike。そのN...
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
これまで、イスラム系の女性たちがスポーツをしている姿は、あまり公にされてこなかった。保守的なイスラム圏では、女性は手や顔を隠さなければならない。社会的にも...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
今回は、「THE NEW YORKER」に敬意を示し、東京バージョン「THE TOKYOITER」という架空の雑誌の表紙を紹介しましょう。
スニーカーに全く詳しくない私ですら、「Air Force1」や「Air Max」は知っています。一時期よりは少なくなった印象があるけれど、依然として街中で...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾はニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気が...
日本からだと約9,000円で購入可能ですよ。
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...