【Nike×KAWS】毎日通うバスケコートが、ある日突然すごいことになった。

ニューヨークのスタントン・ストリートにある、ごくごく普通のバスケットボールコート。ある日このコートが、変身したんです。

Nike×NYC

さっそくネタバラシ。これは、Nikeがニューヨーク市と組んでリリースした「New York Made」と呼ばれるキャンペーンの第一弾として行われたもの。バスケットボールコート2面をフルに使って、ダイナミックに描き出されています。

「毎日通りかかっていたんだ」
KAWSがコラボ

手がけたのは、UNIQLOやA BATHING APEとのコラボでも有名なアーティストKAWS。目が「×」になったキャラクター、と聞けばピンとくるかもしれませんね。

ニューヨークを本拠地に活動しているKAWSですが、この公園は以前住んでいた場所のすぐ近で、毎日通りかかっていた場所だとか。

「スケボーのグラフィックとか、コミックとか…僕が影響を受けたアートは、そういうものだったんだ。こういうパブリックアートのいいところは、カジュアルに受け手に届くこと。構えず、知らないうちにアートに触れることができるんだ」

スポーツに対する
意識も変わる

日本では、こうしたストリートアートの流れを汲むグラフィックがパブリックなものとして見られる機会はあまりありませんが、身近にこんなバスケットボールコートがあったら、スポーツに対する意識も変わってくるかもしれません。

Nikeの「New York Made」シリーズは、これからも続くとアナウンス。第2弾は誰とコラボするのか、今から注目です。

Licensed material used with permission by NIKE
2019年1月19日から、コンテンポラリーアーティストKAWSによる巨大なアートが、台湾・台北の中正紀念堂の前に足を伸ばすようなかたちで設置されています。...
ポートランドに本社を構えるNIKEが、ニューヨークに新オフィスを開設しました。「ナイキ・ワールド・キャンパス」と呼ばれる本社には、クライミングウォールやバ...
7月18日〜24日の間、静岡県富士宮市にあるキャンプ場「ふもとっぱら」で「KAWS:HOLIDAY(カウズ:ホリデイ)」が開催されることになった。
8月12日、「NIKE」は契約中の女性アスリートが妊娠した場合に、18ヵ月間は成績ベースの支払いの減額をしないと発表した。事実上、産前・産後の休業を認めた...
「Google」の開発する「Google Map」が2月6日で15週年を迎え、それを記念した大型アップデートを実施。今回のアップデートで、メイン画面にタブ...