クリエイティビティを引き出す「ナイキのNY新オフィス」

ポートランドに広大な本社を構えるNIKE。まるで大学の構内のように、クライミングウォールやジム、レストラン(社員用)など、ファリシリティも充実していることで知られています。

この6月、ニューヨークに新オフィスを開設。こちらも“NIKEらしさ”満点でした。

バスケットコート完備の
充実したオフィス

新拠点は、エンパイア・ステート・ビルディングのほど近く。全6フロア、総面積約14,000平方メートル。これ、NYにしてはかなり広々としたスペースです。

特筆すべきは、屋内にフルバスケットコートがあること。400人分の観覧席まで備えたこのコートは、従業員はもちろん、地域の人たちも気軽に利用することができるんだそう。

オフィス内の装飾は、ニューヨークのアーティストMicah Belamarich氏によるもの。マイケル・ジョーダンを描いたモザイク画が壁を彩ります。

タイルで作られた会議室や図書館など、オフィスの中はまるでインスタレーションのような空間になっています。

このワークスペースで働くことで、ここに在籍するおよそ180名の従業員からよりクリエイティブな発想が引き出されるんでしょうね。

マンハッタンのスポーツシーンが
ここから生まれる

ところで、なぜ今NYに進出してきたのか。どうやら新製品をより迅速に東海岸へと届けるハブとしての機能を果たすためだとか。

そもそもオレゴン州生まれのNIKEですが、NYとの密接な関係は昔から。マンハッタンのスポーツシーンを活気づけようと、高校生のバスケットボール大会へ協賛したり、ランイベントを開催したりと、世界のヒトとモノとコトが流転するこの地に根づく活動を続けていたのです。

新たにNYをスポーツで活気付けるプロジェクト「New York Made」を立ち上げました。アーティストKAWSと、ストリートバスケコートにペイントを施して話題となったのもその一環。

なにやら、楽しいことがどんどんここから生まれそうですね。

Licensed material used with permission by NIKE
「The Spheres」と呼ばれるアマゾンのシアトルの新オフィスには、50カ国から集められた40,000以上の植物が生息しています。その中には、“滝”ま...
オラファー・エリアソンが手がけた、デンマークの投資信託会社Kirk Kapitalのオフィスです。
ニューヨークのスタントン・ストリートにある、ごくごく普通のバスケットボールコート。ある日このコートが、変身したんです。さっそくネタバラシ。これは、Nike...
heyのオフィスは広い! もったいないぐらい(笑)。
NIKEが発表したリリースによると、オーダメイドスニーカーのオーダーをしてから、たったの90分で製造を仕上げてしまうそうです。ここでは、その仕組みを紹介。
オフィスに本格的な卓球台が設置されて、あらためてわかりました。卓球ってめちゃくちゃ手軽なスポーツだな、と。
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
8月12日、NIKEがアメリカ国内で「Nike Adventure Club」という2歳から10歳向けのキッズ用シューズを家に届けてくれるサブスクリプショ...
9月29日に「NIKE.COM」と「NIKE 原宿」にて先行発売です。
職業にもよりますが、パソコンさえあれば自宅でも滞りなく仕事ができる時代。意外とオフィスよりも、家の方が仕事がはかどったりするんですよね。集中力が切れてしま...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
とあるロンドンのオフィスに設置されたこの『Regeneration Pods(再生ポッド)』は、バイオフィリアと呼ばれる概念をもとに設計されたオフィスにあ...
「職場ではビジネスシューズからリラックスシューズに履き替えて、足の疲れを癒しつつ、仕事のパフォーマンスをアップさせたい!」という方に、足元のリカバリー(回...
アメリカでの「Black History Month」で、2月にはアフリカ系の人々に敬意を表するイベントやキャンペーンが多く行われていて、Nikeは毎年の...
7月からアメリカ国内で利用可能になるNIKEアプリの新機能。スマートフォンのカメラで自分の足をスキャンすると、幅や高さなど両足のデータが収集されます。保存...
新宿にできた、新しいAirbnb東京オフィスのワークスペースが発表されました。同社といえば、サンフランシスコ本社の倉庫を使った4階建吹き抜けオフィスが話題...
ニューヨークを拠点に活動する現代アーティスト、トム・サックスとスポーツブランドのナイキがコラボしたレインポンチョ。ウエストバッグに収納されたポンチョは、コ...
簡単に言えば、コリン・キャパニックの起用は成功でした。