クリエイティビティを引き出す「ナイキのNY新オフィス」

ポートランドに広大な本社を構えるNIKE。まるで大学の構内のように、クライミングウォールやジム、レストラン(社員用)など、ファリシリティも充実していることで知られています。

この6月、ニューヨークに新オフィスを開設。こちらも“NIKEらしさ”満点でした。

バスケットコート完備の
充実したオフィス

F75c514e740ca88e841e37004355ec24caeb1914

新拠点は、エンパイア・ステート・ビルディングのほど近く。全6フロア、総面積約14,000平方メートル。これ、NYにしてはかなり広々としたスペースです。

246d742c754aaa29c4cab3cfb4ee249c193b6e12

特筆すべきは、屋内にフルバスケットコートがあること。400人分の観覧席まで備えたこのコートは、従業員はもちろん、地域の人たちも気軽に利用することができるんだそう。

Dfecc81e59282d1fb46dd5d12db5870e876b4a70

オフィス内の装飾は、ニューヨークのアーティストMicah Belamarich氏によるもの。マイケル・ジョーダンを描いたモザイク画が壁を彩ります。

Be4ee69a8e1599b5a65d268e782e48f23314721c71b50a8a3d85547f47aad67b68493c9e8a5a234a

タイルで作られた会議室や図書館など、オフィスの中はまるでインスタレーションのような空間になっています。

このワークスペースで働くことで、ここに在籍するおよそ180名の従業員からよりクリエイティブな発想が引き出されるんでしょうね。

マンハッタンのスポーツシーンが
ここから生まれる

Adf96b6ec3d45d5b2e92c513e4ef89ad8af39fe1

ところで、なぜ今NYに進出してきたのか。どうやら新製品をより迅速に東海岸へと届けるハブとしての機能を果たすためだとか。

そもそもオレゴン州生まれのNIKEですが、NYとの密接な関係は昔から。マンハッタンのスポーツシーンを活気づけようと、高校生のバスケットボール大会へ協賛したり、ランイベントを開催したりと、世界のヒトとモノとコトが流転するこの地に根づく活動を続けていたのです。

新たにNYをスポーツで活気付けるプロジェクト「New York Made」を立ち上げました。アーティストKAWSと、ストリートバスケコートにペイントを施して話題となったのもその一環。

なにやら、楽しいことがどんどんここから生まれそうですね。

Licensed material used with permission by NIKE
「The Spheres」と呼ばれるアマゾンのシアトルの新オフィスには、50カ国から集められた40,000以上の植物が生息しています。その中には、“滝”ま...
ニューヨークのスタントン・ストリートにある、ごくごく普通のバスケットボールコート。ある日このコートが、変身したんです。さっそくネタバラシ。これは、Nike...
NIKEが発表したリリースによると、オーダメイドスニーカーのオーダーをしてから、たったの90分で製造を仕上げてしまうそうです。ここでは、その仕組みを紹介。
heyのオフィスは広い! もったいないぐらい(笑)。
もうプールの季節は終わってしまったけど、「マーメイド・エクササイズ」は来年あたりに日本でも流行りそうだな〜。
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
オフィスに本格的な卓球台が設置されて、あらためてわかりました。卓球ってめちゃくちゃ手軽なスポーツだな、と。
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
9月29日に「NIKE.COM」と「NIKE 原宿」にて先行発売です。
職業にもよりますが、パソコンさえあれば自宅でも滞りなく仕事ができる時代。意外とオフィスよりも、家の方が仕事がはかどったりするんですよね。集中力が切れてしま...
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
新宿にできた、新しいAirbnb東京オフィスのワークスペースが発表されました。同社といえば、サンフランシスコ本社の倉庫を使った4階建吹き抜けオフィスが話題...
どこを旅行するにも、ガイドブックではなかなか触れられないローカルの視点があると嬉しいもの。過大評価されているレストランも、じつは評判ほどのものではないのか...
五感をつかって、その瞬間をあじわうこと。そうしているうちに、今どうしてもわからないことが、ふとして、わかってくることがある。
簡単に言えば、コリン・キャパニックの起用は成功でした。
都会の土地不足問題をまさかのアイデアで解決しちゃったアーティストがいます。バレンシア在住のデザイナーFernando Abellanas。彼のオフィス兼極...
エアマックス、エアジョーダン、エアフォース。もう「AIR(エア)」と聞けばNIKE。世界中でそんなイメージが染み付いています。その「AIR」の製造プロセス...
カリフォルニア州、クパチーノ。通称、シリコンバレー。この土地に建設中のApple社の新オフィスが、まもなく完成の見込みだという。その名も「Apple Pa...
「Muista Active Chair」は長時間体を動かさずにいる現代人が、オフィスで体をほぐせる用に考案されたエクササイズチェアー。血行促進やストレス...
ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
オーストラリアで活躍するアーティストのAndrew Archerが、3年間アジアを旅して気がついたことがある。それは、国も宗教も言葉も関係なく、バスケット...