ありのままのニューヨークなのに、なぜかすごく行きたくなる写真。

ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。

ポーランド出身の写真家、Klaudyna Shubertさんもおそらく同じことを考えたのでしょう。彼女のNY滞在中のトラベルレポートは、ひと味ちがいます。昨年の夏、人生で初めてニューヨークに訪れ、全力でその「日常」を捉えようとしたのです。

こんなニューヨークも、
ニューヨークなんだ

旅をするのが大好きで、とにかくたくさんの旅に出るというKlaudynaさん。初めてアメリカを訪れたときは、西海岸を数週間ほど回ったのだとか。

そのときに、絶対またすぐ来ようと誓ったそうです。そして先日、ずっと行きたいと夢見ていたニューヨークについに降り立ったのです。

彼女が捉えたニューヨークは、どこかレトロで色彩が満載の、日常の風景。「旅行写真」というより「日常のヒトコマ」といった印象。

定番の観光地って
こんな感じなんだ

自由の女神の写真って、きれいに像だけが入ってアップで撮られているものが多いですよね。意外に周りがどうなっているのか知らない人もいるはず。

自由の女神の島に上陸しないで見ると、こんな感じ。像を写真に収めようとたくさんの人がスマホやカメラを向けているのも、また味わいがあります。

お土産屋さんらしき人が、スマホをチェックする瞬間。

ニューヨークの街は
期待以上にパワフル

「ニューヨークの街は期待通り…どころか、期待以上にパワーをもらえる場所だった」

と語る彼女。

お気に入りの場所は、地下鉄、オキュラス、ウィリアムズバーグ橋。

「地下鉄は、ニューヨークのアイコン。いろんな国の、いろんなタイプの人がここで毎日暮らしているの」

「ニューヨークの新名所とも言えるオキュラスは、シンプルでとても美しい建物よ。それでいて、とても強いメッセージとエネルギーを持っていると思うの」

「ウィリアムズバーグ橋は、マンハッタンからブルックリンを歩くときに素晴らしい景色を見ることができる場所。マンハッタンの景色だけじゃなくて、あまり話題にならない地域の景色も見られるのよ。ウィリアムズバーグ橋自体もとっても印象的で、エネルギッシュな場所なの。とくに、夕方から夜にかけてがオススメ」

ありのままのNYに
恋をした

最後に「あなたにとって、ニューヨークとは?」と、直球の質問をしてみました。

「バラエティ。 エネルギー。 ダイナミクス。 私はその多様性とカラフルさに、完全に恋に落ちたの」

Licensed material used with permission by Klaudyna Schubert, (Facebook), (Instagram), (tumblr)
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
あこがれの街。
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
私がNYに行ったのは、もうずっと前の9歳位のとき。田舎町で育った私にとって、はじめての大都会は「未来都市」のように思えてならなかった。背の高いビルに囲まれ...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
夢を追いかけてニューヨークへ移り住んだTadhg Ennisさんは、昼間は学校へ通い夜は街中を歩き回り写真を撮っている。彼が捉えた真夜中すぎの光景は、昼に...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
大都市、ニューヨーク。もちろん誰もが知る街だし、周りを見渡せば詳しい友人のひとりやふたり、いるかもしれません。でも、実際に訪れたことはありますか?一体どん...
小さな頃は、ずっと一緒にいたのに。
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾はニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気が...
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第九弾もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気がす...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾に続き、今回もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらない...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
STELLA LYDAKIはベルリンで撮影した写真を公開しています。中には、かの有名なブランデンブルク門もアレクサンダー広場も、ベルリン大聖堂も出てきませ...
12年以上ニューヨークの街中を歩き回り「偶然が重なる錯覚的な瞬間」を写真にしてきたというJonathan Higbee。誰も意識していない瞬間だけど、だか...
どこを旅行するにも、ガイドブックではなかなか触れられないローカルの視点があると嬉しいもの。過大評価されているレストランも、じつは評判ほどのものではないのか...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...