ありのままのニューヨークなのに、なぜかすごく行きたくなる写真。

ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。

ポーランド出身の写真家、Klaudyna Shubertさんもおそらく同じことを考えたのでしょう。彼女のNY滞在中のトラベルレポートは、ひと味ちがいます。昨年の夏、人生で初めてニューヨークに訪れ、全力でその「日常」を捉えようとしたのです。

こんなニューヨークも、
ニューヨークなんだ

0f402cf0a6c145a6380aa27bfb6e271cfe925fb6D4116d2b2a5f92edebc38580271a960a25c53979

旅をするのが大好きで、とにかくたくさんの旅に出るというKlaudynaさん。初めてアメリカを訪れたときは、西海岸を数週間ほど回ったのだとか。

そのときに、絶対またすぐ来ようと誓ったそうです。そして先日、ずっと行きたいと夢見ていたニューヨークについに降り立ったのです。

C0b15f4247646b6492f65b4c521caaa4e1050b1b4bed67367c2b69f9fe9b4d8e9e1eff5518c7a62b

彼女が捉えたニューヨークは、どこかレトロで色彩が満載の、日常の風景。「旅行写真」というより「日常のヒトコマ」といった印象。

定番の観光地って
こんな感じなんだ

25535cfde54bb04e15bd9848bde9de43d4e08b68

自由の女神の写真って、きれいに像だけが入ってアップで撮られているものが多いですよね。意外に周りがどうなっているのか知らない人もいるはず。

自由の女神の島に上陸しないで見ると、こんな感じ。像を写真に収めようとたくさんの人がスマホやカメラを向けているのも、また味わいがあります。

97be226f4a9b4a0079ff038149ec0cae504bb658

お土産屋さんらしき人が、スマホをチェックする瞬間。

ニューヨークの街は
期待以上にパワフル

Ef69d5bc7bdb51936d201f0311e99444836982e0Fe116dc2b8df2782636e1c12e05c5aef2aa6fe1b

「ニューヨークの街は期待通り…どころか、期待以上にパワーをもらえる場所だった」

と語る彼女。

お気に入りの場所は、地下鉄、オキュラス、ウィリアムズバーグ橋。

E0b928b68029fb9e11afde30fbe7d913046a740fDae86c17cf69dba5be0147c8a4c83b03d1003929

「地下鉄は、ニューヨークのアイコン。いろんな国の、いろんなタイプの人がここで毎日暮らしているの」

68b3d3e19cc5e1556f1c7520a5febf5ffbcbe750

「ニューヨークの新名所とも言えるオキュラスは、シンプルでとても美しい建物よ。それでいて、とても強いメッセージとエネルギーを持っていると思うの」

7bcc9a10b0bbb8c78218bdf74aaa99bdc4f028b42b96db5f00794e534bf93c66303ceb0fe1bb5e0f

「ウィリアムズバーグ橋は、マンハッタンからブルックリンを歩くときに素晴らしい景色を見ることができる場所。マンハッタンの景色だけじゃなくて、あまり話題にならない地域の景色も見られるのよ。ウィリアムズバーグ橋自体もとっても印象的で、エネルギッシュな場所なの。とくに、夕方から夜にかけてがオススメ」

ありのままのNYに
恋をした

2b72bcc7a057576c96266a5c7e748b131cc3536880a215322d037294d2a0dc834ddaf8f6bab3a0312cb46142c591db750d34e79e4628e01f2370c644

最後に「あなたにとって、ニューヨークとは?」と、直球の質問をしてみました。

「バラエティ。 エネルギー。 ダイナミクス。 私はその多様性とカラフルさに、完全に恋に落ちたの」

Licensed material used with permission by Klaudyna Schubert, (Facebook), (Instagram), (tumblr)
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
あこがれの街。
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
このUSB充電器は安くて便利だから買ったわけじゃなくて、蛍光イエローの色が気に入って購入。
私がNYに行ったのは、もうずっと前の9歳位のとき。田舎町で育った私にとって、はじめての大都会は「未来都市」のように思えてならなかった。背の高いビルに囲まれ...
夢を追いかけてニューヨークへ移り住んだTadhg Ennisさんは、昼間は学校へ通い夜は街中を歩き回り写真を撮っている。彼が捉えた真夜中すぎの光景は、昼に...
大都市、ニューヨーク。もちろん誰もが知る街だし、周りを見渡せば詳しい友人のひとりやふたり、いるかもしれません。でも、実際に訪れたことはありますか?一体どん...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
銀座の老舗漬物店がつくる茹でたまごのお漬物。
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾はニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気が...
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第九弾もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気がす...
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾に続き、今回もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらない...
STELLA LYDAKIはベルリンで撮影した写真を公開しています。中には、かの有名なブランデンブルク門もアレクサンダー広場も、ベルリン大聖堂も出てきませ...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
小さな頃は、ずっと一緒にいたのに。
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
どこを旅行するにも、ガイドブックではなかなか触れられないローカルの視点があると嬉しいもの。過大評価されているレストランも、じつは評判ほどのものではないのか...
誰もが憧れる場所で暮らすMarcela Nowakさんの楽しみは、深夜に家の近くを歩き回りながら撮影をすること。昼は多くの人で賑わう「華やかな街」、夜はネ...
大好きな人と、どこへ行くのも何をするのも一緒がいい。付き合っていたら、そう思うのは当たり前です。できるだけ同じ時間を過ごしてお互いを知って愛を育んでいきた...
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...