見れるのは、年に2回だけ。NYで撮影された「夕陽」がまるで映画のワンシーン

この写真が撮られたのは、7月11日のニューヨーク。お天気は晴れのち曇りで最高気温は28度。何の記念日でもない普通の土曜日でしたが、この日の夕陽は特別だったんです。

映画の1シーンの
ような光景が

ビルの谷間へぴったりと落ちていく夕陽。これ「マンハッタンヘンジ」という現象なのです。ストーンヘンジは夏至の日に美しい姿を見せますが、これのマンハッタン版。

「アメリカ自然史博物館」によると、この光景が見られるのは5月の後半と7月中旬の年に2回。毎年その日は変わるそうなので「見てみたい!」という人は「Manhattanhenge」で検索してみて。 

Licensed material used with permission by gmp3, night.sh00terz, fallinginlovewithnyc, instagramnyc
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
フォトグラファー夫婦James MurrayさんとKarla Murrayさんは、ニューヨークシティを中心に、いろんなお店を真っ正面から撮影しています。
愛媛県の八幡浜にある「風の樹」は、ご主人の林茂さんがひとりで切り盛りする1日1組限定の宿。海岸沿いの高台にある一軒家で、そこから眺める夕陽はとにかく絶景な...
夢を追いかけてニューヨークへ移り住んだTadhg Ennisさんは、昼間は学校へ通い夜は街中を歩き回り写真を撮っている。彼が捉えた真夜中すぎの光景は、昼に...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!