華麗なる「夕陽」を、海の上から味わうという贅沢体験

「陽が傾き、潮が満ちはじめると、志摩半島の英虞湾に華麗な黄昏が訪れる。」

これは、山崎豊子が小説『華麗なる一族』に書いた冒頭文。その後、寄稿文にもこんな一節を残しているそうです。

「…何時間も、何日も、沈みゆく夕陽を眺めた。そのあまりに壮麗な自然の光景を文字にする術もなく、書いては消し、消しては書いて、何日目かに書き上げたのが、冒頭の数行である。

この数行を書きえた時の喜びは、今もって忘れられない。華やかに天を染め、燃えながら沈んで行く夕陽のすがたは、『華麗なる一族』の象徴であり、作品の産声をそこに聞くことが出来たのだった。」

このように、山崎豊子が多くの長編小説の冒頭を書き出したのが「志摩観光ホテル」だと言われています。昭和26年(1951年)4月、戦後初の純洋式リゾートホテルとして誕生。当時の賢島には、真珠の買い付けで訪れる外国人が増えてきていたのです。

39c266faa42132baeebe751070698f3db0f92977

志摩観光ホテルには、山崎豊子が執筆に使った机が展示されている。

その夕陽を
「海の上から眺める」
という贅沢

志摩観光ホテルと聞いて、サミットを思い出す人は多いかもしれません。2016年、G7伊勢志摩サミットの開催地として、一躍世界中からも注目を集めました。

風光明媚で、海の幸、山の幸が豊富とあれば、そのポテンシャルは窺い知れるところ。

伊勢海老、アワビ、松阪牛…もちろん食材も十分すぎるほど豊富なのですが、今回は「美しい夕陽」を心に刻みたいと思うんです。

9afc63cd63ea9c9228b38836af779f9bd732985e9bbb2e8ddc719e6a96aa6b4d33a92b1246662a43

ホテル専用の桟橋へと向かうと、そこに用意されているのは、プライベートクルーズ。

いざ、英虞湾へ。

Ed84ef02b48fe4662b89222efaf24daa54bfa671

夕陽を浴びながら、徐々に遠ざかっていく志摩観光ホテルの「ザ クラシック」。

8f4b90d71ed0023f86a1700ee416b2cac9179a50

船は賢島大橋の下をくぐり抜けていきます。振り返るとそこには、華麗なる夕陽。

5a507ad30115c24c3d5f72d5f48158bd662e4b82929e73982f7e650c85019f5b61598fa19bdd8a46

日が沈んだあとも、しばらくクルーズ体験は続きます。

3月からは、貸切での船上パーティーや、サンセットクルーズなど、いろいろなアクティビティが生まれる予定とのこと。

93fd4ab999dfa5e553c95c4fca0d51c2aa54814e

同じグループホテルの「プライムリゾート賢島」を海の上から見ると、まるでヨーロッパ。この日は少し風があったので波が揺れていますが、満月の日のムーンロードはとても綺麗に輝くそうです。

そんな夕陽を味わうべく、2018年3月1日より「ラウンジクルーズ志摩」が運航。リアス海岸の優美な景観を感じながら、穏やかに軽やかに英虞湾を満喫してみては?

★チャータークルーズプラン(最大定員12名)
・デイクルーズ ¥20,000〜
・サンセットクルーズ ¥30,000〜

★船上パーティプラン
・チャータークルーズプランにひとり5,000円追加
(※いずれも、1艧1時間あたりの料金)
・内容:総料理長 樋口宏江の季節のオードヴル & スパークリングワイン、ソフトドリンク

※志摩観光ホテル、海辺ホテルプライムリゾート賢島、ホテル近鉄アクアヴィラ伊勢志摩、賢島宝生苑、4施設に宿泊している人限定プラン。

5942823102709760
Photo by JAPAN LOCAL
取材協力:志摩観光ホテル
2017年11月。食文化に大きく貢献した料理人に贈られる、農林水産省料理人顕彰制度「料理マスターズ」のブロンズ賞を初受賞した女性がいます。—— 樋口宏江(...
アウトドアといえば、自然の空気と一緒に楽しむBBQが醍醐味。でも、道具の準備などを考えるとちょっと手間。三重県にある「伊勢志摩エバーグレイズ」では、広々と...
愛媛県の八幡浜にある「風の樹」は、ご主人の林茂さんがひとりで切り盛りする1日1組限定の宿。海岸沿いの高台にある一軒家で、そこから眺める夕陽はとにかく絶景な...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
7月31日にイングランドサッカー協会が、2018-19シーズンから監督にもイエローカードとレッドカードを提示すると発表しました。
独断と偏見でピックアップしました。
伊勢の源流にたたずむ三重県・大台町。野鳥やシカが住む里山、カジカガエルの鳴き声が響く川、ほかでは見られない風景がここにはあります。 しかし今、近代化の流れ...
愛知県・瀬戸市にきたら、だいたい宿泊先は「瀬戸パークホテル」になる。そもそも街中に泊まれるホテルが少ないのも理由のひとつだが、深川神社の境内のなかにあると...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
この写真が撮られたのは、7月11日のニューヨーク。お天気は晴れのち曇りで最高気温は28度。何の記念日でもない普通の土曜日でしたが、この日の夕陽は特別だった...
愛媛県松山市に誕生した、「MINIMAL LUXURY」をコンセプトに据える「瀬戸内リトリート 青凪」。以前は美術館としてその一部だけが公開されていたが、...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
ガンツウは、瀬戸内海沿岸の景勝地を漂泊しながら周遊する宿泊型の客船。広島県尾道市にあるベラビスタマリーナを発着地とし、宮島・音戸の瀬戸付近、直島・犬島など...
京都市内に町家ホテルは数あれど、ここMAGASINN KYOTO(マガザン キョウト)は、他とは一線を画していると断言できます。その理由は「編集できるホテ...
最近、サンセットを目にしたのは果たしていつだっただろうか?たまにはビーチに出かけたりして、地平線に夕日が沈むのを眺めながら、ボッーとする時間が必要なのはわ...
熊本県宇土市にある、御輿来(おこしき)海岸。干潮時に干潟に現れる美しい砂紋が有名ですが、魅力はそれだけではありません。なんとココには、年に数日だけしか見れ...
世界各国の空港の中でもテンション上がるのがここ! KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。まず向かうべきは『Heineken bar(...
フロントで出迎えてくれるのは、1人の女性と2匹の恐竜。なるほど、もう既にヘンだ。しかも、唯一“まとも”だと思っていた女性も、実はロボットというオチ──。こ...
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
油津商店街の復活。飫肥城下町の再生。IT企業誘致や海外クルーズの積極的な誘致など、様々な方法でまちづくりや地方創生に取り組む、宮崎県日南市。人口は約5万人...
「何にもない」。地方出身者なら、地元のことを一度はこんな風に思ったことがあるんじゃないでしょうか。かくいう私もその一人。だから、福岡県宗像市の大島にある「...