日本初!華麗なる一族ハプスブルク家の正統ウエディングが挙げられることに

ヨーロッパの歴史に多少興味があれば、見聞きしたことがあるであろう名門貴族・ハプスブルク家。そんな彼らの伝統やマナーで彩られたウエディングを、ここ日本でも挙げられることになった。

ウエディング会場の運営や企画などを手がけるサンライズジャパングループ・ドーモ社がライセンス契約を交わしたのは、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフの直径の末裔であるゲーザ・フォン・ハプスブルク大公。この取り組みは、600年の歴史をもつ名門一族のマナーや習慣などの文化継承を目的としたもので、日本を皮切りに、今後は広くアジアにも展開していく予定だとか。

ハプスブルク流のウエディングで堪能できるのは、伝統的なテーブルコーディネートをはじめ、豪華なドレスやジュエリー、オーストリア=ハンガリー帝国の皇帝が愛したコース料理といった高貴なコンテンツの数々。

具体的なプランなどは今後発表されるようだが、一世一代の門出を華やかで盛大なものにしたいと願うならば、結婚により広大な領土を獲得し、華麗なる一族を築き上げたハプスブルク家のウエディングには、要注目だ。

フランツ・ヨーゼフ・カール・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン1世が ウィーン・ホーフブルグ王宮に於いて主催した夕食会のメニュー

©Henri&M.C.International Development

披露宴

©Henri&M.C.International Development

Top image: © Henri&M.C.International Development
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
オーストリアで「Siri」と「Alexa」の結婚式が挙げられました。多くの人に見守られながら、誓いの言葉を述べ、2人は“婦婦”と認められることに。AI同士...
1月18日にオープンしたアメリカ・ラスベガスの「Til Death Do Us Part」は、“永遠の愛を誓います”という意味のある言葉がそのまま名前に採...
都市伝説好きは聞いたことあるかもしれない名門「ロスチャイルド」家が生んだ「シャンパーニュ・バロン・ド・ロスチャイルド」。お世話になった会社や家族の繁栄にだ...
「LEMON by Lemonade Lemonica(レモン)」が渋谷駅西口に開業した「渋谷フクラス」1Fに12月5日、グランドオープン。
インドネシアのジャカルタにある「Le Novelle Cake」は、オーダーメイドで豪華絢爛なケーキを作るベーカリー。その作品はどれも豪華絢爛、繊細優美...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
日当たりが悪いなら、家ごと回転させてしまえばいいという発想の建築物が登場した。この「Devon Haus」の構造は、ボタンを一押しするだけで、家全体が36...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
紹介するのは、アメリカ・アトランタに期間限定でオープンしているラーメン屋さん。「中村家」と名乗っています。でも、名前よりもラーメンに注目です!
覆面アーティスト、バンクシーのデザインを採用したアートパネル型Bluetoothスピーカーが登場。高音質で音楽が楽しめるだけでなく、インテリアにもピッタリ。
「陽が傾き、潮が満ちはじめると、志摩半島の英虞湾に華麗な黄昏が訪れる。」これは、山崎豊子が小説『華麗なる一族』に書いた冒頭文。その後、寄稿文にもこんな一節...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
今年8月にアメリカを襲った超大型ハリケーン「ハービー」。その水害で結婚式のプランを全て台無しにされたカップルがいた。しかし彼らは洪水後のテキサスに代わりの...
三大鬼才音楽家のうち来日したことがないのはギンガだけ。セルジオ・メンデスに楽曲を提供していた作曲家でギター演奏も超絶技巧。モニカ・サウマーゾとの共演も!
養蜂家でありDJでもあるBioni Sampは、シンセサイザーを駆使しながらユニークな音楽制作を行っています。
昨年35,000 人が来場した日本最大級の文具の祭典「文具女子博」の今年のテーマは「文具浪漫」。ここでしか買えないアイテムを含む約50,000点を揃えるほ...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、STORMZYの『VOSSI BOP』です。
花束を手にするだけで、自然と笑みがこぼれてしまうのはなぜだろう。花はいのちある生き物だから、ひだまりのように、ぽかぽかとあたたかい気持ちになるのだ。では、...
テクノロジー×伝統。聞き慣れたフレーズかもしれませんが、「Airbnb×吉野杉」の組み合わせと聞いたら、素通りするわけにいきません。この2つがタッグを組ん...
紀寺の家は、およそ100年前に建てられた5棟の町家群を改修した、新しい町宿。観光産業として生まれた宿泊サービスではなく、文化財である古い町家の構造や機能性...
9月13日、「無印良品」で住宅を専門に扱う「MUJI HOUSE」から5年ぶりに登場した「陽の家」。陽の家はMUJI HOUSE初の平屋タイプの家だ。「性...
1960年代から、化石燃料や電力網などのインフラを必要としないオフグリッドハウスを研究、建設し続けているアメリカ人建築家がイベントを開催です。
雨季以外はほぼ夏というダナンで、住人がエアコンの使用に依存することなく快適に暮らせるよう考案された、アイロンビーズのような家があります。