新郎新婦から、主役の座を奪ってしまうウエディングケーキ

一生の思い出だから、やっぱり誰でも特別なものにしたい結婚式。でも、綺麗な花嫁も、誓いのキスも、泣ける手紙も、全て吹っ飛ばしてしまう衝撃的なウエディングケーキがあるんです。

ケーキどころの騒ぎじゃない

神々しく鎮座し、「豪華絢爛」という言葉がいくつあっても敵わないこの迫力。降参です。これはもう、新郎新婦より目立つこと間違いなし。結婚式の主役も間違いなくキミだ。

花嫁かと思いましたが、それよりもはるかに巨大なケーキでした。

巨大なうえに、精巧

とにかく精巧で優美なそのつくりに度肝を抜かれます。

あまりにも大変な
「初めての共同作業」

もちろん入刀するんです。ケーキだもの。果たして綺麗に切り分けられるのでしょうか。

シャンデリアよろしくぶら下がり型。

国外にもお届け!
興味のある方はぜひ

前代未聞で前人未到なこれらのケーキを作っているのは、「Le Novelle Cake」というジャカルタのウエディング専門ベーカリー。なんと国外にもケーキをお届けしてくれるそう。

ちなみに、3段から8段まで選べるオーダーメイド製で、予約は半年〜1年前にはしてほしいそうなのでご注意。ケーキ自体は早めに食べたほうがいいけれど、購入後は冷やせば1週間は保存可能とのことです。ド派手な結婚式をしたい人、ぜひコンタクトを。

もっと写真が見たい人はFacebookInstagramもどうぞ。

Licensed material used with permission by LeNovelle Cake
カナダのパティスリー〈Finespuncakes〉では、独創的なケーキを次々製作。自宅で真似できそうにはないけれど、こんなケーキに憧れます。
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
“自分たちらしさ”を追求して張り切りすぎたあまり、結婚式前にゲストが出席しないかも、という問題を抱えてしまった新郎新婦。2人は共に数学者でした。数学が絡む...
「101-North」発表の動画はウエディングケーキのつまみ食いに性犯罪を例えたもの。「こんなに美味しそうに置くのが悪い。誘ってる!」こんな理論、つまみ食...
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
カラフルでぱっと華やぐお花もいいけれど、ぷくっとした肉厚に癒やされる多肉植物の魅力も捨てがたい。ガーデニングのこと?いえいえ、違います。 「ケーキ」の話で...
約50年前、ドイツ人のシェフとともに日本人好みのチーズケーキを開発したパティシエのお店「ガトーフリアン」は、異国情緒ただよう長崎県は南島原市にありました。
アメリカに今、「地味婚」の流れがある訳ではないでしょうが、お金をかけず自分たちで手づくりするウェディングは、むしろ彼の国の方が歴史は深いはず。ガーデンパー...
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
色とりどりのお菓子で溢れるRaymondさんのInstagramアカウント。見ていると幸せな気分になってくる。驚きなのは、このクオリティーの高さで独学だと...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
南極の冒険者を支援する団体「Antarctic Heritage Trust」が、100年前のものと見られるフルーツケーキを発見しました。ブリキの箱に入れ...
今日は結婚式。会場はカリブ海のまんなか。主役である花嫁はまるで人魚のよう…。まわりのゲストたちも水をかけて祝福しています。そんな夢のような結婚式を挙げたの...
61年前と同じ“種類”のケーキではなく、正真正銘そのときにつくられたものの一部を今も食べ続けているのだそうです。大丈夫なんでしょうか……。アンさん(82)...
ニューヨークのリプリーにある教会でJoshua NewvilleさんとEmily Leehanさんの結婚式が行われました。幸せな雰囲気のなか、順調に式は進...
カナダのバンクーバーに住むケセニア・ペンキナさんが作るのは、まるでガラスでできたように表面が反射している、鏡のムースケーキ。彼女のInstagramを見る...
アメリカでは、アイスクリームショップだけでなく、レストランやダイナーでも色とりどり、形もさまざまなアイスクリームケーキが販売されています。1カットだけ食べ...
「ブーケトス」といえば、結婚式に参加する女性たちが、ちょっとした闘争心と共に楽しみにしているもの。でも受け取れるのは、どうしたってひとりだけになってしまう...
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...