さらばウェディングケーキ。アメリカの結婚式で「ドーナツウォール」がじわじわ来ている

アメリカに今、「地味婚」の流れがある訳ではないでしょうが、お金をかけず自分たちで手づくりするウェディングは、むしろ彼の国の方が歴史は深いはず。

ガーデンパーティーのような小ぢんまりしたセレモニーに、過剰な装飾のケーキなんて必要なし!そんな感覚から、このアイデアが生まれたのかも。

二人の“えん”をつなぐ
甘〜いリングの壁

かつて、ウェディングケーキのデコレーションに並々ならぬこだわりがあったアメリカ人たちに異変あり。高さを誇ったケーキは、いつしかリアルな水晶を模したキャンディーが顔をのぞかせる「ジオードケーキ」へと形を変え、2016年ついにケーキすら姿を消し去りました。

それに取って代わったのが、この「ドーナツウォール」です。見たまんま、壁一面に均等に並べられたドーナツの壁。これが結婚式のおもてなしとしてトレンドになりつつあるんだそう。

どうやら、始まりはドーナツ屋さんのディスプレイからのようですが、それを真似てドーナツウォールを用意するウェディングプランナーたちもいるみたい。

「最新のウェディングケーキの流行を、先を越された友人の結婚式でチェックすることはできない」、と皮肉交じりに紹介する「Elite Daily」をはじめ、多くのメディアがこれを取り上げています。

ドーナツの穴を利用したディスプレイ、これが結構どれも個性を主張していておもしろいんです。たとえばウェルカムボードに添えたり、新郎新婦から参列者へのプチギフトとして、壁からドーナツを取らせたり。

サイズや高さを競うようなこれまでのケーキより、切り分けの必要もなく、安価で手に入るドーナツへとシフトしたのも、かけるところにはお金をかけ、必要ないところは徹底的に抑える、いかにもミレニアル世代らしい意識だと思いません?

ホームパーティーの
アイデアにどう?

Licensed material used with permission by lilelements
他の記事を見る
カナダのパティスリー〈Finespuncakes〉では、独創的なケーキを次々製作。自宅で真似できそうにはないけれど、こんなケーキに憧れます。
ロイ・リキテンスタイン、ジャクソン・ポロック、草間彌生などにインスパイアされてドーナッツの彫刻をつくっているのは、韓国出身の陶芸家Jae Yong Kim...
61年前と同じ“種類”のケーキではなく、正真正銘そのときにつくられたものの一部を今も食べ続けているのだそうです。大丈夫なんでしょうか……。アンさん(82)...
「ブーケトス」といえば、結婚式に参加する女性たちが、ちょっとした闘争心と共に楽しみにしているもの。でも受け取れるのは、どうしたってひとりだけになってしまう...
新しく誕生予定のロボットバーテンダーの名は「GUIDO」。イタリア語で「私は運転する」という意味で、自動運転ができるようになるんだそう。アプリで予約をし、...
花粉症の季節のヨーグルト図鑑。60秒で読めるヨーグル・レコメンド付き!
不幸だった14年の結婚生活に終止符を打つために、離婚記念パーティを開催したKimberly Santleben-Stitelerさん。彼女はウェディングド...
一生に一度の結婚式。もし自分でドレスを購入していたら、女性であれば思い出にとっておきたいことだろう。しかし、ホームレス経験があるというDawnettaさん...
7月22日から24日にわたって、ロンドンで開催された「Just Eat Food Festival」。ここに現れたスイーツ「Zebra Cro」が、ありえ...
メジャーなワイナリーであろうとなかろうと、魅力的なぶどう畑は、結婚式を挙げるのにはパーフェクトなロケーションだといえるでしょう。単純にワインは素晴らしいで...
「Vaev」という企業は、使用済みティッシュを販売しています。効果があるのかどうかは分かりません。オススメなんて絶対にしません。だけど、真面目にビジネスを...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
インドネシアのジャカルタにある「Le Novelle Cake」は、オーダーメイドで豪華絢爛なケーキを作るベーカリー。その作品はどれも豪華絢爛、繊細優美...
暑い日にこそ食べたくなる、冷たいそうめん。茹ですぎて余らせてしまった…そんな経験はありませんか?そんなとき、余ったそうめんでおいしいスイーツが作れるなら、...
海外旅行は年1、2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力!そんな私がいつか泊まろうと心に決めている(...
南極の冒険者を支援する団体「Antarctic Heritage Trust」が、100年前のものと見られるフルーツケーキを発見しました。ブリキの箱に入れ...
『Dancing With Her』は、世界初のレズビアン向けウェディング雑誌。先月オーストラリアで創刊されるや否や、各国のメディアに取り上げられている。...
みんなに祝福される、結婚式。ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」と...
約50年前、ドイツ人のシェフとともに日本人好みのチーズケーキを開発したパティシエのお店「ガトーフリアン」は、異国情緒ただよう長崎県は南島原市にありました。
オランダ東部にあるトゥウェンテ大学。この大学の敷地内には、9階建ての建物の側面に30mものクライミングウォールがあります。グリップの数は2500個。オラン...
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...