61年前のウェディングケーキを食べ続ける老夫婦

61年前と同じ“種類”のケーキではなく、正真正銘そのときにつくられたものの一部を今も食べ続けているのだそうです。大丈夫なんでしょうか……。

“1955年”のお味は?

© FLORIDA TODAY

アンさん(82)とその旦那さん(86)は、毎年8月になるとお皿にちょこんとのった黒いフルーツケーキ(!)を棚から取り出します。結婚式でカットしたものの一部だそう。「FLORIDA TODAY」に掲載されたコメントがこれまたスゴい。

 

「乾いちゃってたので、食べるためにブランデーにつけたの。味はまあ、問題ないわ。それからずっと食べてるのよ。随分長いこと続けているの。

腐りはしないけど、水分がからっきし。だから毎年湿らせてる。母が作ってくれたもので、一番上の段だったところよ」

 

幸い、家族が誰も食べたがらないのでまだなくなっていないとか。大きさは10cm×7.5cmほど残っているようです。

もはや恒例行事で、少しづつお祝いのために食べるのがお決まり。体に毒どころか「長生きの秘訣だわ」とも。

結婚式の思い出や母親の気持ちが詰まったものが半世紀以上残り続けていること自体が貴重とはいえ、まさかそれを食べ続けているとは。くれぐれもからだに気をつけてほしいところですが、なんとも微笑ましい話。末永くお幸せに!

Licensed material used with permission by FLORIDA TODAY
カナダのパティスリー〈Finespuncakes〉では、独創的なケーキを次々製作。自宅で真似できそうにはないけれど、こんなケーキに憧れます。
アメリカに今、「地味婚」の流れがある訳ではないでしょうが、お金をかけず自分たちで手づくりするウェディングは、むしろ彼の国の方が歴史は深いはず。ガーデンパー...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
南極の冒険者を支援する団体「Antarctic Heritage Trust」が、100年前のものと見られるフルーツケーキを発見しました。ブリキの箱に入れ...
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
60年前に挙げた結婚式、思い出せるような写真が一枚も残っていなかった老夫婦がいました。その後、9人の子ども、16人の孫、そして4人のひ孫に囲まれて幸せな時...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
「ブーケトス」といえば、結婚式に参加する女性たちが、ちょっとした闘争心と共に楽しみにしているもの。でも受け取れるのは、どうしたってひとりだけになってしまう...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
上空10,000メートル!航空機の中で結婚式を行ったカップルが話題に!More ABC US news | ABC Health News2014年11月...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
メジャーなワイナリーであろうとなかろうと、魅力的なぶどう畑は、結婚式を挙げるのにはパーフェクトなロケーションだといえるでしょう。単純にワインは素晴らしいで...
Jordyn Jensenは、23歳で結婚することを決意した。花嫁である彼女にとってドレス選びは重要なこと。そこで彼女が選んだのは、祖母が1962年の結婚...
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
ウェディング写真を中心に撮影する、フォトグラファーのAmber Robinsonさんが新しい被写体に選んだのは、自分の両親。たくさんの苦難をともに乗り越え...
一生に一度の結婚式。もし自分でドレスを購入していたら、女性であれば思い出にとっておきたいことだろう。しかし、ホームレス経験があるというDawnettaさん...
約50年前、ドイツ人のシェフとともに日本人好みのチーズケーキを開発したパティシエのお店「ガトーフリアン」は、異国情緒ただよう長崎県は南島原市にありました。
インドネシアのジャカルタにある「Le Novelle Cake」は、オーダーメイドで豪華絢爛なケーキを作るベーカリー。その作品はどれも豪華絢爛、繊細優美...
『Dancing With Her』は、世界初のレズビアン向けウェディング雑誌。先月オーストラリアで創刊されるや否や、各国のメディアに取り上げられている。...
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...