南極大陸で「100年前のケーキ」が発見される。

先月、南極の冒険者を支援する団体「Antarctic Heritage Trust」が、100年前のものと見られるフルーツケーキを発見し、大きな話題となりました。

ブリキの箱に入れられたケーキは”自然の冷凍庫”の中で保存され、今でも食べられそうなくらい保存状態は良好だとか。

南極大陸「最古の小屋」で
眠っていたケーキ

南極のアデア岬には、大陸最古の小屋があります。この小屋は、1910年から1913年にイギリスのロバート・スコットが率いた探検隊が使用したもの。

かつて南極点への人類初到達をかけた熾烈な競争が、ノルウェーとイギリスの間で起きました。ノルウェー隊を率いたのは、名探検家として知られていたロアール・アムンセン。そしてイギリス隊を率いたのが、軍人であるスコットでした。

結果はアムンセン隊の勝利。スコット隊も遅れて南極点に到達するものの、帰り道で遭難、そして帰らぬ人に。

Antarctic Heritage Trustがそんな歴史的遺構であるこの小屋の保全のために作業を進めていたところ、中から106年前に使われていた道具や食品が見つかったそうです。

肉や魚などの生ものはひどく傷んだ状態だったそうですが、このフルーツケーキだけは、箱や包み紙こそ劣化している状態だったものの、中身は食べられそうな状態なのだとか。

どうやら、それはイギリスのHuntley & Palmersというお菓子メーカーのものでした。栄養価が高いフルーツケーキは、南極の探検家には非常に好まれる食品だったようです。

実際に食べられるのか、どんな味なのか、そこも気になるところですが、フルーツケーキは南極特別保護地区の規定に従って、小屋の保全作業が全て終わったあと元の場所に戻される予定。

中身をちょっとだけ、チラ。

スコット隊が帰途で遭難し、全員が死亡したのは1912年3月29日と言われています。英国の誇りのために最後まで諦めなかった英雄たちの中には、たった2日間の食料しかないテントで、小屋に置いてきたフルーツケーキのことを思い出していた者もいたかもしれません。

アデア岬の小屋のフルーツケーキは、亡くなった隊員たちを弔うように、これから先もその場所にあり続けるのでしょう。

Licensed material used with permission by Antarctic Heritage Trust

関連する記事

アウターウェアブランド「OROS」から、細かすぎるほど多くの改良を加えた最新作が発表された。
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
「Airbnb」のサバティカルプログラム、第2弾は海洋保全に取り組むNGOオーシャン・コンサーバンシーと共催する「南極研究の旅」。
厳しい環境のなか、南極の調査チームを魅了した謎の現象とは?
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
南米大陸の南緯40度以南、そこから先がパタゴニアだ。アルゼンチンとペルーにまたがるこの広大な土地の「南」の果て、約1,000kmの海の向こうはもう、南極大...
いま、神戸市在住の“とあるサラリーマン”が大きな注目を集めています。大島義史さん、31歳。実は彼、2015年12月末から2016年1月中旬にかけて、かねて...
カナダのパティスリー〈Finespuncakes〉では、独創的なケーキを次々製作。自宅で真似できそうにはないけれど、こんなケーキに憧れます。
偉大なる探検家である彼の名前は、ロバート・ファルコン・スコット。イギリス海軍の軍人で、南極探検チームのリーダーを務めました。ショーン・アッシャーさん編集の...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
2004年に発売したNYスニーカーショップ「DQM」との名作コラボである「エアマックス90 “ベーコン”」が復刻発売。それを記念し、アメリカの大手食肉加工...
おうちカフェのお供にキュートで贅沢な味わいのチーズケーキはいかが?本格チーズケーキ「ねこねこチーズケーキ」は、食べる人の気持ちをキュンとさせてくれる逸品。
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
約50年前、ドイツ人のシェフとともに日本人好みのチーズケーキを開発したパティシエのお店「ガトーフリアン」は、異国情緒ただよう長崎県は南島原市にありました。
歴史が覆るかもしれない「古代地図」の存在とは!?ここでは「Collective-Evolution」に紹介された記事を紹介します。記事内で取り上げられてい...
18年間愛される黒いチーズケーキが名物外苑前でワインとスイーツを楽しめるカフェesola the lab〒107-0062 東京都港区南青山3丁目3-21...
100年前というと第1次世界大戦真っ只中。そんな遥か昔の、毎日の生活に役立つ知恵袋が、いま話題になっています。「現代のものだって100年後に通用するかは分...
今回は「りくろーおじさんの店」のチーズケーキ。大阪人なら「551蓬莱」と並ぶくらい必ず知っているフワフワでアツアツでめっちゃおいしいチーズケーキの魅力を紹...
かつて著名人のヘアメイキャップアーティストであった小澤高志氏が銀座のバーで日曜日だけ間借りしてスタートさせた小さなケーキ屋「ミラーケーキストア」。グルテン...
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
住所非公開、完全会員制。アイソレーションタンク、メディテーションルーム、クリエイティブラウンジを併設した新時代のリトリートラウンジ「UNBORN」がオンラ...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
普段何気なく着ているつもりのブラも、時代やマインドが反映されていることが分かるおもしろい結果に。
11月下旬、ペットケア製品を展開する企業「Mars Petcare」が開催した「Comedy Pet Photo Awards 2020」の総合優勝作品が...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...