「100年前の美しい日本」をカラーで振り返る40枚の写真

ここで紹介するのは、白黒写真に写った昔の日本風景に色をつけたもの。AIでカラーリングする技術もあるが、これは手塗りだ。

1900年前後の当時の雰囲気が伝わってくる。今の生活と見比べてみては?

01.

「100年前の美しい日本」

木造建築が立ち並ぶ街の大通り。平屋ばかりとは限らず、4階建のものも。

02.

「100年前の美しい日本」

和服を選ぶ女性たち。お買い物中だ。

03.

「100年前の美しい日本」

こちらは冬の装い。

04.

「100年前の美しい日本」

ズラッと履物が並ぶ、草履屋。

05.

「100年前の美しい日本」

こちらは、様々なものが雑多に置いてあるお店。コンビニのようなイメージだろうか。

06.

「100年前の美しい日本」

酒屋。樽が積み上げられている。

07.

「100年前の美しい日本」

果物屋。今も八百屋で見かける並べ方だ。

08.

「100年前の美しい日本」

骨董品屋。

09.

「100年前の美しい日本」

骨董品屋で子どものおもりをする女性。

10.

「100年前の美しい日本」

編み機を操る人。

11.

「100年前の美しい日本」

当時の人力タクシー。

12.

「100年前の美しい日本」

人力車では刺青をアピールする男性が。

13.

「100年前の美しい日本」

背中にびっしり彫っている人も。

14.

「100年前の美しい日本」

こちらは歌舞伎役者。

15.

「100年前の美しい日本」

行事の様子も。

16.

「100年前の美しい日本」

ちんどん屋。英語では「エンターテイナー」と紹介されている。

17.

「100年前の美しい日本」

三味線の演奏。

18.

「100年前の美しい日本」

踊りを踊る女性の姿。

19.

「100年前の美しい日本」

儀式のための演奏。

20.

「100年前の美しい日本」

賑やかなお祭りの様子。

21.

「100年前の美しい日本」 相撲

相撲に関わる人々の写真。

22.

「100年前の美しい日本」相撲

はっけよい。

23.

「100年前の美しい日本」相撲

のこった。

24.

「100年前の美しい日本」お坊さん

お坊さん。

25.

「100年前の美しい日本」男性

懐刀で勇ましい姿を写真に収める男性。

26.

「100年前の美しい日本」花を生ける女性

こちらはお花を生ける女性。その他にも、女性の仕事や生活の写真は多い。

27.

「100年前の美しい日本」女性

お茶を出す女性。

28.

「100年前の美しい日本」

こちらは茶道教室だろうか。

29.

「100年前の美しい日本」女性

背筋を伸ばして座っている様子。

30.

「100年前の美しい日本」女性

女子会のような場面。

31.

「100年前の美しい日本」女性

一服しているところ。

32.

「100年前の美しい日本」

畑で作業する人々。

33.

「100年前の美しい日本」

海沿いで働く人々。

34.

「100年前の美しい日本」女性

潮干狩りで貝をとる女性たち。

35.

「100年前の美しい日本」茶摘み

茶摘み。

36.

「100年前の美しい日本」

一服休憩する様子。

37.

「100年前の美しい日本」

碁を嗜む女性。

38.

「100年前の美しい日本」

ちょっとしたおしゃべりの様子もいくつか。

39.

「100年前の美しい日本」

おむかいさんとこんにちは?

40.

「100年前の美しい日本」桜

100年前の写真でも、色がつくだけでグッと身近に感じられる。

ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
ある日、62歳になる父が、昔アメリカの西海岸へ1年間旅をしたときの写真を見せてくれた。押入れの奥から取り出された写真アルバムのなかには、今まで知らなかった...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
今から見る写真は、バルセロナを拠点とする女性フォトグラファーのPaola Zanni氏が、日本を訪れたときに撮ったもの。テーマは『Japanese Lon...
ニュージーランド出身のデイモン・ベイさん。教師で写真家、芸術家でもある彼は「日本には身近すぎて気づけない美しさがある」と、写真を通してその魅力を伝えていま...
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
日本のベンチャー企業『株式会社TBM』が開発した、石灰石を使用した『LIMEX(ライメックス)』。これ、紙やプラスチックの代替となる新素材なんです。
ゲーム界における最新のトレンドといえば、定額制のサブスクゲームサービス。そんなクラウドゲーミングサービスに米「Amazon」が参入すると発表した。
「日本の魅力を、多くの人に知ってもらいたい。写真の中に、“和情緒”をそっと閉じこめる。観る人が懐かしい温かみのある「日本の雰囲気」を感じられるように。そん...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
夏らしい青空もないし、透き通った美しい海もない、なのにカラッとした心地いい日本の夏の「暑さ」を感じる写真たちです。撮影したのは東京在住のブラジル人フォトグ...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
2006年、バンクシーが手を加えてイギリス中の音楽ショップにばらまいたパリス・ヒルトンのデビューCD500枚。そのうちの1枚が、10月14日までオークショ...
Soberは、英語で「しらふ」と言う意味。つまり「SoberOctober」とは、10月の一ヶ月間禁酒をするチャレンジのことを示します。普段お酒を飲む頻度...
「日経BPコンサルティング」による創業100年以上と200年以上の企業数を国別に調査した「世界の長寿企業ランキング」で、ともに日本が1位になった。
国際的な風景写真コンテスト「International Landscape Photographer of the Year」は2019年度の受賞者を発表...
日本発のシーシャブランド「OCHILL(おちる)」は、新しいシーシャ「#吸うお茶」を作るプロジェクトを立ち上げた。当プロジェクトを通じて、日本らしい「Ch...
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
南北に伸びる日本列島。花満開の便りがようやく北海道に渡り、このゴールデンウィークに見ごろを迎えるようです。今年も日本全国が桜色に染まりました。Instag...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...