「誰も見たことがない日本」を捉えた11の動画

どんなに見慣れた風景も、見る人が変われば別世界にーーそんな"視点の違い"を如実に表しているのが、この11の動画ではないでしょうか。

このGIFアニメをつくったNina GeometrievaさんとDamjan Cvetkov-Dimitrovさんは、どうやらかなりのSF好き夫婦。なかでも特に印象が強かったのが一つ目の動画に登場する「中銀タワーカプセルビル」だったそう。

彼らだけが知っている、もう一つの東京を覗いてみましょう。

01.

6253ea65975b6aa4dec6fb9b502738d9a15d14cf8fbdab882f31f6131e3f4a81064d4c0da0840333Aa712895158a95b446180ead5ff54812027609b7

「中銀タワーカプセルビル」は、建築家の黒川紀章氏によるデザインで世界的に知られているカプセル型の集合住宅です。「メタボリズム(新陳代謝)」というコンセプトの元、一つひとつのブロックが交換できるよう設計されています。

2015年9月から「Airbnb」で宿泊ができるようになったこともあり、海外からの予約が殺到しているのだとか。

「アプリで建物が動くんだけど、かなり怖い」

なんてジョークも。

02.

4d99a8056ee51468dba7ea4b998f778b83dd848b

日本の「路地」を撮影する観光客が多い理由はコレかも。海外でも人気が高いSFアニメ作品『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』に例えており、「草薙素子が犯人を追っているあの光景を目の当たりにできる」と紹介しています。

とても細い路地ですが、キレイに清掃が行き届いている点にも驚いたそう。壁に投影される「クモ」の文字フォントにも好みが現れていますね。

03.

92525ad0792e8d5891b8f1fe65491935da0ce097

"そびえ立つ巨大な石"と彼らが表現したのは、港区にある「世界貿易センタービルディング」。たしかに重く冷たい鉄の塊のような重厚感が。

04.

44f5c18afa53b6b45ca0c703b21466be6991bdb8

ぎゅうぎゅう詰めに乱立している超高層ビル郡。まさに光り輝く摩天楼です。これも海外の人々が求めている東京らしさの一つなのかも。

マンションの中をモノレールが通り抜ける仕組みにはギョッとします。

05.

Edc1d4b2d60c4a0ea073016924803fade0851b43

よく見ると、右手にあるコインパーキングの出入口側にドローン専用の駐車場が。

東京は24時間眠らない街。買い物はアナログな方法の他に、個人に向けて空輸できるんです…なんちゃって。

06.

0fde1ea8643febb2a0946b394fb8b17ecbcda33d

しばらく見ていると、右手のビルの部屋が縦に移動しているのがわかります。どうやら、部屋が地下へと移動して徐々に入れ替わっていく仕組みに。

07.

54a3e2b9fbfe0ace52d81942a1a35bd8aba4bd01

残念ながら、先に紹介したカプセルのように交換というわけにはいきませんが、景色を眺めるためにちょっとだけ部屋が外に飛び出る仕様になっています。

部屋の中も十分快適ですが、外観だけでも満足できる、と彼らはコメント。

08.

5a0a44945eb381f57b916ab408ce4769375fe5dd

真っ白で管理の行き届いた誰もいない宿泊施設。エントランスでさえ人の姿が見られず不思議な空間が広がっている、と想像を膨らませます。

どんなからくりがあるのか、右手の窓から飛び出ている配線に何か秘密があるのかも…。

09.

A8a5d888a7b19043a9e14301401b7913ffa4d51a

大都市を包む灰色の空気。建物の色を染めて地上との境界線を消しているため、"無限の高さ"を感じるのだとか。

ところどころに感じられる動画への遊び心が、無機質なもう一つの東京を演出しています。

撮影したNina Geometrievaさんはこんなことを話してくれました。

「今では日本好きの外国人は珍しくなくなりました。でも、私たち夫婦はこの国を本当に愛していて、一般的な観光客があまり好まないような部分まで大好きなんです。多くの人に、こんな視点があるんだってことを知って欲しかったので、いい機会だと思っています」

作品は「Medium」に投稿され話題になったもの。斬新な視点とぼんやりと暗い不思議な世界観にはつい目が奪われちゃいますね。

Licensed material used with permission by Nina Geometrieva
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
2016年1月、初めて日本を訪れたイギリス人シネマトグラファーChristoph Gelepさん。5日間の東京滞在、夢中でカメラを回し続けた彼の目に映る東...
お茶は精神世界とつながっている。よくこんな表現がされますが、お茶を飲むことが私たちの創造力に磨きをかけてくれるという研究結果が出たようです。Valerio...
ある意味、好きな人にだけとどけばいい。
戸越銀座商店街や青物横丁商店街などがあり、何かと街ブラが楽しめる街、東京・品川区。がっつりランチやディナーを楽しむのもいいけど、ここでは「TO GO」(テ...
東京・品川での食事と聞くと、ビジネス街のイメージが強いので、ラーメンや働く人たちのサク飯を思い浮かべがち。でも、羽田空港や新幹線などの交通の要所なので、ち...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
東京・世田谷区に位置する豪徳寺。もしかしたら、都内で暮らしていても「駅名:豪徳寺」の印象しかない人も多いのでは。ですが、この閑静な住宅街の中にひっそりと佇...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。日本人にとっては当たり...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
今、日本には多くの外国人観光客が訪れています。富士山や京都も魅力的ですが、東京にも多くの魅力的な楽しみ方があると彼らは言います。ここでは世界旅行が大好きな...
四半世紀に渡ってヨーロッパ暮らしをしているというジャーナリストの片野優さんと、ライターの須貝典子さん夫婦。彼らは雑誌の取材でヨーロッパ中を駆け巡り、そこで...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
長年にわたり世界中の「お酢」を探求してきた専門家が語る、お酢の魅力。
これらの写真を見ていて、映画「ブレードランナー」を思い出した。1982年に公開された作品は、サイバーパンクSFという新ジャンルを確立した。その世界観は、退...
イギリス人デジタルアーティストのJames Gilleardさんが訪日した際に体験した、都会から田舎までの道のりを描いた「Japan By Car」作品が...
普段何気なく暮らしている東京の街を、外国人が見るとどう感じるのか?こうしたコンテンツは、文化の違いが見てとれるのでかなり好物。「そんなものに興味を示すの?...
2016年7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計...
エネルギッシュな街には、うまいラーメン屋が多い。ビジネスと交通の中心地「品川」もそんな街のひとつだと思う。昼も夜も、多くの人が行き交うこの街で、それぞれ五...
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...