「ゴッホの左耳」が登場する「未来と芸術展」が六本木で開催

11月19日から東京・六本木の「森美術館」で、近未来の人間像を考察するための展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命──人は明日どう生きるのか」が開催。

テーマは「テクノロジーの進化によって大きく変化する人間の近未来」。

この展覧会では、「都市の新たな可能性」「ネオ・メタボリズム建築へ」「ライフスタイルとデザインの革新」「身体と拡張の倫理」「変容する社会と人間」の5つのセクションを用意。

作品は100点を超え、なかには最新のバイオ技術が活用された作品が並ぶ「バイオ・アトリエ」を設置。自ら耳を切り落としたことで知られる、オランダの画家・ゴッホの左耳を再現した作品も登場。ちなみに、なんとこの作品、ゴッホの親族のDNAを基にして作ったとのこと。

開催期間は2020年3月29日まで。一般1800円(税込)、学生(高校生・大学生)1500円、子ども(4歳〜中学生)600円で入場できる。

「森美術館」は、この展覧会のタイトルをIBMが開発した人工知能「Watson」との協働で決定。テクノロジー発達の影響はタイトリングにまで及んでいる。ここだけの話、「この記事のタイトルもAIがつけてくれればいいのに......」とボヤかないワケにはいかない。

Top image: © ディムート・シュトレーベ《シュガーベイブ》2014年-
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

六本木で有機野菜のビュッフェを楽しめる グリーンハウス併設のオーガニックカフェ.RAW〒106-0032 東京都港区六本木5-10-32 1Fhttps:...
本場の味・ボリューム・雰囲気がそのまま!ステーキハウス激戦区・NYの名店が日本上陸BENJAMIN STEAK HOUSE〒106-0032 東京都港区六...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
30種類のキノコの秘伝スープが決め手六本木にあるキノコだけのしゃぶしゃぶ専門店Shangri-La's secret〒106-0032 東京都港区 六本木...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
来年4月22日(木)より、70代以上の女性アーティストに注目した「アナザーエナジー展」が東京・六本木の「森美術館」で開催される。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
資生堂のボディケアブランド「シーブリーズ」と赤城乳業株式会社の「ガリガリ君」のコラボ商品が4月下旬より数量限定で発売。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...