“前代未聞”の「北斎展」が今夏、六本木に出現!

世界的にも著名な日本を代表する浮世絵師、葛飾北斎(1760-1849)。

そんな北斎の生誕260年を記念して、「東京ミッドタウン ホール」にて“前代未聞”の特別展が開催される。

©葛飾北斎 「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」 山口県立萩美術館・浦上記念館蔵(浦上コレクション)

展覧会では、北斎作品を収集する著名コレクターの協力によって、代表作である『北斎漫画』『冨嶽三十六景』『富嶽百景』の全点、全図、全ページが用意。

さらに、フランスで開催された「北斎展」の会場デザインを手掛けた経験を持つ建築家の田根剛氏が会場を演出したり、アートディレクターの祖父江慎氏がグラフィックを担当したりと、北斎にゆかりのある人物らが展示会をサポートしている。

また、世界最高峰の文化財デジタルアーカイブ実績を誇る「凸版印刷」が、本展のために、和紙の繊維まで確認できるほど高精細なデジタル画像を用意したりと、北斎の作品をさまざまな角度から楽しめる展示会になっているようだ。

展覧会は7月22日~9月17日(予定)。

日本人にとっては、知らない人はいない作品の数々だが、意外に実物を見たことがあるという人は少ないのではないだろうか?

もし興味がある方は、この貴重な機会をお見逃しないように。

©葛飾北斎 『富嶽百景』二編 浦上満氏蔵
©建築家・田根剛氏によるデジタル展示プラン (イメージは構想段階のものです)

『生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」』
【会期】2021年7月22日(木)~9月17日(金)
【会場】東京ミッドタウン・ホール[ 東京ミッドタウン B1 ]
【休館日】8月10日(火)8月24日(火)9月7日(火)
【展示替え】前期:7/22(木)~8/9(月) 後期:8/11(水・祝)~9/17(金)

Top image: © 建築家・田根剛氏による『北斎漫画』展示プラン(イメージは構想段階のものです)
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

日本を代表する画家「葛飾北斎」。日本だけではなく世界中で愛されている北斎だが、そんな北斎の「幻の挿絵」が「大英博物館」のオンラインで公開されることになった。
葛飾北斎——誰もが知るその名前。でも、私たちは同じ日本人であるのにも関わらず北斎の本当の凄さを知らないのかもしれない。現在開催中の「北斎とジャポニスム」展...
『富嶽三十六景』といえば、かの有名な浮世絵師、葛飾北斎の代表作。その中でも『神奈川沖浪裏』は、世界でもっとも有名な日本美術作品の一つだと言われています。描...
リオ五輪が約1ヶ月後に開幕を控えていますが、4年後の2020年「東京五輪」もあっという間に目の前に迫ってきそうです。そんな東京五輪の前年である2019年ま...
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
今夏7月16日(金)~全56日間開催れる新感覚デジタルアート展「巨大映像で迫る五大絵師」 −北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−のチケットが先週21日(金...
六本木で有機野菜のビュッフェを楽しめる グリーンハウス併設のオーガニックカフェ.RAW〒106-0032 東京都港区六本木5-10-32 1Fhttps:...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
7月10日の深夜0:00から、東京・品川の「Sameギャラリー」で開催される「盗めるアート展」は、国内外アーティストの作品を“盗める”アート展。セキュリテ...
六本木アートナイトとは、何気ない気持ちでふらりと立ち寄った人たちでさえも魅了する都会の祭り。一度、足を踏み入れてしまったものなら誰しも、次の宴が待ち遠しく...
「スノーピーク」が2024年春、栃木県鹿沼市に関東初となる直営キャンプフィールドを開業することが発表された。
4月2日、「Google Arts&Culture」のアプリ版に新機能「Art Transfer」が追加された。Art Transferでは、その場で撮っ...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
お酒は一切なし。日本初の完全ノンアルコールバー「0%」が、本日7月16日、六本木にオープン。
本場の味・ボリューム・雰囲気がそのまま!ステーキハウス激戦区・NYの名店が日本上陸BENJAMIN STEAK HOUSE〒106-0032 東京都港区六...
30種類のキノコの秘伝スープが決め手六本木にあるキノコだけのしゃぶしゃぶ専門店Shangri-La's secret〒106-0032 東京都港区 六本木...
デヴィッド・ボウイの遺作『★(ブラック・スター)』は、とてもクリエイティブな作品だった。新世代のジャズ・ミュージシャンなどが参加したという事実からも、作品...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
おうち時間が増え、塗り絵ブームが加速するなか、北斎、歌麿、写楽などの名作浮世絵塗り絵に、「トンボ鉛筆」の大ヒット水性グラフィックマーカー「ABT(厳選7色...
オランダの「マウリッツハイス美術館」が、この夏、「Smell the Art: Fleeting – Scents in Colour(アートを嗅ごう:色...
7月18日〜24日の間、静岡県富士宮市にあるキャンプ場「ふもとっぱら」で「KAWS:HOLIDAY(カウズ:ホリデイ)」が開催されることになった。
世界的アーティストKAWSが日本初となる大型展覧会を7月に開催する。「ディオール」から「ユニクロ」まで幅広いファッションブランドとコラボするなど、時代を代...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
季節にあわせて変わっていく自分を楽しむあなたは、美人です。
六本木・森美術館で6月11日(日)まで開催中の『N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-』が、SNSに特化した(とも思える)独特の手法で展示をし、観客を集め、...
オープン目前の「チームラボ & TikTok チームラボリコネクト:アートとサウナ 六本木」を徹底取材。
2日間限定のイベントとして9月に開催された「DOMDOM in 六本木」が、大盛況につき追加開催決定。
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
古来より、日本では武将や天皇、ヨーロッパでは王族や貴族などが、その時代の有名または新進気鋭の画家たちに描かせてきた自身の肖像画や領地の絵。今でも有名画家に...
来年4月22日(木)より、70代以上の女性アーティストに注目した「アナザーエナジー展」が東京・六本木の「森美術館」で開催される。