必聴・必見「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」開催中

音楽について語ることは
建築について踊るようなものだ

という言葉の紹介に、なるほどそうかも、と考えさせられた企画展「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」 が、6月29日(金)から21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2で開催中。

コーネリアスこと小山田圭吾さんが展覧会のために書き下ろした新曲『AUDIO ARCHITECTURE』を、中村勇吾さんディレクションのもと、気鋭の作家たちによるそれぞれの視点から解釈した映像作品で表現する展示です。

つい先日、おふたりが担当していた「谷川俊太郎展」の空間演出にノックアウトされた身として、無視してはいけない内容に違いない! と意気込んで参加したところ、予想的中。

ところで、ディレクターズ・メッセージに書かれていた、建築について踊るようなもの、ってどういう意味だろか? と、はじめはなんどか読み返しちゃいましたが、つまりはそういうこと。

ほんと音楽って語るのが難しい、というかそもそも語るためのものでもないし、無理なんだから、建築を踊るっていう言うくらい意味がわからないことだよね、と表現しているようです。音楽を、音楽以外のメディアによって表現し尽くすことは不可能ということ。

なのだけど、そこに敢えて挑戦しようと生み出したのが、この音楽建築空間ってわけです。

©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO

参加作家は、稲垣哲朗、梅田宏明、大西景太、折笠 良、辻川幸一郎(GLASSLOFT)×バスキュール×北千住デザイン、勅使河原一雅、水尻自子、UCNV、ユーフラテス(石川将也)+阿部 舜。

中村勇吾さんが表現者を呼ぶにあたり決めた基準は、すごく独自で、何かの流派にまったく属していなくて、それゆえ普遍的なことをやっている人だそう。結果、ほんとにバラッバラでおもしろい、9つの方法によって楽曲が表現されていました。どうやら参加したみなさん的にも興奮の内容だったようで、だれもが朗らかな語り口でそれぞれの映像作品を説明していたのが印象に残っています。

ハッキリ言って、言葉で説明するのが申し訳なくなるくらい、むきだしの体験型展示。音楽を視覚・聴覚・知覚で体験できるし、なかには作品を見ているだけで感触を楽しめるものも。ピタゴラスイッチをぼんやり眺めたり、映像がバグったときに出るグリッチ表現が大好きな人にもオススメ。

そうこう全身全霊で刺激を満喫して展示空間を出ると、会場で販売されている新曲『AUDIO ARCHITECTURE』の7インチレコードを買わずにはいられない心理状態になっていました。北山雅和さんがデザインしたレコードスリーブも特別だし、ここでしか売ってないのでレア盤必至。もういろんな要素がありすぎて、お財布事情やらなんやらというあらゆるネガティブシンキングをかき消していただいた次第で。というのは個人的な話なんですが。

中村勇吾さんは、音楽をリリースするときの新しい提示のしかたとして、“曲と一緒に空間をつくる”という可能性があるのではないか、とも話していました。

レコード、CD、ストリーミング配信、ライブ、いろんなリリースのしかたがあるけれど、そのひとつとして「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」という選択肢。またしてもなるほどな〜と。そんなわけで音楽好きのみなさん、この新譜はお見逃しなく!必聴・必見です。

 

詳しくはコチラから。

 

21_21 DESIGN SIGHTで、2018年6月29日より、企画展「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」が開催中。

私たちが普段なにげなく親しんでいる音楽は、音色や音域、音量、リズムといった様々な要素によって緻密にデザインされた構造物(アーキテクチャ)であると言えます。しかし、日常の中でその成り立ちや構造について特別に意識する機会は少ないのではないでしょうか。

Wonderwall 片山正通が会場構成を担当したダイナミックな空間に、ひとつの楽曲と複数の映像作品を繰り返し再生することで、「音楽建築空間」の構築を試みます。
音楽、映像、空間が一体となった会場で、音楽への新鮮な視点を発見してください。

会期
2018年6月29日(金)- 10月14日(日)
会場
21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2
休館日
火曜日
開館時間
10:00 - 19:00(入場は18:30まで)
入館料
一般 1,100円、大学生 800円、高校生 500円、中学生以下無料
各種割引については
ご利用案内をご覧ください
主催
21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団
後援
文化庁、経済産業省、港区教育委員会
特別協賛
三井不動産株式会社
協力
キヤノン株式会社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社、株式会社ヤマハミュージックジャパン
展覧会ディレクター
中村勇吾
音楽
小山田圭吾(Cornelius)
会場構成
片山正通(Wonderwall)
参加作家
稲垣哲朗、梅田宏明、大西景太、折笠 良、辻川幸一郎(GLASSLOFT)×バスキュール×北千住デザイン、勅使河原一雅、水尻自子、UCNV、ユーフラテス(石川将也)+阿部 舜
技術監修
遠藤 豊(LUFTZUG)
グラフィックデザイン
北山雅和(Help!)
テキスト
ドミニク・チェン
21_21 DESIGN SIGHTディレクター
三宅一生、佐藤 卓、深澤直人
アソシエイトディレクター
川上典李子
Top Image:会場風景(ギャラリー1入り口)© Atsushi Nakamichi(Nacasa & Partners Inc.)

関連する記事

「AUMEO AUDIO(オウメオ オーディオ)」は、自分が聴きやすい周波数の音を流してくれるアイテム。よりいい音で音楽で楽しみたい人へ。
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
フィンランドのさまざなプロダクトを集約した類稀なるデザイン展 「WILD AT HEART」が今月12日(月)まで「駐日フィンランド大使館」敷地内のパビリ...
4月に開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」に、音の風景が展示される。
4月21日に米「facebook」が運営する「Instagram」はいじめやヘイトスピーチの対策機能を追加すると発表。新しく追加される機能は「フォロー外か...
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
7月10日の深夜0:00から、東京・品川の「Sameギャラリー」で開催される「盗めるアート展」は、国内外アーティストの作品を“盗める”アート展。セキュリテ...
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
花とゾンビをテーマにしたアート展「FLOWER ZOMBIE(フラワーゾンビ)」が原宿「Joint Gallery」にて、10月24日〜27日の4日間限定...
10月26日と27日の2日間、食べることをテーマにした「もぐもぐ展」が「デザインフェスタギャラリー原宿」にて開催される。
発酵食品仕込み教室「神楽坂発酵美⼈堂」が、天然のヒト型セラミド配合した「オーガニック セラミド甘酒」をリニューアル発売。
横浜の「アソビル」で開催されている「バンクシー展 天才か反逆者か」の会期が10月4日(日)まで延長となった。
世界最大級の大英博物館で、2019年、大規模な日本の漫画展が開催予定!展示内容は、ポケットモンスターやONE PIECE、ボーイズラブまであるとのこと。
漫画『ドラえもん』の1コマを選び、アートとして鑑賞する「ドラえもん1コマ拡大鑑賞展」が、渋谷PARCOで明日13日(土)から開催。
素材やデザインにこだわり、ファッション性に特化したオーディオ搭載眼鏡「Fauna Audio Glasses」が「Makuake」に登場。
11月19日から東京・六本木の「森美術館」で近未来の人間像を考察するための展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命——人は明日どう生きるか」が開催。
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...
来年4月22日(木)より、70代以上の女性アーティストに注目した「アナザーエナジー展」が東京・六本木の「森美術館」で開催される。
“おっぱい”がテーマの移動式現代アート展覧会「おっぱい展」を主催する「and GALLERY」が、来る10月、「ピンクリボン月間」にちなんだキャンペーンを実施!
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
街中に溢れる日常の些細な音が、オーケストラ団員により再現されている動画がおもしろい。楽器を使って再現される音は、リアルすぎて中毒性が高いんです!
『AKIRA』の音楽に焦点を当てた常設展示が「日本科学未来館」に誕生するという。「『AKIRA』の音 不朽のアニメ映画を彩る未知のサウンド」と題された同展...
糸井重里氏が主催する「ほぼ日刊イトイ新聞」が作る“街のフェス”「生活のたのしみ展」が2020年は東京・丸の内、新宿、福岡の3ヵ所で開催。期間は丸の内で3月...
京都の音楽シーンを担うインディーズバンドが集結する無料ライブイベント「京音-KYOTO-」が今年も開催!第1回目は今月30日で「The Fax」「the ...
10月16日より、ビジュアルアーティストであるフランキー・スィーヒさんのアート展「Full Circle」が「RVCA SHIBUYA GALLERY」に...
「NASA」が天の川から得られたデータを音に変換。不規則ながらも幻想的な1曲がYouTubeにアップロードされ注目を集めている。
2019年12月6日〜2020年3月2日、「d47 MUSEUM」にて「着る47展」開催。
心をくすぐるフレンチファッションを展開する「アニエスベー」。現在、彼女にとって日本初の写真展「5 days in Moscow, 1987」が開催されている。
「スマスイ」の愛称で親しまれている兵庫県の須磨海浜水族園では、キモチ悪いけれどもどこかかわいい「キモかわ」な生きものを集めた企画展「キモかわ展」を11月7...
ARアプリで館内の作品をかざし、出てくる立体パズルを解きながら進んでいくアート展「あなたが動かすアート展 ~おくびょうキュリオと孤独な絵描き~」が「池袋P...