作品を「盗んでもOK」なアート展

「作品を持ち帰られる方を“アート泥棒様”と呼ばせて頂きます」

「本展示場にて盗んで良いのは、展示されている作品のみとさせて頂きます」

「盗む作品は一組につき一点限りとさせていただきます。(キャッツアイ様の場合は3人で1点のみ泥棒可)」

7月10日の深夜0:00から、東京・品川にある「Sameギャラリー」で開催される「盗めるアート展(Stealable Art Exhibition) 」は、国内外で活躍するアーティストの作品で構成される、文字通り“盗める”アート展だ。

会期中、会場にはセキュリティを置かず、24時間無人営業し、アーティストの作品は、来場者が自由に持って帰って (盗んで)よいものとして展示される。

現代における芸術作品のあり様を、違った角度から捉え直す機会となる本展。アートに興味のある人だけでなく、「家の壁が寂しいから何か飾りたい」「絵画泥棒をやってみたかったけどできなかった」といった人たちの来場も大歓迎だという。

なお、そのほかの注意事項として「近隣の迷惑にならないよう静かに、ほかのアート泥棒様とも譲り合いながら、マナーのある泥棒行為をおこない、盗んだ作品の梱包、運搬まですべて自己責任でお願いしたい」とのこと。

全作品が盗まれた場合は、期間中でもその時点で閉展となる。

展示される作品はもちろん、アート泥棒様たちの華麗な盗みっぷりも非常に気になるところだ。

©2020 samegallery

盗めるアート展」

【公式ホームページ】https://samegallery.com/

Top image: © 2020 samegallery
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

Twitterのツイートを額に入れてアート作品として販売する会社がある。売れ筋の作品は、Donaldo Trump氏やKanye West氏のウィットに富...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
10月24日、25日の2日間、パリの美術館「グラン・パレ」を舞台にした宝探し「WANTED!(ウォンテッド!)」が開催される。入場料も参加費も無料なのに、...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
2月に発売された「MOFT多機能キャリーケース」は、「PCスタンド+保護ケース+小物入れ」をひとつにまとめた優れ物。しかも、保護ケースからスタンドへの変身...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...