アート作品が無料でもらえる!?「グラン・パレ」の宝探し

10月24日、25日の2日間、パリの美術館「グラン・パレ」を舞台にした宝探し「WANTED!(ウォンテッド!)」が開催される。

入場料も参加費も無料なのに、美術館中に隠された「ギャラリー・ペロタン」のアート作品20点は「見つけた人が持ち帰っていい」という太っ腹仕様。

「グラン・パレ」の改装に向けた一時閉鎖が迫るなか、「歴史的な会場とアート作品を掛け合わせた、楽しい宝探しをしよう」をコンセプトにしているだけあり、会場もお宝もじつに豪華。

それぞれの作品を紹介した投稿には「見つけて、自分のものにしてね!」「ゲットも夢じゃない!この作品がグラン・パレに登場!質問はひとつだけ、どーこだ?」といった遊び心満点のセリフ付きで、開催前からワクワクできる。

そうそうたる参加アーティストのなかには、日本が誇る現代アーティスト・村上隆氏も「お宝」として作品を提供。代名詞ともいえる「フラワー・ボール」が一体誰の手に渡るのか、最後まで見逃せない。

リアル参加のチケットは売り切れているが、当日はオンラインでも楽しめるため、公式サイトを要チェック!

© wanted__gp/Instagram
Top image: © 2020 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事