「ステレオタイプ」に問題提起をする、インスタで話題のアート作品

昨今、注目を浴びている“社会に問題提起をするアート”

それは、普段見て見ぬふりをして過ごしがちなことに、あらためて目を向け考えさせてくれる。

ダラスを拠点に活動するグラフィックデザイナー・Dena Nguyenの「This Is America」シリーズも、そんな作品の一つ。

さまざまな社会問題を、ポップで奇抜な「デザイン」と顔から離脱した口元に書かれている「シンプルな主張」によってオーディエンスに訴えかける。

本シリーズの最初は、アジア系女性をモチーフにした作品。女性の髪と顔から外れた口元に桜の花が散りばめられており、口に書かれている言葉は「We are not a virus(私たちはウイルスじゃない)」

新型コロナウイルス(COVID-19)の発祥が中国だといわれていることでアジア系人種に差別が生まれているのを受け、彼女はアートを通してその行為は間違っていると主張しているのだ。

この作品をきっかけに、フォロワーからは「ほかの社会問題でも作って欲しい!」と要望が殺到。

「人種」「民族性」「性別」の問題を中心に、彼女の思わず目を引く独特なタッチとストレートなメッセージは、観る者をはっとさせる。

© denanguyencom/Instagram
© denanguyencom/Instagram
© denanguyencom/Instagram
Top image: © 2020 Dena Nguyen
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

この記事では、ステレオタイプ(固定概念)の意味や語源、身近な用例などを解説しています。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
10月24日、25日の2日間、パリの美術館「グラン・パレ」を舞台にした宝探し「WANTED!(ウォンテッド!)」が開催される。入場料も参加費も無料なのに、...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
Twitterのツイートを額に入れてアート作品として販売する会社がある。売れ筋の作品は、Donaldo Trump氏やKanye West氏のウィットに富...
彫刻アートを通して社会問題についてうったえてきた、オーストリアの彫刻家、Erwin Wurm。彼の新しいアート・プロジェクトがブルックリンで開催されている。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...