「ステレオタイプ」に問題提起をする、インスタで話題のアート作品

昨今、注目を浴びている“社会に問題提起をするアート”

それは、普段見て見ぬふりをして過ごしがちなことに、あらためて目を向け考えさせてくれる。

ダラスを拠点に活動するグラフィックデザイナー・Dena Nguyenの「This Is America」シリーズも、そんな作品の一つ。

さまざまな社会問題を、ポップで奇抜な「デザイン」と顔から離脱した口元に書かれている「シンプルな主張」によってオーディエンスに訴えかける。

本シリーズの最初は、アジア系女性をモチーフにした作品。女性の髪と顔から外れた口元に桜の花が散りばめられており、口に書かれている言葉は「We are not a virus(私たちはウイルスじゃない)」

新型コロナウイルス(COVID-19)の発祥が中国だといわれていることでアジア系人種に差別が生まれているのを受け、彼女はアートを通してその行為は間違っていると主張しているのだ。

この作品をきっかけに、フォロワーからは「ほかの社会問題でも作って欲しい!」と要望が殺到。

「人種」「民族性」「性別」の問題を中心に、彼女の思わず目を引く独特なタッチとストレートなメッセージは、観る者をはっとさせる。

© denanguyencom/Instagram
© denanguyencom/Instagram
© denanguyencom/Instagram
Top image: © 2020 Dena Nguyen
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
この記事では、ステレオタイプ(固定概念)の意味や語源、身近な用例などを解説しています。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
Twitterのツイートを額に入れてアート作品として販売する会社がある。売れ筋の作品は、Donaldo Trump氏やKanye West氏のウィットに富...
米「Amazon」は、昨年同社が開催した人工知能(AI)をテーマにしたイベント「re:MARS 2019」において「StyleSnap」という技術を発表。...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
彫刻アートを通して社会問題についてうったえてきた、オーストリアの彫刻家、Erwin Wurm。彼の新しいアート・プロジェクトがブルックリンで開催されている。
回収用に設置された自動販売機に空のペットボトルを入れるだけ。
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。
Denver Art Museum(デンバー美術館)で現在展示されているJonathan Saizさんのアート作品が話題。1万もの小さな絵から成るこの作品...
暗闇で光るエコバッグは、特許技術のオーロラのように反射するリフレクター(反射材)を用いて、夜道での安全面とデザイン性の高い普遍的なプロダクトを提案する暗闇...
Yujia Huさんは、寿司でいろんな有名人やハイブランドプロダクトを作り上げています。
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
2019年1月19日から、コンテンポラリーアーティストKAWSによる巨大なアートが、台湾・台北の中正紀念堂の前に足を伸ばすようなかたちで設置されています。...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサステイナブルな...
1921年から「エスキモー・パイ」を販売する企業「Dreyer’s Grand Ice Cream」が、同商品の名称を変更すると発表した。
7⽉1⽇、着るクーラー「REON POCKET」が「ソニー株式会社」から発売された。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
オランダで9月16日まで開催されているアートイベント「Into Nature」。そこには、ただ見るだけではなく泊まって楽しめるインスタレーション「Esca...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
7月10日の深夜0:00から、東京・品川の「Sameギャラリー」で開催される「盗めるアート展」は、国内外アーティストの作品を“盗める”アート展。セキュリテ...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...