肉を食べる人は見落としがちな、絵の「違和感」。

可愛い動物の絵かと思ったら、
なにかがオカシイ…。

これらの絵は、Art&Almondsさんが描いたもの。種類に関係なく、どの動物も生き物であるのに、「どうしてこの動物は食べて良くて、あの動物はダメなどと言えるのだろう?」と、“命の矛盾”について疑問を投げかけている。

当たり前のように聞こえるけれど、今となってはArt&Almondsさんのように疑問視する人は多くないのが現実だろう。

また、ハムやソーセージなどが描かれた絵は、無邪気そうに加工製品を頬張る子どもたちにも、製品になる前のイメージを少しでも持ってもらえたら、という思いで描いたそう。

これを機に、私たちが当たり前に思っている物事に隠れた矛盾について、誰かと話してみるのもいいかもしれない。

Licensed material used with permission by Carolin Günther, (Facebook), (Instagram)
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
動物の細胞から人工的に作り出されたお肉を提供する「Memphis Meat」。痛みの少ない方法で動物から摂取された細胞を培養することで「クリーンミート」と...
アーティストのLipstick Lexの描く絵はすべて、自らの唇と口紅を使って描かれている。口紅を絵筆のように握り描いて、恋人にキスするようにやさしくキス...
8月7日、ドイツの社会民主党と緑の党の議員たちが、肉製品の軽減税率(7%)を廃止し、付加価値税率(19%)を適用することを提案した。
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...