お肉大好きアルゼンチンの人たちが愛してやまない食べ方

日本で昨今ブームの「牛カツ」ですが、アルゼンチンにも牛肉にパン粉をつけて揚げ焼きにした「ミラネッサ」という料理があります。これ、お肉を薄く叩いて作るから、少量の油でつくることができ、処理にも困りません。

アルゼンチンに持ち込まれた
イタリア移民の「牛カツ」

アルゼンチンへと渡ってきたイタリアからの移民たちが、イタリアンをベースにしてつくったとされているのが、このミラネッサです。名前からもなんとなく推測がつくでしょ。

以来、「肉が主食」とまで言われるほどにお肉好きが多いアルゼンティーナたちの、ソウルフードのひとつにまで。現地では、付け合わせの野菜とともに食されますが、ビールとも、もちろんごはんのおかずにもピッタリ。

薄さが決め手、
後片付けもラクラク

<材料:1人分>
・牛ステーキ肉:1枚
・塩コショウ:適量
・小麦粉:適量
・パン粉:適量
・サラダ油:適量

・A卵:1個
・A牛乳:大さじ1
・A粉チーズ:大さじ1
・Aパセリ:大さじ1/2

<つくり方>

まずは、牛ステーキ肉を綿棒でたたいて薄くのばし(5ミリ程度)、塩コショウを振ったら全体に小麦粉をまぶし、よく混ぜたAを絡めていきます。パン粉をまぶしたら、フライパンにサラダ油を高さ1センチまで入れて揚げ焼きにしていきます。油の節約にもなって、後処理にも手間をかけないミラネッサ。ぜひお試しあれ。

世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
世界には“餃子ライク”な料理が結構あります。そのひとつ、アルゼンチンの「エンパナーダ」。100%の牛ひき肉に、トマトや干しぶどう、オリーブなどを入れてつく...
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
栃木県小山市で予約の取れない焼肉店「うしやのせがれ」をご紹介。牛農家の息子が厳選する、おやま和牛を中心としたその日一番いい肉の盛り合わせや、名物の赤身肉3...
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
食材を昆布ではさみ冷蔵庫で寝かせる。お刺身をはさんでつくるイメージが強いかもしれませんが、お肉をはさんでもこれが美味!
世界中にデザートは数あれど、これほどシンプルで素朴な味わいなものは、そう多くないはずです。「ナティーヤス・ピウラナス」という名のアルゼンチンのプリン。黒砂...
高級和牛の代表格、三重県の松阪牛(まつさかうし)。ビールを飲ませるという贅沢な育て方でご存知の方も多いはず。ここで紹介している「松阪牛 しぐれ煮」は、甘辛...
イタリア人の「おいしい」の表現方法は、じつに多様。さすがほめ上手な国民性ってところでしょうか。
「Arby's」というファストフード店が、肉でできた野菜「Megetables」を作ることに。
ピクルスって、好き嫌いがはっきり分かれる食べ物ですよね。好きな人は一度にいくらでも食べることができるでしょうが、あのままカリカリと食べるほかは、ピクルスを...
今回、栃木県小山市で見つけた行列の先にあったもの、それは、「おとん」のメンチカツ。ちなみにその「おとん」ってのは、お父さんのことではありませんよ。小山のブ...
在日3年のスイス人の友だちがいます。その彼が故郷を懐かしんでつくる料理があると聞き、教えてもらったのが「ゲシュネッツェルテス」という濃厚クリームソースの一...
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
2019年4月にスイスの食品会社ネスレが、植物性の人工肉を販売すると発表しました。
ミートボールに代表されるように、ひき肉を使った料理が多いデンマーク。なかでもボリューム満点で、日本人にも親しみやすいガッツリ系のメニューを紹介しましょう。...
これは「スペッツァティーノ」という名のイタリアン。肉を切ってさっと煮込んだ料理という意味なのですが、これをマンマの要領でちゃっちゃとつくるのは、慣れていな...
小学校のカリキュラムに「映画」が追加されたアルゼンチン。「VARIETY」によると、7つの州に限定されていますが、2016年の8月からプログラムはすでに開...
001 大陸:南米002 国名:アルゼンチン003 地名:パタゴニア、フィッツロイ山004 日付:2012.04.04「この景色、ずっと見ていたい」Abo...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...