トコトンおいしく肉を食べたい!「ソロキャン極厚鉄板」

アウトドア向けの調理器具は軽さを追求したものが多くを占めるが、「肉をおいしく焼くなら極厚の鉄板でしょ!」という強い信念を感じさせるのが、この極厚鉄板「厚熱 atsu-atsu(アツアツ)」

9mmという極厚の理由はただ一つ......鉄板が厚いほど肉はおいしく焼けるから。じっくりゆっくり火を通すことで、鶏肉は肉汁たっぷりジューシーに、豚肉は時短でやわからかに仕上がるという。

さらに「肉には焼き目がなくっちゃ!」と金属加工のプロが手作業で一つひとつ切削し、“溝加工”を施すことで食欲そそる焼き目がつくのだとか。おいしい肉への執念のすごさよ……(笑)。

ソロキャンプBBQ自宅のコンロでも使えるコンパクトな150mm×200mmのサイズ設計。鉄板から油が垂れない形状のものもあるので、汚れを気にせずお家でとことんおいしい肉を満喫することだってできる。

町工場の本気が伝わってくるこちらの鉄板は、応援購入サービス「Makuake」にて販売中。

リターンには飛騨牛も含む「岐阜県産ブランド肉3種」付きもあるので、せっかくなら鉄板と特別な食材を使って、自宅でお店のような味を楽しんでみては?

©Makuake
©Makuake
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
食材を昆布ではさみ冷蔵庫で寝かせる。お刺身をはさんでつくるイメージが強いかもしれませんが、お肉をはさんでもこれが美味!
毎月29日の「肉の日」に、肉を知り尽くした“肉のプロたち”が厳選したお肉が定期で届くサービス「お肉のサブスク(定期便)」が今月1日からスタート。
ラーメンチェーン店「麺屋武蔵」から、植物肉でできた角煮を使用した、プラントベースのラーメンが誕生。
アメリカを拠点とする「Allergy Amulet Inc.」は、創業者兼CEOの「Abigail Barnes」氏の幼少期の体験をもとに、食品に含まれる...
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
スウェーデンの人気ハンバーガーチェーン「Max Burgers」は、5月末から一部のバーガーのお肉を“植物肉”に変更可能だとしています。自社開発されたもの...
ある日の都内郊外で出会ったステーキがヤバかった。このお肉は試してくべきです、「ウルグアイビーフ」。南米ウルグアイ産の牛肉。これからたくさん世の中に出回るの...
キャンプやBBQの醍醐味といえる肉料理を手軽に楽しむため、必要最小限のギアに集約させ、コンパクトにまとめた、アウトドアブランド「WAQ」からリリースされた...
日進月歩の「代替肉」市場。今年も話題に事欠かない一年でした。
ライフスタイルマガジン「Hanako」が、バナナ「こだわリッチ」とコラボ。パッケージにてバナナに込められた生産者の想いを可視化するほか、シールをめくってQ...
「世界一肉をおいしく焼く」をキャッチコピーに登場したフライパン「おもいのシリーズ」より新製品が登場。
栃木県小山市で予約の取れない焼肉店「うしやのせがれ」をご紹介。牛農家の息子が厳選する、おやま和牛を中心としたその日一番いい肉の盛り合わせや、名物の赤身肉3...
パティ4枚使用の「バーガーキング」人気シリーズ「超ワンパウンドビーフバーガーシリーズ」に最新作が登場。あれ、、バンズは……?
自転車パーツブランド「GORIX」が発売した「GORIX 超肉厚クッション低反発サドル (GX-C118) 」。肉厚で柔らかく、弾力がある座面と、ダブルサ...
「Arby's」というファストフード店が、肉でできた野菜「Megetables」を作ることに。
フランクフルトで開催される世界最大の「食肉産業機械国際見本市(IFFA)」が、次開催となる2022年より、代替肉に門戸を開くことを発表。
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
「3Dプリンター」を使った「代替肉」の開発がスタート!
「ネクストミーツ」と「ユーグレナ」が共同で開発した、ユーグレナ(和名:ミドリムシ)を配合した代替肉「NEXTユーグレナ焼肉EX」が発売。
「代替肉」を取り巻くシーンやビジネスが盛り上がりをみせるなか、動物の細胞から人工培養で食肉を作るアメリカの企業「Mission Barns」が一般人を対象...
動物の細胞から人工的に作り出されたお肉を提供する「Memphis Meat」。痛みの少ない方法で動物から摂取された細胞を培養することで「クリーンミート」と...
明治大学で微生物学を研究する村上周一郎教授が、熟成肉を製造するレストラン経営者と協力し開発した「エイジングシート」
ソロキャンパーにおすすめのコンパクト、多機能な焚き火台が登場。
お肉がどんどん美味しくなる調理方法です。
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
米企業「インポッシブル・フーズ」が開発・製造する植物由来の人工肉が、米食品医薬品局(FDA)の承認を得て、スーパーマーケットなどで製品を販売できることに。
ラム焼肉専門店「lamb ne(らむね)」が「ゴールドジム」監修のもと、美容、ボディメイク、ダイエットに特化した部位を集めたラム肉セット「6種部位のアスリ...
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...