トコトンおいしく肉を食べたい!「ソロキャン極厚鉄板」

アウトドア向けの調理器具は軽さを追求したものが多くを占めるが、「肉をおいしく焼くなら極厚の鉄板でしょ!」という強い信念を感じさせるのが、この極厚鉄板「厚熱 atsu-atsu(アツアツ)」

9mmという極厚の理由はただ一つ......鉄板が厚いほど肉はおいしく焼けるから。じっくりゆっくり火を通すことで、鶏肉は肉汁たっぷりジューシーに、豚肉は時短でやわからかに仕上がるという。

さらに「肉には焼き目がなくっちゃ!」と金属加工のプロが手作業で一つひとつ切削し、“溝加工”を施すことで食欲そそる焼き目がつくのだとか。おいしい肉への執念のすごさよ……(笑)。

ソロキャンプBBQ自宅のコンロでも使えるコンパクトな150mm×200mmのサイズ設計。鉄板から油が垂れない形状のものもあるので、汚れを気にせずお家でとことんおいしい肉を満喫することだってできる。

町工場の本気が伝わってくるこちらの鉄板は、応援購入サービス「Makuake」にて販売中。

リターンには飛騨牛も含む「岐阜県産ブランド肉3種」付きもあるので、せっかくなら鉄板と特別な食材を使って、自宅でお店のような味を楽しんでみては?

©Makuake
©Makuake
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
食材を昆布ではさみ冷蔵庫で寝かせる。お刺身をはさんでつくるイメージが強いかもしれませんが、お肉をはさんでもこれが美味!
毎月29日の「肉の日」に、肉を知り尽くした“肉のプロたち”が厳選したお肉が定期で届くサービス「お肉のサブスク(定期便)」が今月1日からスタート。
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
ある日の都内郊外で出会ったステーキがヤバかった。このお肉は試してくべきです、「ウルグアイビーフ」。南米ウルグアイ産の牛肉。これからたくさん世の中に出回るの...
スウェーデンの人気ハンバーガーチェーン「Max Burgers」は、5月末から一部のバーガーのお肉を“植物肉”に変更可能だとしています。自社開発されたもの...
キャンプやBBQの醍醐味といえる肉料理を手軽に楽しむため、必要最小限のギアに集約させ、コンパクトにまとめた、アウトドアブランド「WAQ」からリリースされた...
今回はsnsで流行っている「肉ドレス海鮮丼」渋谷店。器からはみ出るお肉が豪華な見た目の海鮮丼を実際に食べてみたで!snsで人気のお店って実際はどーなんよ?...
「Arby's」というファストフード店が、肉でできた野菜「Megetables」を作ることに。
スピーカーとスマホの充電機能を搭載した多機能テーブル「スマートテーブルZ9」が応援購入サービス「Makuake」で予約を受け付けている。
栃木県小山市で予約の取れない焼肉店「うしやのせがれ」をご紹介。牛農家の息子が厳選する、おやま和牛を中心としたその日一番いい肉の盛り合わせや、名物の赤身肉3...
2019年4月にスイスの食品会社ネスレが、植物性の人工肉を販売すると発表しました。
動物の細胞から人工的に作り出されたお肉を提供する「Memphis Meat」。痛みの少ない方法で動物から摂取された細胞を培養することで「クリーンミート」と...
お肉がどんどん美味しくなる調理方法です。
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
「株式会社京都紋付」から、リウェアブランド「K」がデビュー。究極の黒に染め上げる「黒染めサービス」でお気に入りの服が美しく生まれ変わる。
廃棄物ゼロを目指すフランスのバイオテクノロジー企業「geochanvre」が、マスク需要の高まりを受けて、堆肥化可能な材料で出来たマスクを開発し注目が集ま...
米企業「インポッシブル・フーズ」が開発・製造する植物由来の人工肉が、米食品医薬品局(FDA)の承認を得て、スーパーマーケットなどで製品を販売できることに。
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
9月中旬、ニューヨーク市議会は、市内の公立学校の昼食での「加工肉」の提供禁止を採択。教育省からの「加工肉メニューをなくす」という提案に賛同を示した。
ミシシッピ州では、植物由来の代替肉を「肉」などと表記するのが禁止に。ビヨンド・バーガーの“バーガー”はNG。ヴィーガンホットドックなんていうのもアウトとなる。
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
この写真は「インポッシブルバーガー」という商品。一見、肉厚でジューシーなパティに見えるけれど、肉は一切使用されていません。植物でつくられているんです。見た...