肉をとことんおいしく仕上げる「究極のマルチパン」

「世界一お肉がおいしく焼ける」をキャッチコピーに発売されたフライパン「おもいのシリーズ」より新製品が登場。

その新商品は「焼く」「蒸す」「煮る」「炊く」「揚げる」の5つの調理方法を高次元で実現する「おもいのマルチパン」

鋳物の強みである熱伝導率のよさ蓄熱温度の高さが存分に活かせるよう、焼き面に厚みをもたせ、それでいて扱いやすい最適な重さを実現。

おもいのマルチパンで肉を焼いた例
©Makuake
おもいのマルチパンで肉を蒸した例
©Makuake
おもいのマルチパンで肉を煮た例
©Makuake

さらに、滑らかな表面は、職人の高い技術によって無塗装で仕上げられているため、料理の際に塗料が混ざったり、有害な物質を発生させるリスクが少なく、安心して使用できる。

また、使用後は、タワシ竹のササラなどを使ってお湯でサッと洗うだけとお手入れも非常に簡単

高い人気を誇る同シリーズ第一弾「おもいのフライパン」と同様の工夫とこだわりをしっかり継承し、肉を究極においしく仕上げる話題のマルチパンの詳細はコチラから。

おもいのマルチパン
©Makuake
おもいのマルチパン
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
「肉をおいしく焼くなら極厚の鉄板でしょ!」という強い信念を感じさせる、「Makuake」で販売中の極厚鉄板「厚熱 atsu-atsu(アツアツ)」をご紹介。
食材を昆布ではさみ冷蔵庫で寝かせる。お刺身をはさんでつくるイメージが強いかもしれませんが、お肉をはさんでもこれが美味!
キャンプやBBQの醍醐味といえる肉料理を手軽に楽しむため、必要最小限のギアに集約させ、コンパクトにまとめた、アウトドアブランド「WAQ」からリリースされた...
オフィス用品の通販「アスクル」が古いカタログを資源活用したリサイクル紙袋「Come bag(カムバッグ)」を先月下旬から販売。
毎月29日の「肉の日」に、肉を知り尽くした“肉のプロたち”が厳選したお肉が定期で届くサービス「お肉のサブスク(定期便)」が今月1日からスタート。
日進月歩の「代替肉」市場。今年も話題に事欠かない一年でした。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
カンボジア発のエシカルシューズブランド「KINGDOM OF WOW!」が日本上陸。第一弾として、欧米で話題のルームシューズを販売開始。
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。