お肉とよく合うスイス人とっておきの「ホワイトソース」

在日3年のスイス人の友だちがいます。その彼が故郷を懐かしんでつくる料理があると聞き、教えてもらったのが「ゲシュネッツェルテス」という濃厚クリームソースの一品。薄切り肉にマッシュルームのクリームソースをかけていただく料理です。おいしいですよ。

このゲシュネッツェルテス、もとは仔牛を使ったチューリッヒの名物料理だそうですが、他県でもお肉を変えたアレンジがされているんだとか。

一般的に、スイスやドイツでは豚肉がもっとも高価なお肉で、牛肉はその次。ちょうど日本と逆なんですね。友人のお気に入りも豚肉でつくる一品。本場のイメージに寄せるなら、つけあわせはハッシュドポテトがオススメ。もちろん、冷凍のフライドポテトやマッシュポテトでも、ごはんをサイドに持ってきてもOKです。

〈材料:2人前〉

・豚うす切り肉:200g
・マッシュルーム:200g
・白ワイン:50ml
・牛乳:100ml
・生クリーム:100ml
・バター:10g
・塩こしょう:適量
・ハッシュドポテト:適量

〈つくり方〉

まずは豚うす切り肉に塩こしょうで下味をつけ、マッシュルームは3ミリ幅にカットします。フライパンにバターを入れて中火で熱し、豚肉の色が変わるまで炒めたらマッシュルームを加えて、中火で火が通るまで炒めていきます。そこに白ワインを加えて半分ほどになるまで煮たら、牛乳、生クリームを加えてとろみがつくまで煮ていきます。塩こしょうで味をととのえたら器に盛って、ハッシュドポテトを添えて完成!

どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
2019年4月にスイスの食品会社ネスレが、植物性の人工肉を販売すると発表しました。
スイスエアの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
グラタンの味を左右するのは、ひとえにホワイトソースづくりです。ゆるすぎたり、焦がしてしまったりをいかに防ぐか、そこにこの料理の奥深さがあるわけです。が、フ...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第四回はスイス インターナショナル エアラインズです。
食材を昆布ではさみ冷蔵庫で寝かせる。お刺身をはさんでつくるイメージが強いかもしれませんが、お肉をはさんでもこれが美味!
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
「マリネ」と聞いてイメージするのは、生魚をオリーブオイルなどに漬け込んだものかもしれません。けれど、マリネするのは魚だけとは限らない。焼く前の肉をワインに...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
初夏に向けて旬を迎えるのがゴーヤ。チャンプルーも、サラダも、おひたしもいいけれど、意外とメニューがワンパターンになりがち。そこで、「ゴーヤの肉詰め」のご紹...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
スイスにはマッシュルームをお出汁にしてしゃぶしゃぶの要領で食べるスタイルのフォンデュ(フォンデュ・シノワーズ)があります。
スイスのホテルチェーン「Ibis Hotels」が、旅行を思う存分に楽しめるようにということで、インスタ代行サービス(Instagram Sitter)を...
こう書くと、チョコレートフォンデュが頭に浮かんだんじゃないでしょうか。答えはNO。スイスには、まだ知られざるフォンデュスタイルがありました。それが「フォン...
栃木県小山市で予約の取れない焼肉店「うしやのせがれ」をご紹介。牛農家の息子が厳選する、おやま和牛を中心としたその日一番いい肉の盛り合わせや、名物の赤身肉3...
ピクルスって、好き嫌いがはっきり分かれる食べ物ですよね。好きな人は一度にいくらでも食べることができるでしょうが、あのままカリカリと食べるほかは、ピクルスを...
これは「スペッツァティーノ」という名のイタリアン。肉を切ってさっと煮込んだ料理という意味なのですが、これをマンマの要領でちゃっちゃとつくるのは、慣れていな...