レモンとマスタードが焼いたチキンを「ごはんの友」に変えてしまう!

香ばしく焼いただけでも十分おいしい、鶏のむね肉をさらに煮込む。一見、手間がかかりそうなこのアイデア(ですよね?)は、意外にもたった2つの調味料を用いるだけ。ギリシャ風のチキン煮込みはいかがでしょう。

調味料もつくり方も
シンプル・イズ・チキン

A259554cf0c338b8826e60cc5cc8d9d19ab8cc4b

ギリシャ料理「コトプロ・レモナト」、直訳すればレモン鶏といったところ。料理もまさにそのままのシンプルさで、使う調味料はレモンとマスタードのみ(あと塩こしょうね)。

塩味だけでなく酸味がプラスされることで、これがフシギとごはんがすすむ一品に。白ワインにもよく合いますよ。

〈材料〉

・鶏むね肉:300g
・塩:小さじ1/3
・こしょう:適量
・水:300ml
・レモン汁:大さじ1
・粒マスタード:大さじ1
・オリーブオイル:大さじ1

〈つくり方〉

鶏むね肉を半分にカットして、塩とこしょうをもみ込んでおきます。フライパンにオリーブオイルを引いて中火で熱し、表面が焼けたら水を加えて強火で加熱。沸騰したら、ふつふつするくらいの火加減で10分。レモン汁、粒マスタードを加えてフタをして、さらに10分煮たら、塩こしょう(分量外)で味をととのえできあがり。

外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
30℃を超えるような暑さでも、やっぱり太陽の下で思いっきりBBQを楽しみたい。そこで、いつもとひと味違う串焼き料理「スブラキ」なんていかがでしょう。
「今日の晩ごはん、誰か決めてくれないかな...」。こんな風に、毎日の献立を考えるのに疲れ果てているあなたに朗報です。メニューを提案してくれる「サイコロ」が...
「マリネ」と聞いてイメージするのは、生魚をオリーブオイルなどに漬け込んだものかもしれません。けれど、マリネするのは魚だけとは限らない。焼く前の肉をワインに...
ステーキ肉を焼いてみたら思ったよりも固かった、なんてことがありますよね。そんな時に機転を利かせてトライしたい料理を紹介します。南米ボリビアの名物「シルパン...
日本各地に伝わる郷土料理には、それぞれの地域の特色がよく出ていて、これだけを食べ歩くのも楽しいものです。ここで紹介する「吉野鶏めし」は大分県の地元めし。そ...
ギリシャの家庭料理には、食用の葉っぱでお米やひき肉を詰めて煮込んだものがあります。「ドルマダキア」がそれ。調理法はとってもシンプル。これをおつまみにお酒を...
見た目もサイズもお米のような「リゾーニ」という粒状パスタがあります。ギリシャではこれをサラダに加えて食べるスタイルが好まれているようですが、それを本物のお...
思い立ったらすぐ作れるのに、炭水化物とタンパク質の両方が摂取できる。卵かけごはんは、忙しい朝の救世主だ。だけどビジュアルの地味さと庶民感は拭えない。そんな...
新潟コシヒカリと言えば、誰もが認めるお米のトップブランド。じつはそんなコシヒカリを、もっとおいしく食べる方法があるんです。「にいがた朝ごはんプロジェクト」...
アメリカで過ごしたクリスマス、ターキーを食べた翌日にホストファミリーがつくってくれたのが「ターキーライス」なるもの。ほぐした身をごはんとともに炒め、グレイ...
ピクルスって、好き嫌いがはっきり分かれる食べ物ですよね。好きな人は一度にいくらでも食べることができるでしょうが、あのままカリカリと食べるほかは、ピクルスを...
日本人の私たちからすれば、お米は水で炊くのが常識。ですが、赤道付近の南洋諸島では、だいぶ勝手が違うようです。水の量を減らしてそこに加えるのは、なんとココナ...
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
お米が旬をむかえ、全国から新米の便りが届きはじめました。ほかほか炊きたてごはんの美味しさは、わざわざ書くまでもなく。そこで、ここでは「五平餅」にすることで...
おつまみとしてそのまま食べてもおいしい「缶詰」。でももし、缶詰だけでワンランク上のおしゃれな料理が作れるとしたら、晩酌の時間ももっと楽しくなりますよね。今...
在日3年のスイス人の友だちがいます。その彼が故郷を懐かしんでつくる料理があると聞き、教えてもらったのが「ゲシュネッツェルテス」という濃厚クリームソースの一...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
環境先進国のスウェーデン、国民生活の意識のなかにも「食材をムダにしない」は、浸透しているようです。そんな彼らのアイデンティティをまさに体現しているレシピが...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...