レモンとマスタードが焼いたチキンを「ごはんの友」に変えてしまう!

香ばしく焼いただけでも十分おいしい、鶏のむね肉をさらに煮込む。一見、手間がかかりそうなこのアイデア(ですよね?)は、意外にもたった2つの調味料を用いるだけ。ギリシャ風のチキン煮込みはいかがでしょう。

調味料もつくり方も
シンプル・イズ・チキン

ギリシャ料理「コトプロ・レモナト」、直訳すればレモン鶏といったところ。料理もまさにそのままのシンプルさで、使う調味料はレモンとマスタードのみ(あと塩こしょうね)。

塩味だけでなく酸味がプラスされることで、これがフシギとごはんがすすむ一品に。白ワインにもよく合いますよ。

〈材料〉

・鶏むね肉:300g
・塩:小さじ1/3
・こしょう:適量
・水:300ml
・レモン汁:大さじ1
・粒マスタード:大さじ1
・オリーブオイル:大さじ1

〈つくり方〉

鶏むね肉を半分にカットして、塩とこしょうをもみ込んでおきます。フライパンにオリーブオイルを引いて中火で熱し、表面が焼けたら水を加えて強火で加熱。沸騰したら、ふつふつするくらいの火加減で10分。レモン汁、粒マスタードを加えてフタをして、さらに10分煮たら、塩こしょう(分量外)で味をととのえできあがり。

いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
料理の初心者向け、コンロ1つで20分できる海外料理レシピ5選。9分でできるパスタ、フィンランドのサーモンスープ、台湾のトマトニューロー麺、ギリシャのレモン...
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
ここに紹介するのは、どれもプロが教える料理の極意。知ってると知ってないとでは大違い。目から鱗のテクニックを自分のものに!
立ち乗り電動二輪車で知られる「セグウェイ」が、電動キックスクーターの新作「Ninebot KickScooter Air T15」の予約を受付中。以前から...
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
30℃を超えるような暑さでも、やっぱり太陽の下で思いっきりBBQを楽しみたい。そこで、いつもとひと味違う串焼き料理「スブラキ」なんていかがでしょう。
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に関わるみなさまから、“レシ...
米国で医療品などの安全性を管理・監督する機関「アメリカ食品医薬品局(FDA)」がADHDの治療効果があると認めた、初めてのゲーム。とくに注意力改善に役立つ...
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
「今日の晩ごはん、誰か決めてくれないかな...」。こんな風に、毎日の献立を考えるのに疲れ果てているあなたに朗報です。メニューを提案してくれる「サイコロ」が...
管理栄養士いわく、ごはんとそれ以外(麺類含む)の主食の比率が9対1くらいが理想的だそう。毎日3食食べるのであれば、3日に1食くらいのバランスがおすすめです...
食材を昆布ではさみ冷蔵庫で寝かせる。お刺身をはさんでつくるイメージが強いかもしれませんが、お肉をはさんでもこれが美味!
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」にたずさわるみなさまから、“...
2007年より世界各国で展示され、14年間で1000万人以上の来場者を達成した「アートアクアリウム」が、常設の美術館となって8月、東京・日本橋にオープン。...
昨日から、「東京スカイツリータウン」と「すみだ水族館」にて夏の風情を感じられるコンテンツ「未来につなぐバーチャル花火」がスタート。
ギリシャの家庭料理には、食用の葉っぱでお米やひき肉を詰めて煮込んだものがあります。「ドルマダキア」がそれ。調理法はとってもシンプル。これをおつまみにお酒を...
「マリネ」と聞いてイメージするのは、生魚をオリーブオイルなどに漬け込んだものかもしれません。けれど、マリネするのは魚だけとは限らない。焼く前の肉をワインに...
忙しく生活しているとなかなか自炊できず、炊いたごはんを冷凍したまま時間が経ってしまい、マズくなってしまうことも……。そんなとき、アレをかけると大復活するんです!
ステーキ肉を焼いてみたら思ったよりも固かった、なんてことがありますよね。そんな時に機転を利かせてトライしたい料理を紹介します。南米ボリビアの名物「シルパン...
日本各地に伝わる郷土料理には、それぞれの地域の特色がよく出ていて、これだけを食べ歩くのも楽しいものです。ここで紹介する「吉野鶏めし」は大分県の地元めし。そ...
毎月29日の「肉の日」に、肉を知り尽くした“肉のプロたち”が厳選したお肉が定期で届くサービス「お肉のサブスク(定期便)」が今月1日からスタート。