いつもと少しだけ違う「朝ごはん」を、簡単につくろう。

朝食メニューに少しひねりを加えてみましょう。手間をかけるのではなく、あくまで少し工夫するだけ。

Food52」で紹介されているレシピから、ブレックファストを3つピックアップしました。どれも簡単です。

01.
Radish & Butter Tartine

トーストにバターを塗り、新鮮なラディッシュを薄くスライスしてならべます。フレーク状の塩を、パラッとふりかけたらできあがり。パン、バター、塩にこだわるほどおいしくなる、シンプルなメニューです。

詳しくはコチラから。

02.
Fried Eggs with Wine Vinegar

フライパンを熱して、そこにバターをすべらせます。色が黄金色に変わってきたら、卵を割り入れて、焦げすぎないように気をつけながら、目玉焼きをつくりましょう。塩コショウをふり、ワインビネガーをスプーン2杯ほどくわえたらできあがり。まろやかな酸味がくわわり、さっぱりとします。

詳しくはコチラから。

03.
Scrambled Egg Tacos with Avocado

トルティーヤに焼き目をつけたら、スクランブルエッグとカットしたアボカドをのせます。ヨーグルトかサワークリームをくわえて、できあいのホットソースをかければ、ふわふわでまろやかなタコスのできあがり。お好みで塩を入れてもいいでしょう。

詳しくはコチラから。

気分転換に、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

Licensed material used with permission by Food52
リコッタチーズを単純にはさむのではなく、「スクランブル」にしてタコスの具材にした一品。
メキシコ育ちのMichele Baldini(20歳)によるInstagramアカウント「the_eggshibit」では、見覚えのある形が目玉焼きから作...
エッグ・イン・ザ・ベーグル!その名のとおりの朝食「目玉焼き in ベーグルの”穴”」です。ものすごく合理的で簡単だから、忙しい朝でもプチ豪華な朝食になりますよ。
徳川家康をはじめ、歴代将軍たちに愛された城南五山のひとつ「品川・御殿山(ごてんやま)」。御殿山庭園に隣接する「東京マリオットホテル」では、四季折々の自然を...
朝ごはんは人間にとって必要かそうでないのか。これまで幾度となくなされてきたこの議論。結局のところ、それぞれの食習慣やライフスタイル次第というところに帰結す...
シンプルで美しい、ワンプレートの朝ごはん日記を発信中の大人気インスタグラマー。山崎佳(@keiyamazaki)さんの投稿を、毎朝59万人以上が楽しみにし...
独創的なタコスが人気の「ロス タコス アスーレス」。
最近のオーガニック志向は、口にする食材ばかりか、衣類や化粧品、洗剤や石けんにも。こうした健康ブームを受けて、アメリカで話題となっているのが、自家製歯磨き粉...
日ごろの疲れを癒すように、体を気遣った料理を朝から食べられたなら。それこそ充実した1日の始まりに欠かせないのが、こんな朝ごはんです。そこで、いつもとはちょ...
ここで紹介するのは、見た目も華やかでおいしい朝食たち。でもじつは、すべて電子レンジであっという間に作れるものなんです。こんなメニューが食卓に並んだら、朝か...
環境先進国のスウェーデン、国民生活の意識のなかにも「食材をムダにしない」は、浸透しているようです。そんな彼らのアイデンティティをまさに体現しているレシピが...
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
ポイントさえ押さえておけば、キレイな円型トルティーヤに。味はもちろん、見た目にもこだわる人は要チェックです。
作り置き料理やおうちにあるものをアレンジすれば、あまり料理が得意じゃない人でも、簡単にピザやグラタンがつくれるんです。誰もが食べたくなるようなメニューとセ...
バレンタインデーに手作りチョコは当たりまえ。今年は、こんな朝ごはんで彼にサプライズなんていかがでしょう?
エッグベネディクトにエッグスラット、卵を使った料理が次から次に登場するけれど、この“変わり目玉焼き”もかなりのクセモノ。昨春、彗星のごとくInstagra...
ヘルシンキ在住のAnni Kraviさんは、ビジネススクールを卒業したばかりの20代の女の子。Instagramに日々アップされる彼女のヘルシーレシピは、...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
タコスの具材にルールはありません。どんなものでも皮にくるんで楽しめるわけですが、健康志向の強いアメリカでは、こんなグルテンフリーなスタイルもアリなんだそう。
まだ2018年ははじまったばかり。何か新しいことをはじめたいと思っている人は、この習慣を取り入れてみては?