パーティーでこそ試したい。「お花」を使った♡なレシピ

花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターのEmiko Daviesさんが、花を食べる習慣について説明しています。

味=その花の香り

「花を食べるというのは非常に特別で、いつものごはんやレシピを輝かせてくれる」というDaviesさん。ちょっと想像がつかないですが「実際の味は、感じているその香り」と説明。香りよい花が好んで調理されているようです。

イタリアでポピュラーなのがこの2種類。ニセアカシア(上)と、エルダーフラワー(下)。

どちらもジャスミンとオレンジの花のような鮮烈な香りがする花。ポピュラーな調理法は、天ぷら、また伝統的なレシピの衣をつけたフライで、旬は晩春。最初の一口から、うっとりする香りが楽しめるんだそうです。

エルダーフラワー香るドーナツ

1570年にBartolomeo Scappiというシェフが書いた本『オペラ』に載っている、一口サイズのドーナツのようなイタリアのお菓子「カスタニョーレ」のレシピ。そこには、リコッタチーズを入れた生地にエルダーフラワーの香りをつけて揚げる、と書かれています。イタリアの家庭では昔から花が食べられていたんですね。

ニセアカシアのフライ

こちらはニセアカシアのフライにはちみつをかけたもの。

フランスでも花のフライがよく食べられているそうで、有名シェフのJaques Pepinさんや料理研究家のMimi Thorissonさんも、グランマニエで柔らかくした花をバニラの入った衣で揚げたり、ケーキに入れたりして楽しんでいるみたいです。

最近では日本でもカフェで目にするようになったエルダーフラワーコーディアル。この花をシロップ漬けにしたものですが、ヨーロッパではよく飲まれていて、「Belvoir Fruit Farms」によると、ローマ時代から風邪などに効くとされていたそう。

「ちょっと作ってみたいな」という人に、ここではドーナツよりもお手軽なフライをDaviesさんのごく簡単なレシピよりご紹介♪

ニセアカシアフライの作り方

<材料>
・ニセアカシアの花
・衣
・塩
・アカシアはちみつ

<作り方>
1. ニセアカシアの茎を短めに切る。
2. 衣につけて揚げる。
3. 塩を振るか、甘めが良ければはちみつをかける。

揚げたてが香り(味)もベストだそうなので、すぐに食べること!

Licensed material used with permission by Emiko Davies
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
11月26日、「Airbnb」が世界中の家庭料理を作って楽しめる新カテゴリー「クッキング体験」のローンチを発表し、豪華なキャンペーンをおこなっている。
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
12月2日、パブロ・エスコバルの兄弟、ロベルト・エスコバルの企業「Escobar Inc」が折りたたみスマホ「Escobar Fold 1」を発売すると発...
パーティー料理はどれも手が込んだものでなければいけない、こう誤解している人にこそ試してほしい料理があります。ポルトガルのソウルフード「ポルヴォ・アサーダス...
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
2019年12月20日のイギリス時間 00:00(日本時間 9:00)に、本格派ストリートスニーカーブランド「CLEMENS(クレメンス)」が誕生する。
日本にも昔からある「エディブルフラワー」。菊の花も有名ですが、この季節はやっぱりこれ。保存がきいていつでも作れる「桜の花の塩漬け」です。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
心拍数の年齢差に着目し、聞く人の年齢に合わせて作曲したスリーピングミュージック「ねむりの音色 nenone(ねのね)」が、2019年11月25日に公開され...
時計で気になるのがビッグサイズ!装いがシンプルでも、それひとつでアクセントになる。だとすると、Big Boldコレクションの「BBNEON」は周囲に「お!...
パーティーのもう1品、とにかく華やかなものをつくりたい。そんなときは海外で人気のパンを使ったこの料理にチャレンジ。チーズやハム、好きな具をパンにはさんで焼...
特別、だけど簡単なレシピを、3つご紹介します。
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
「EDIBLE GARDEN」とフラワーアーティストedalab.による体験イベント。来場者はレストラン内の「エディブルフラワーの花畑」から食用花とハーブ...
これからも進化していくバーチャルダンスパーティー「We Come In Peace」。ニューヨークを拠点にするアーティストTin NguyenさんとEdw...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。