モッツァレラチーズは、切るより「はさむ」が楽しい

モッツァレラチーズ、トマト、バジルでつくる定番のカプレーゼもいいですが、パーティーシーンや家飲みの場には、ひと手間加えたこんな変わり種はいかがでしょう。

前菜以上の満足感
はさみ系カプレーゼ

<生ハム野菜>

©2018 FOOD CREATIVE FACTORY

モッツァレラに切り込みを入れて、生ハム、薄切りにして焼いたかぼちゃとズッキーニをはさみ、オリーブオイルをかけて白こしょうとクルミを散らしました。

<いちごのカプレーゼ>

©2018 FOOD CREATIVE FACTORY

モッツァレラに切り込みを入れて、いちご(薄切り)、ミニトマト(半分にカット)、バジルをはさみ、オリーブオイル、バルサミコ酢をかけて、塩、粗挽き黒こしょうを散らしました。

Top photo: © FOOD CREATIVE FACTORY
Text used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY
正月、お雑煮に飽きたら作ってみたいなと思っているのが「お餅で作るチーズ」。そのまま食べたり、サラダに入れたり、サンドイッチに挟んだり、食べ方も色々とアレン...
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
モッツァレラ、チェダー、リコッタ……。このチーズの順番はというと? チーズ料理で失敗した経験がある人も、これからチーズ料理に挑戦する人も、読み終わったころ...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、CONANの『Volt THrower』です。
みんな大好きな、いちごのショートケーキ。いつもの食卓も、このコが出てくるとぱっと華やぎますよね。でもスポンジを焼いて、クリームを泡立てて、と作るのは一苦労...
低糖質・低脂質のダイエットチーズを自家製する方法教えます。
濃厚チーズをふんだんにかけたマカロニを、とにかく食べたい。
その口当たり、まさにモッツァレラチーズのよう♡ 巷で話題沸騰中の“モッツァレラチーズもどき”、もう試してみましたか?すでに「塩豆腐」として商品化されるほど...
料理を生業とするプロの視点で、このキッチンツールはオススメだそうです。
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
パーティーのもう1品、とにかく華やかなものをつくりたい。そんなときは海外で人気のパンを使ったこの料理にチャレンジ。チーズやハム、好きな具をパンにはさんで焼...
みんなで料理を持ち寄るホームパーティー。何を持って行こうか迷ったら、ワインによく合うしょっぱいクッキーはいかが?
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
オリーブオイルとハーブさえあれば、どれだけ普通のチーズであっても魅力的なアペタイザーに。秘密は「マリネ」にありました。
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
1989年、糸井重里がゲームデザインを手掛けた「MOTHER」がゲーム発売30周年を記念してオリジナルサウンドトラックを発売!しかも、当時を彷彿とさせるア...
「MIMION」は、温泉や岩盤浴に入ったようなポカポカとした温もりを感じることができるという“耳のお布団”。
約50年前、ドイツ人のシェフとともに日本人好みのチーズケーキを開発したパティシエのお店「ガトーフリアン」は、異国情緒ただよう長崎県は南島原市にありました。
ビルミルクのミナスフレッシュチーズです。ブラジル出身のビルマルさんが、新鮮な牛乳と塩を使う母国の製造技術で作っています。自分や家族、友人のために、懐かしの...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
何がおもしろそうって、ゲストが好きなように具材をパンにはさんで楽しむところ。ブレックファストサンド、いいかも。
まさか……そんな具材が……バゲットの……上に!?
エジプトの古代都市メンフィスの市長だった人物の墓で見つかったのは、なんと約3,300年前のチーズ!世界最古のチーズとみられています。