新発想!「ドライブスルー×いちご狩り」が楽しすぎる

1月15〜16日、「東京タワー」の特設会場にて、ソーシャルディスタンスを保った新感覚のいちご狩りが楽しめるイベント「いちごさんドライブスルー」が開催される。

これは、自動車に乗ったまま、佐賀のブランドいちご「いちごさん」を自分で収穫して、その場で食べられるというユニークなイベントだ。

©株式会社アフロ&コー

左右をプランターで埋め尽くされた特大テントのなかに自動車ごと入り、車窓から手を伸ばして新鮮ないちごをもぎ取るという形式なのだが、「さっきの場所の方がたくさん実っていたな〜」と思っても、バックや逆走はできないようなのでご注意を(笑)。

©株式会社アフロ&コー
©株式会社アフロ&コー

テントを抜けると、人気食パン専門店「髙匠」とコラボした絶品いちごサンドや、パフェのようにキュートないちごスムージーが受け取れる。最後までいちご尽くしなドライブスルーだ。

なお、参加には事前にチケットの購入が必要となっているので、気になる人はコチラをチェック。

新たないちご狩りの楽しみ方は、ちょっとコツが必要かもしれないけど、安心&安全に嬉しい体験ができそうだ!

©株式会社アフロ&コー
Top image: © 株式会社アフロ&コー
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
スーパーマーケット「成城石井」で再販されるたび、毎回即完売となる人気商品「いちごバター」に、あまおうのみを使用した新バージョンが登場。
暗闇で大田原産のいちご3種を食べ比べながらいちご農家の話を聞くという、一風変わった栃木県大田原市の若者のUIJターンなどを促進するためのイベントが、2月1...
「横浜中華街」で車を降りずに料理の受け渡しができる「ドライブスルー」サービスが開始。
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
来月の旧正月に向けて、「リーボック」が今月23日(土)から、映画『カンフー・パンダ』とコラボレしたコレクションを発売。
今もっともオモシロいストリップクラブは「Lucky Devil Lounge」だ。少し前はダンサーが料理を届ける「Lucky Devil Eats」で話題...
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
車社会アメリカならではのサービスとして1930年代より全土に広まったドライブスルー。その存在が「地球温暖化」によって消えるかもしれない。
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
老舗和菓子処「大角玉屋 銀座店」のみで限定販売される「年末ジャンボ銀座大福」。縁起物としてコアな宝くじファンの間で、ちょっとした話題を呼んでいる。
日本一若いいちご農家こと、たいぴー夫妻。宮崎県の日南市へ移住して「くらうんふぁーむ」という農園を経営しているんですが、約2年前から、農家1年目にも関わらず...
地上150mの「東京タワー」展望台・メインデッキにて、朝の営業時間前に茶道を楽しむサービス「朝茶の湯」が開催。
産直の新鮮野菜をお得に、しかも非接触で買えると人気の「ドライブスルー八百屋」が再開!
「オリエンタルランド」が北海道で栽培している完熟いちご「摩周ルビー」が、表参道に店舗を構える生はちみつ専門店「MYHONEY」とコラボレーション。
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
「東京タワー」が2021年が明るい年になるように、年末年始スペシャルライトアップのための支援をクラウドファンディングで募っている。
家飲みには、ひと手間加えた変わり種カプレーゼ。
シャンパンタワーを作り続けて14年。設置台数世界一を豪語する「シャンパンタワー職人」の次なる挑戦。
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
「京都タワー」の最頂部、120.9メートルからのVRバンジージャンプ体験イベント。2月1日〜3月31日までの期間限定開催。