地上150mから大都会を見下ろす「お茶会」って?

「東京タワー」の展望台で優雅な一服が楽しめる茶道体験サービス「朝茶の湯」11月21日(土)より開催される。

このサービスは、地上150mに位置する展望台・メインデッキを営業時間前に貸し切りにし、参加者のみの静かな空間で、東京の朝の街を眺めながら贅沢に過ごす特別なイベント。

裏千家茶道の入門資格を有し、茶道文化検定を受験した東京タワーの“茶道部”に所属するアテンダントが茶席を担当し、荷物不要椅子席完備外国語案内ありという環境のもと実施。作法を知らなくても安心して参加できる。

また、使用されるのは、江戸時代から継承されてきた、選りすぐりの伝統工芸作家による茶道具作品。なかなか触れる機会の少ない本格的な茶器で味わう一服は格別なはず。

進化する都会のビル群を眺めながら、日本の文化ともいえるお茶を嗜む──。またとない貴重な機会、お見逃しなく。

東京タワー 茶道 朝茶の湯
©TOKYO TOWER
東京タワー 茶道 朝茶の湯
©TOKYO TOWER
東京タワー 茶道 朝茶の湯
©TOKYO TOWER

『東京タワー 朝茶の湯』
【日時】11月21日(土)より原則として隔週土曜日に開催
(11月21日、12月5日、12月19日、2021年1月9日、2021年1月23日、2021年2月6日、2021年2月20日) 8時15分集合 8時30分入館
【集合場所】東京タワー フットタウンビル1F 正面玄関
【会場】東京タワーメインデッキ1F(150m)
【参加費用】おひとり様 3330円(税込み)
【参加方法】アソビュー株式会社サイトよりお申込みいただきます。
https://www.asoview.com/channel/ticket/PnEMubBNOx/ticket0000006597/

Top image: © TOKYO TOWER
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

サンノゼに拠点を置く企業Aeronesが、ラトビア・リガでデモンストレーションを行った時に使われたドローンは、高層ビルの窓を掃除できるんです。汚れを検知し...
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
「東京タワー」が2021年が明るい年になるように、年末年始スペシャルライトアップのための支援をクラウドファンディングで募っている。
わずか30年後の未来、東京と千葉を結ぶ海上に地上1,700mの超高層ビル建設計画!?にわかに信じがたい話ですが、英紙「Daily Mail」が「ドバイのブ...
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
日本全国から多種多様な名産品が集まる「東京」の「今日」をコンセプトに、食材の恵みを活かしてつくる東京のお茶。「茶と今日。CHA TOKYO」は軽やかでいま...
11月16日、「キングパワーマハナコン」というバンコクの複合施設の最上階に、マハナコンスカイウォークがオープンしました。高さは、東京タワーよりもちょっと低...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...