今週末!東京タワーの「台湾祭」で食い倒れの秋

1週間頑張ったご褒美に、3連休の今週末はお腹いっぱい美味しいものを食べに行きませんか?

10月6日からの3日間、「台湾祭」が開催されます。会場は、東京タワーの屋外特設会場 (南側駐車場)。

6530563104047104

小籠包はもちろん、麺線や牛肉飯など、台湾の定番グルメがここに集結します。その数約30種類。夜市に並んでいるような料理は一通り網羅されているというのも魅力だけれど、この会場では本場の料理人が腕を振るっているというのもポイント。
これはもう、「美味しい」が確約されたようなもの!

台湾ビールを片手に、顔の大きさくらいあるチキンカツ(大雞排)を頬張り、次は何食べようかなんて悩む“至福の食い倒れタイム”が、東京タワーで実現できるというわけです。

できたての屋台メシを、ハフハフするのにちょうどいいくらい肌寒くなってきた食欲の秋。このお祭りは見逃せませんよ!

64851736212275205975531375820800488252388881203259673348333895684840044716097536
Top image: © iStock.com/Cedar_Liu

「台湾のグルメ」なら、こんな味わいもいかが?
↓ ↓ ↓

台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
「Trace Face」は、愛知県瀬戸市の陶磁器メーカー、エムエムヨシハシの職人が作る手彫り型で作ったもの。堅いイメージのある陶磁器に、柔らかい雰囲気の手...
台湾の夜といえば屋台(夜市)。なかでも現地の人たちにも人気なのが「胡椒餅」です。表面はカリカリなのに、もっちりの皮でジューシーなひき肉のあんを包んだ、肉ま...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第7回は「地元の人で溢れるおすすめ朝食スポット3軒」をご紹介!
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
わずか30年後の未来、東京と千葉を結ぶ海上に地上1,700mの超高層ビル建設計画!?にわかに信じがたい話ですが、英紙「Daily Mail」が「ドバイのブ...
1日わずか16名限定“食とアート”が融合する体験型レストランTREE by NAKED yoyogi park〒151-0063 東京都渋谷区 富ヶ谷1丁...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第8回は、言わずと知れた台湾一のパワースポット「龍山寺(ロンシャンスー)」について。
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第6回は、台湾中に店舗がある人気ドリンクスタンド「50嵐(ウーシーラン)」での、通なオーダ...
コアな台湾ファンは周知の事実ですが、当地発のB級グルメに「揚げおにぎり」なるものがあります。
いまスパークリングワインはイギリスに注目!なかでもこの1本は、シャンパンを評価するのとほぼ同じな味。
今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持たせたもの。なんでも、「食」にまつわる作品ばかりを、世界中からセレクトしているのだとか!
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
今ではすっかり有名な、煙草工場の跡地を利用して作られた巨大なアート空間「松山文創園区」や酒工場の跡地をリノベーションした複合施設「華山1914」だってもち...
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
現存する世界最古の木造建築といえば、言わずと知れた法隆寺。で、およそ1400年後の現代において、NYセントラルパークに世界で最も高い木造タワー建造計画が持...
やっぱり年齢を感じさせないファッションスタイルが特徴的ですね。
「棺桶パン」、そのネーミングだけもインパクト十分なのに、見た目はそれ以上に迫力大。いまや、台湾B級グルメの定番として君臨するこのローカルフード。夜市で目に...