台湾に、なんかすごい「スタバ」ができた!

外観がユニークで“写真を撮りたくなる”スタバが、9月26日にオープンしました。デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏。

場所は台湾・花蓮。最近、日本の観光客も足を運ぶようになった、台北から電車で2時間ほどにある東部の都市ですね。ここで食べる具だくさんのワンタンは格別……。すいません、話が逸れました。

このスタバは、30年間使われた29個のコンテナを再利用していて、環境をケアしているのもポイント。店内はゆったりとできそうな空間になっているので、友だちやパートナーとも盛り上がれそう。

花蓮に行くチャンスがあったら、ぜひ!!

Top image: © 2018 Starbucks
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
つい先日、スターバックスが店内の無料Wi-Fiを使ってのアダルト動画検索および視聴をブロックしたと発表。この動きに対し、アダルト業界も黙ってはいません!
私がシアトルに住んでいると話すと、「何が有名?」と聞かれることが多いんですが、「スタバの本社がある街だよ」と言うと、けっこうみんなすぐにピンと来るみたいで...
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
やっぱり年齢を感じさせないファッションスタイルが特徴的ですね。
8月16日に台湾のニトリがまるちゃんと花輪くんが登場する動画を公開していました。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
地域の特性を活かしたコンセプトストアを各地に展開するスターバックス。そのひとつ富山環水公園店は、「世界一美しい」と賞賛されるスタバなんだそう。どれどれ、I...