この「台湾のストリートブランド」は知らなかった!

それなりに世のファッション事情はキャッチアップしているつもりですが、このブランドの存在は知りませんでした。

それもそのはず。この「MoonBlind」は、ことファッションにおいてはほとんど情報がない台湾発のストリートブランド。検索してもほとんどヒットせず、Instagramのフォロワーも1,500人程度です。

さて、問われるのは、この現状をどう見るかです。

聞いたこともないブランドだ、と切り捨てるのは簡単。でも、逆にいうと周囲の人とは絶対にカブらないということ。誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。

ありきたりな欧米ブランドじゃなく、台湾ってところもシブい。アイテムによってはやや奇抜なデザインもありますが、このあたりのメッセージTやパーカーなんかは、すんなり取り入れられそうです。

いまのところ、取り扱いは台湾国内のショップ限定。でも、台湾なら行く機会もあるでしょうし、頭に入れておいて損はないはず!

Top image: © 2018 MoonBlind Taiwan
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
やっぱり年齢を感じさせないファッションスタイルが特徴的ですね。
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
屋外ドリップやキャンプでのコーヒー時間を充実させる「ドリッパースタンド」が「Makuake」で販売中。
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
人気書籍『ざんねんないきもの事典』と池袋「サンシャイン水族館」のコラボ企画「ざんねんないきもの展2」が、10月30日より開催される。
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
小籠包、魯肉飯、牛肉麺、タピオカミルクティーにかき氷。それぞれお気に入りの専門店があるはず。でも、台湾庶民の味ならばコチラ!
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
台湾・九份は日帰りで遊びに行くより泊まるのがオススメ! だけど宿選びには気をつけて。条件をかねていて、九份に行ったら泊まりたい! と思えるの宿がここ、『山...
「POSCA」を使ってゴッホの代表作「星月夜」をマスクに描くオンラインイベント「POSCAペイントパーティー」が10月3日に開催される。
暑い夏にぴったりの冷感インソールが登場! 靴内温度が30度を超えると自動的に温度を下げて適温に調節。その他にも、吸湿、散熱、抗菌、消臭の作用を持ち、炎天下...
台湾の総統府に宿泊できるという企画が発表され、申し込み受け付けが開始された。応募要項にはSNSに関連するいくつかの条件や事項などが含まれている。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
台湾発の「machi machi」は、丁寧に抽出した台湾茶に塩味の効いたチーズクリームをのせたチーズティーの専門店。台湾ではすでに人気上昇中。6月26日に...
次の台湾旅は、ちょっと南下して「台中市」に泊まってみては?バリ島よろしくリーズナブルでありながら、リゾート感満載の台湾のモーテルは、家族連れや友達同士でも...
8月16日に台湾のニトリがまるちゃんと花輪くんが登場する動画を公開していました。
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!