東日本大震災で被災した病院が、「台湾の義援金」によって再建したことを知っていますか?

東日本大震災による津波で被災した、宮城県南三陸町の公立病院が「南三陸病院・総合ケアセンター南三陸」として、4年9ヶ月ぶりに開業されました。

再建に向けて、これまでに多くの救援金が集められてきたそうです。そのなかに、台湾からの温かい義援金が含まれていることを知っていますか?

あの日から、4年9ヶ月
南三陸町に総合病院が再建

12313774_10153375716959094_7718302619596463971_n

この度、新しく開業した同病院の前身は、「公立志津川病院」。あの日、津波による甚大な被害を受け、5階建ての建物の4階部分までが水に浸かりました。入院患者ら72名が犠牲となり、行方不明者もいた、と当時の河北新聞は伝えています。「日本赤十字社」によると、その後は南三陸地域住民のため、仮設診療所での医療活動を続けてきたようです。

新たな再建場所は、志津川湾を望む南三陸町の高台の上。子どもから高齢者まで受診できる総合病院として、また、災害時には避難の拠点として、地域住民の健康と安全を守る施設に生まれ変わりました。

建設費用の約4割が
台湾からの義援金だった

12278965_10153364651584094_206757575758636255_n

ところで、今回の再建にあたり、建築費用の約4割にあたる22億2,000万円が、台湾からの義援金によってまかなわれていたことは、新聞やテレビであまり報じられていません。「中央社フォーカス台湾」が伝えるところによれば、中華民国紅十字会総会(台湾赤十字)から日本赤十字社に寄せられた救援金が使われていたようです。震災直後より、支援のために台湾の人々から寄せられた寄付金が、南三陸町の総合病院再建に大きく貢献していたんですね。

上の写真は、「南三陸病院・総合ケアセンター南三陸」敷地内に建立された記念碑。開業に先駆け行われた落成式の場で、台湾赤十字の王清峰氏は、「日台の友好が末永く続く象徴」とコメント。
中華民国国旗と南三陸町の町旗、両者をつなぐように「絆」が強く刻まれています。

Reference:日本赤十字社 , 中央社フォーカス台湾台北駐日経済文化代表処
Licensed material used with permission by Taiwan Red Cross

他の記事を見る
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
次の台湾旅は、ちょっと南下して「台中市」に泊まってみては?バリ島よろしくリーズナブルでありながら、リゾート感満載の台湾のモーテルは、家族連れや友達同士でも...
突然ですが、フィットネスジムって高くないですか? 日本の平均月収はたしか32.5万ぐらい。対して、ジムの月会費の相場は1万円以上。給料の3%以上となります...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
ヴェネチア市にある病院「Ospedale dell'Angelo」。僕たちが考える「水の都」から橋で渡ったところ、メストレという地域に建てられています。
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
ポートランドに「Portland Chinatown Museum(ポートランド・チャイナタウン・ミュージアム)」がオープン。この博物館では、文字通りチャ...
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
台湾での買い物や街歩きって楽しいけれど、ガイドブックでよく見る観光地にはもう飽きたな。お土産も似通うし。そんな人に行ってみてほしい、台中の「綠光計畫」。
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
東京生まれの東京育ち。1998年生まれの20歳。
この国の「安うまグルメ」から抜け出すことは、容易ではない!
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
8月16日に台湾のニトリがまるちゃんと花輪くんが登場する動画を公開していました。
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
1月17日、1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災から丸21年が経ちます。復興のシンボルとして始まった『神戸ルミナリエ』。昨年は想定外の突風にあおら...