『海の見える駅』とっておきの5選。東日本編

WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。

その村松さんに、とっておきの『海の見える駅』を5つ選んでもらいました! 村松さんご本人のおすすめコメントとともにどうぞ。

まずは【東日本編】から。

01.北浜駅
(北海道/JR釧網本線)

北浜駅は、日本でも非常に珍しい流氷の見える駅です。

流氷といえば砕氷船のイメージが強いかもしれませんが、北浜駅は、列車で流氷に出会えるスポット。ホームの目と鼻の先がオホーツク海で、毎年冬の終わりごろ、運がよければ流氷が間近に迫ります。私の知る限り、流氷の見える駅は日本でもここ北浜駅と、ふたつ隣の鱒浦駅だけ。

北浜駅には小さな展望台があるほか、無人駅ながら木造駅舎にレトロな喫茶店も併設されています。海を見ながら心身ともに温まることができるのも、おすすめしたいポイントです。

02.驫木駅
(青森県/JR五能線)

驫木駅(とどろきえき)は、東日本で最もフォトジェニックな駅のひとつだと思います。

東京から最速でも6時間、列車も1日にたった5往復という、まさに本州の最果てといっても過言ではない立地。ただ、一面の日本海を背景に、年季の入った木造駅舎だけがぽつりと立たずむさまは、他の駅では見ることができません。

海が西の方角にあり、秋の真っ赤な夕日が正面に沈むのを目の当たりにしたときは、本当に訪れてよかったと確信しました。

ちなみに、驫木駅のあるJR五能線は、日本海の険しい海岸線にへばりつくように走るため、乗っているだけでも海を存分に楽しめますよ。

03. 日立駅
(茨城県/JR常磐線)

日立駅は、建築としても美しい、美術館のような駅です。

2011年に完成した一面ガラス張りの駅舎に上がれば、太平洋の水平線が眼下に広がります。いつ見ても美しいですが、個人的なお気に入りは日の出の瞬間。ちなみに、日立という地名は、水戸黄門こと徳川光圀公が「朝日の立ち上る様は領内随一」と言ったことが由来だという説も。

地元のオーナーが運営するおしゃれなカフェも併設されていて、カフェ巡りが好きな方にもおすすめです。

04. 根府川駅
(神奈川県/JR東海道本線)

根府川駅は、都心から気軽に訪れることができ、絶景を楽しめる駅です。東京駅から東海道本線に飛び乗って、わずか1時間半ほど揺られるだけで、相模湾の大パノラマに出会えます。

東海道本線ではほぼ唯一の無人駅とあって、落ち着きがあり、本当にここは神奈川県か?と思ってしまうほど静かなのも特徴です。

冬にはホームの正面に日が昇ることから、初日の出スポットとしても有名なほか、4月に駅前の一本桜が咲き誇るなど、たびたび足を運びたくなる魅力があります。

05. 青海川駅
(新潟県/JR信越本線)

青海川駅は、日本海にもっとも近い駅です。

ホームのすぐ隣が日本海に面した海水浴場なのですが、荒波が飛沫となって今にも届きそうほど、海に近い駅です。少し歩けば浜にも降りられるので、澄んだ海水に触れながら次の列車を待つこともできます。

また、駅の上にかかる米山大橋の袂まで登ると、駅と日本海を同時に見下ろせる、絶景スポットも。2015年からは、地酒をコンセプトにした観光列車「越乃Shu*Kura」も停まり、より気軽に訪れることができるようになりました。

次回は【西日本編】をお届けします!

Licensed material used with permission by 村松 拓
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。前回は、村松さんおす...
『海の見える駅』というWEBサイトをご存知だろうか。全国各地、厳選された『海の見える駅』を掲載しているこのWEBサイト。運営しているのは、村松 拓さんとい...
海に近い駅といえば、かつて「青春18きっぷ」のポスターにもなった愛媛県下灘駅が有名。しかし、それよりも海に近い駅が神奈川県にありました!
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
カニエ・ウェストがトラヴィス・スコットを迎えた新曲『Wash Us In The Blood』をリリース。虐殺、奴隷といった単語が登場し、現在も進行中であ...
5月ももうすぐ終わり。はやくも夏めいてきてます。海行きてー! って思ってなくても、ためしに原宿に行ってみて。
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
東京駅にて、まだ食べられる食品を駅の従業員向けに販売する「レスキューデリ」の実証実験が開始された。この取り組みで、新たなエコシステムの構築を目指すという。
青い空と、エメラルドグリーンの海。最高に決まってる。それだけで「今年の夏も、いい思い出ができたな」なんて思ってしまいます。もちろん、海外旅行で特別な時間を...
今回は高輪ゲートウェイ駅にあるスターバックスコーヒー。日本初のキャッシュレス特化型店舗としてオープンしたスターバックスにある「SMART LOUNGE」っ...
窒素と二酸化炭素のガスカートリッジを使用して、普段の飲み物にアレンジを加えるドリンクメーカー「サプライズボトル」。
都市計画からプロダクトデザインまで、幅広い分野で活躍しているUNStudio。彼らが、アムステルダムからフランクフルトまでを53分で走行する“ハイパールー...
約6年間にわたり修復工事を行なっていた、福岡県北九州市の門司港駅がリニューアルオープン。大正時代にタイムスリップしたような気分でひと休みできる、レストラン...
どこかへ旅行に行くと、朝食はホテルで食べる人が多いはず。でも、星野リゾート リゾナーレ小浜島が企画した「人生初漂流 絶景Sunrise Breakfast...
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...
今週12月3日から、JR東日本の駅構内の自動販売機acureで、日本初となる具入りピリ辛スープの販売がスタートした。
「Smart Rope PURE」は、高性能センサーを内蔵。回数や消費カロリーを計測し、スマホで確認して効果的な有酸素運動を実行できる進化した縄跳びだ。
二度見しちゃうこと間違いなし!晴れた日にはレーニア山が見える「空中庭園」。形もまるで彫刻のようで、ラウンジ内にいてもビル外から見上げてもオシャレなデザインだ。
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
多くの人の注目を集めるのが上手いIKEAイズムの真骨頂とも言えるのが、この広告キャンペーンです。新店舗オープンの際に、パリの地下鉄の駅をショールームのよう...
6月16日から駅ビル・エキナカの一部店舗で、店舗ごとに設定された一定金額以上の購入者を対象にエコバッグを配布すると「JR東日本」が発表。その数50万個。「...
手つかずの自然、キレイな海、絶品な海の幸。もちろん離島の魅力は尽きませんが、一方で無視できない「事前に知っておくべきこと」も。今回は、ビギナー編。そのギャ...
中央アメリカ・ベリーズの島にある、自然溢れるコワーキングスペース。大都会にあるソレと比較したらデザイン性や利便性の面では劣るけど、開放感は抜群。疲れたらハ...
両国駅「幻の3番ホーム」を会場に2020年1月9日〜12日の4日間、「おでんと熱燗ステーション」が開催されます。