『海の見える駅』とっておきの5選。東日本編

WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。

その村松さんに、とっておきの『海の見える駅』を5つ選んでもらいました! 村松さんご本人のおすすめコメントとともにどうぞ。

まずは【東日本編】から。

01.北浜駅
(北海道/JR釧網本線)

北浜駅は、日本でも非常に珍しい流氷の見える駅です。

流氷といえば砕氷船のイメージが強いかもしれませんが、北浜駅は、列車で流氷に出会えるスポット。ホームの目と鼻の先がオホーツク海で、毎年冬の終わりごろ、運がよければ流氷が間近に迫ります。私の知る限り、流氷の見える駅は日本でもここ北浜駅と、ふたつ隣の鱒浦駅だけ。

北浜駅には小さな展望台があるほか、無人駅ながら木造駅舎にレトロな喫茶店も併設されています。海を見ながら心身ともに温まることができるのも、おすすめしたいポイントです。

02.驫木駅
(青森県/JR五能線)

驫木駅(とどろきえき)は、東日本で最もフォトジェニックな駅のひとつだと思います。

東京から最速でも6時間、列車も1日にたった5往復という、まさに本州の最果てといっても過言ではない立地。ただ、一面の日本海を背景に、年季の入った木造駅舎だけがぽつりと立たずむさまは、他の駅では見ることができません。

海が西の方角にあり、秋の真っ赤な夕日が正面に沈むのを目の当たりにしたときは、本当に訪れてよかったと確信しました。

ちなみに、驫木駅のあるJR五能線は、日本海の険しい海岸線にへばりつくように走るため、乗っているだけでも海を存分に楽しめますよ。

03. 日立駅
(茨城県/JR常磐線)

日立駅は、建築としても美しい、美術館のような駅です。

2011年に完成した一面ガラス張りの駅舎に上がれば、太平洋の水平線が眼下に広がります。いつ見ても美しいですが、個人的なお気に入りは日の出の瞬間。ちなみに、日立という地名は、水戸黄門こと徳川光圀公が「朝日の立ち上る様は領内随一」と言ったことが由来だという説も。

地元のオーナーが運営するおしゃれなカフェも併設されていて、カフェ巡りが好きな方にもおすすめです。

04. 根府川駅
(神奈川県/JR東海道本線)

根府川駅は、都心から気軽に訪れることができ、絶景を楽しめる駅です。東京駅から東海道本線に飛び乗って、わずか1時間半ほど揺られるだけで、相模湾の大パノラマに出会えます。

東海道本線ではほぼ唯一の無人駅とあって、落ち着きがあり、本当にここは神奈川県か?と思ってしまうほど静かなのも特徴です。

冬にはホームの正面に日が昇ることから、初日の出スポットとしても有名なほか、4月に駅前の一本桜が咲き誇るなど、たびたび足を運びたくなる魅力があります。

05. 青海川駅
(新潟県/JR信越本線)

青海川駅は、日本海にもっとも近い駅です。

ホームのすぐ隣が日本海に面した海水浴場なのですが、荒波が飛沫となって今にも届きそうほど、海に近い駅です。少し歩けば浜にも降りられるので、澄んだ海水に触れながら次の列車を待つこともできます。

また、駅の上にかかる米山大橋の袂まで登ると、駅と日本海を同時に見下ろせる、絶景スポットも。2015年からは、地酒をコンセプトにした観光列車「越乃Shu*Kura」も停まり、より気軽に訪れることができるようになりました。

次回は【西日本編】をお届けします!

Licensed material used with permission by 村松 拓
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。前回は、村松さんおす...
『海の見える駅』というWEBサイトをご存知だろうか。全国各地、厳選された『海の見える駅』を掲載しているこのWEBサイト。運営しているのは、村松 拓さんとい...
海に近い駅といえば、かつて「青春18きっぷ」のポスターにもなった愛媛県下灘駅が有名。しかし、それよりも海に近い駅が神奈川県にありました!
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
5月ももうすぐ終わり。はやくも夏めいてきてます。海行きてー! って思ってなくても、ためしに原宿に行ってみて。
青い空と、エメラルドグリーンの海。最高に決まってる。それだけで「今年の夏も、いい思い出ができたな」なんて思ってしまいます。もちろん、海外旅行で特別な時間を...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
どこかへ旅行に行くと、朝食はホテルで食べる人が多いはず。でも、星野リゾート リゾナーレ小浜島が企画した「人生初漂流 絶景Sunrise Breakfast...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...
エネルギッシュな街には、うまいラーメン屋が多い。ビジネスと交通の中心地「品川」もそんな街のひとつだと思う。昼も夜も、多くの人が行き交うこの街で、それぞれ五...
手つかずの自然、キレイな海、絶品な海の幸。もちろん離島の魅力は尽きませんが、一方で無視できない「事前に知っておくべきこと」も。今回は、ビギナー編。そのギャ...
静岡県にある、知る人ぞ知る“秘境駅”が大きな話題になっています。なるほど、確かに写真を見ればそれも納得。この幻想的な光景、なんだか『世界の車窓から』に出て...
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
一体、どれだけの受験生がこのメッセージに励まされたのでしょうか。ここで紹介するのは、福島県の郡山駅で2016年1月15日(金)に撮影された「ある黒板」の写...
新たな観光スポットとして要チェックです。
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
鹿児島県にある神話の里の敷地内にある「道の駅 霧島」を紹介します。ご当地グルメを味わう、お土産を買うといった「道の駅」の魅力はもちろん、標高690mの立地...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
オーストラリアのサーファーたちがつくった海専用のゴミ箱「The Seabin」は、水面に設置すると、近くに浮かぶゴミを海水ごと飲み込む仕組み。
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...