シドニーの駅で「エスカレーター」がとんでもないことに!

シドニーにある駅「Wynyard Station」。ここで天井に目を向けると……渦巻く巨大なインスタレーションが。実は1931年から2017年まで使われていた、古いエスカレーターをリサイクルしたもの。「INTERLOOP」というアート作品なんです。

今にも落ちてきそうだな〜と怖くなるくらいダイナミックですが、実際に使われていた木製ステップなどのパーツを移設しているため、細部から歴史を感じられる造りになっています。

駅構内を行き交う人々がしばらく立ち止まるちょっとした場所が、博物館のような場所に様変わり。過去から未来への流れを象徴する空間になりました。新たな観光スポットとして要チェックです。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「シドニー・フィッシュ・マーケット」は近年老朽化が進み、デンマークの建築デザイン事務所「3XN」の設計図を基に建て直しが決まりました。
2019年までにオフィスや社員食堂から使い捨てプラスチックを廃止すると明言し、環境対策に力を入れているVolvo。少しでも水質汚染を良くしようと、彼らはシ...
2020年、シドニーに再オープン予定の「W Hotel」に造られるインフィニティプールからは、ダーリン・ハーバーを一望できる景色が見られるということ。“映...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。