戦後日本のスローガンが、時を超え、現代のシドニーへ。

都心部における不動産価格の上昇や人口増加の影響を受け、満足のいく家探しに頭を悩ませているのは、何も東京だけに限った話ではない。そう、実はここシドニーでも同じ現象が起きているらしいのだ。

そんな中、手頃な価格で、狭くとも住みやすい部屋を提供するための工夫が話題に。限られた空間を最大限活用すべく、デザイナーNicholas Gurneyさんがヒントを求めたのは、なんと日本独自のスローガン「5S」だった。

「狭い家」でも
工夫しだいで快適に

Photo by Katherine Lu

まずはじめに「5S」を整理しておこう。

「整理、整頓、清掃、清潔、躾(しつけ)」を指すこのスローガンは、戦後日本で広まったもの。もともとは労働効率を上げることを目的に考案されたが、その後、健康管理や教育のシーンでも使われるようになっている。そんな日本独自の考え方が、現代のシドニーの家づくりに適用されたところに、この話の面白みがある。

「5S」をもとにNicholasさんがデザインしたのは、24平方メートル(約13畳)の新婚向けマイクロアパート。日本の収納術を基盤とした生活空間を作り出した。

収納だけじゃない
「広くする」ための創意工夫

Photo by Katherine Lu

日本ではよくあるタイプに見えるけれど、注目してほしいのは最低限の家具が全て備わってこの状態という点。収納がたっぷりあるので冷蔵庫、電子レンジなどが設置された上で、かなりのスペースが確保されている。

え、テーブルやテレビ、ベッドはどこかって?

Photo by Katherine Lu

テーブルは調理台の下。ちゃぶ台感覚で収納可能というわけ。これ、基本的に家の広い海外ではあまり見ないタイプの食卓だ。

ちなみにキッチンは、水場と調理台が分けられている。家に入った時に水回りが見えないのは助かるかも。

Photo by Katherine Lu

テレビはこちら。ベッドルームとの仕切りとなるドアに取り付けられている。ドアが180度回転するので、リビングからもベッドで寝転びながらもテレビが見られるんだそう。13畳でベッドルーム別なんてふたり暮らしには十分なんじゃ?

さらに、上の画像の左端を見ると、ドア横のわずかなスペースに本棚が見える。この家はどんな空間もムダにはしない。

Photo by Katherine Lu

シンクの横にはバスルームへのドアが。これは鏡になっていて、トイレやお風呂場が目立たないようにしつつ、狭い部屋を広く見せているのだ。細かな部分にも、少しでも部屋を広く感じさせようという工夫が見られる。

Photo by Katherine Lu

「このアパートは、少量のものと暮らすことを推奨しているんだ。取捨選択、持ち物の見直しに重きを置いている。ものすごく狭い空間でも心地よく暮らすためにね」

とは、Nicholasさんの弁。

「5Sアパート」は
住宅難を救えるか?

Photo by Katherine Lu

そもそも13畳ってそんなに狭い?と個人的には思うけれど、もともと大きな家に住んでいる外国人にとっては、このアパートのようにかなりの創意工夫が求められるのかもしれない。たしかに、日本の、特に1〜2人暮らしの家の狭さには、驚かれることもよくあるし。

狭い中でも自分に本当に必要なものを見極め、工夫して心地よく暮らすための提案。日本発のスローガンが、海外の住宅難の救世主になれるか。一日本人として注目したい。

Licensed material used with permission by Nicholas Gurney and Katherine Lu (photos)
「シドニー・フィッシュ・マーケット」は近年老朽化が進み、デンマークの建築デザイン事務所「3XN」の設計図を基に建て直しが決まりました。
日本でも名高い伝統工芸の「絞り染め」が、海外でファッションやインテリアに取り入れられているんだとか。オーストラリア、シドニーの絞り染め専門店はDIYキット...
新たな観光スポットとして要チェックです。
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
2019年までにオフィスや社員食堂から使い捨てプラスチックを廃止すると明言し、環境対策に力を入れているVolvo。少しでも水質汚染を良くしようと、彼らはシ...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
2020年、シドニーに再オープン予定の「W Hotel」に造られるインフィニティプールからは、ダーリン・ハーバーを一望できる景色が見られるということ。“映...
平日の昼に訪れたシドニーで見たのは、ビジネス街をスーツ姿の人々と一緒に半裸やランニングスタイルのマッチョが歩く光景。彼の地のエグゼクティブたちはランチタイ...
オーストラリアのビール会社Sydney Beer Co.がユニークな職種を募集をしています。Chief Clock-Off Officer。意訳すると「時...
シドニーを拠点に活動するディスレクシア(失読症)支援団体「Sydlexia」。彼らは、二つの側面から失読症の人を助けるポスターをデザインしました。
広々とした空間に、白いオブジェクトが浮かぶ——。長いプリーツが螺旋状に渦を巻くこのインスタレーションは、日本を代表する建築家・隈研吾がデザインした「Bre...
「Instagramのフォロワーが1万人を超える人は、宿泊料をタダにします」シドニーのホテルが、画期的なサービスで利用客招致に取り組んでいる。ホテルのPR...
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
森美知典さんの著書『日本を飛び出して世界で見つけた 僕らが本当にやりたかったこと』(実務教育出版)では、海外で活躍している日本人の元へ取材に出向き、その略...
シドニーで人気の複合施設「The Grounds of Alexandria(ザ・グラウンズ・オブ・アレクサンドリア)」。ここが今、7月21日までの期間限...
いま、シドニーで大注目のデザートがこちら。見た目のインパクトもさることながら、その独特の食感がやみつきなんだとか。このハイブリッド感がたまらない!シドニー...
オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
デザイン大国デンマークで生まれ変わる信楽焼。コペンハーゲンの陶芸家ラース・ランクがつくる「Dots」シリーズは、単純な柄だけど、日本の焼き物を愛らしく変身...