「絞り染め」が、知らないうちに海外で進化をとげていた。

古風でシブい、独特の雰囲気が日本でも人気の伝統工芸・絞り染め。でもこれを「21世紀版・Shibori」として、ライフスタイルにカジュアルに組み込んじゃうのが海外のトレンドなんだとか。

シドニーの専門店「Shibori」から、進化したその姿をお見せしよう。

壁紙やラグにも
大胆に

椅子の後ろのまだら模様も、不思議なパターンのブックカバーも、さらにはラグも、全部絞り染めで作ったものだ。こうしてみると日本のものとは結構テイストが違うけど、より今っぽいムードをかもし出していておおいに「アリ」な様子。

「絞り染めされた布はオーストラリアのトップデザイナーの一部にも、ファッションやインテリアの場面で使われてきました。彼らが自らの手で染めた革や売り物としての布、壁紙も世界中の展示会場で見ることができます」

と、 Shiboriの担当者。

細かなパターンを作るのが定番の日本のものとは違って、ざっくりと縛って不思議な模様を染め出すものも多いみたい。

伝統工芸だけど、こんなふうにカラフルポップなテイストにも。

「お手軽DIY」という
側面も

さらに興味深いのが、絞り染めが「お手軽DIY」としても注目されているところ。逆輸入も起こりそうな勢いだ。

さらに「Shibori」では、簡単に絞り染めができるキットの販売や、ワークショップの開催も行っているという。確かに、私が小学校のときに体験した記憶でも、多少の失敗くらいならそれなりに味が出ていた(気がする)し、初心者でも楽しみやすく、DIYには向いているのかもしれない。

暮らしに取り入れてみたい人は、オンラインショップも覗いてみて。

Licensed material used with permission by shibori
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...
新たな観光スポットとして要チェックです。
森美知典さんの著書『日本を飛び出して世界で見つけた 僕らが本当にやりたかったこと』(実務教育出版)では、海外で活躍している日本人の元へ取材に出向き、その略...
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
伝統工芸の技術をいかし、竹で作った「Hazang」は、控えめだけれどモダンなデザインで、お部屋の内装を問わず、いい音を届けてくれます。スマートフォンやタブ...
富山県高岡市で、今秋、国際北陸工芸サミット『工芸ハッカソン』が行われる。富山県高岡市は、金属工芸や漆芸の技を400年以上受け継ぐまち。工芸がこれまで出会っ...
オーストラリアのビール会社Sydney Beer Co.がユニークな職種を募集をしています。Chief Clock-Off Officer。意訳すると「時...
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
シドニーを拠点に活動するディスレクシア(失読症)支援団体「Sydlexia」。彼らは、二つの側面から失読症の人を助けるポスターをデザインしました。
アメリカのクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で、伝統工芸品分野で異例の1400万円の調達に成功した「Haori Cup」を紹介。軽くて...
プレゼントやメッセージカードが「何だか物足りないな」というときや、無地のTシャツをちょっと変えたいなんてとき、DIYプリントを試してみませんか?初級編から...
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
都心部における不動産価格の上昇や人口増加の影響を受け、満足のいく家探しに頭を悩ませているのは、何も東京だけに限った話ではない。そう、実はここシドニーでも同...
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
Melissa Feldermanは、ミレニアル世代の女性たちのイメージに植え付けられたイメージを変えようと、オリジナルのプロダクトでアプローチ。テクノロ...
カナダ、トロントのアーティストでのDorotaさんが作った新しい名刺は、なんと全くの白紙。実は光に透かす事で文字が浮かび上がるのだ。仕組みは簡単、文字をく...
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
欲しいものが決まっているとき、オンラインショッピングって本当に便利。外に出る必要も、わざわざ歩きまわって商品を探す必要もない。でも欲しいものが決まってない...
「Instagramのフォロワーが1万人を超える人は、宿泊料をタダにします」シドニーのホテルが、画期的なサービスで利用客招致に取り組んでいる。ホテルのPR...