僕はただ、シンプルに時刻を知りたいだけなんだけど。

「いやいや、普通に時刻を教えてよ!」と思わず言ってしまいそう、というか言ってしまった。従来の時計の役割は、もはや後回し。むしろ「教材」のような印象が強いALBERT CLOCKは、子ども部屋に設置すると勉強になってイイかも。さらには、頭がかた〜くなってきた大人たちの脳トレとしても役立ちそう。

単純に「18:56」と教えてほしい。

Photo by Gerhardt Kellermann

見てのとおり、簡単には時刻を教えてもらえない。知りたければ、足し算や引き算、掛け算、割り算をして計算問題を解く必要があるのだ。

Photo by Gerhardt Kellermann

生みの親は、パリに拠点を置くデザイナーAxel Schindlbeck。

Photo by Gerhardt Kellermann
Photo by Gerhardt Kellermann

難易度は6段階から選択可能だとか。慣れてきたら徐々にレベルを上げていこう。

Photo by Gerhardt Kellermann

グレー、赤、黒の3色展開で、価格は279ユーロ(約33,700円)。購入はコチラから。

それにしても、毛の分け目球体によってざっくりとした時刻を教えてくれるなど、“本来あるべき姿”から離れ、まったく違う役割を担う時計の登場が目につく昨今。それぞれのプロダクトにデザイナーたちの遊び心が遺憾なく発揮されていて、どれもこれもつい紹介したくなってしまう。

Licensed material used with permission by Albert Clock
andmore
他の記事を見る
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
〈無印良品〉にはいくつか腕時計がラインナップされていて、どれもシンプルな時計に当てはまると思うんですが、なかでも食指が動いたのがこの「Wall Clock...
とんでもない掛け時計がフランスで誕生しました。毛というか、繊維の分け目であなたに時刻を知らせてくれます。実際にどのように動いて時を刻むのかは、最後の動画で...
ただただ“明るくて、表示をシンプルにしたら、わりと洒落た雰囲気になった”って感じ。そこがおもしろいと思います。チープだとか、おもちゃみたいだとか、この時計...
コンクリートがむき出しになっているような「TANGENT」。限りなくムダを削ぎ落としている時計です。
本当です。たった9秒で終わるので、以下の動画をチェックしてみてください。そう、リングの中央に指を置くと、影がそのまま時刻を示す仕組み。なんとも幻想的な時計...
「Humism」は時が経つにつれて、ゆったりと変化していくようになっている。本来なら時計を見ているはずなのに、移りゆくデザインを見ているうちに時間を忘れて...
「STORY」は、銀色の球体が木製の台の上を浮遊し、時間を知らせてくれるプロダクト。とはいえコレ、もはや単なる時計以上の存在だと思います。というのも、時の...
〈klokers〉の「KLOK02(クロック・ゼロツー)」です。使い方はシンプル。上部が時刻表示で、下部にある窓が世界24都市のタイムゾーンを表示していま...
かつて、これほどまでに「香り高い目覚め」があったでしょうか?そのビジュアルは、「デジタル目覚まし時計」と「ドリップ式コーヒーメーカー」が合体したかのよう。...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
「あ、今日は予定があったんだった…」ふとスマホを見たとき、予定があったことに気づく。そんな残念な経験、誰しも一度はあるのでは。しかしそれも当然、スマホは必...
スウェーデン・ストックホルムの時計ブランド「TRIWA(トリワ)」が、1月25日より「TRIWA SHOP表参道」と「TRIWA POP UP STORE...
かつてのように、腕時計が絶対的な男のステータスであると言い切れなくなった現代では、「付けない」という選択も広く受け入れられている。その理由として、「服を選...
世界を24に分割する「タイムゾーン」にインスピレーションを受けて開発されたという「KLOK02」。フェイスの真ん中の窓には時刻、右小窓には都市名が表示され...
「時は金なり」なんて格言もあるほどで、時間というのは貴重なもの。時間の使い方について新たな試みをしたのが、デザイナーMaarten Baasによるパフォー...
シンプルで個性的なヒーターに出会いました。
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
透明な円柱を太陽光が通り抜け、机の上に時間を映し出す。アナログ特有の美しさに心を奪われる日時計。