あなたが知らない、本当の「北欧ライフスタイル」6選

北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズのスウェーデン&デンマーク編集部が、本当の「北欧スタイル」を教えよう。
Photo by Houzz

01.
北欧のインテリアは
白だけじゃない

たしかに北欧諸国の人々は、シンプルで真っ白なインテリアが好きだ。おそらく理由は、白ならたいていインテリアが素敵になるし、簡単に実現できるからだろう。また北欧では、秋と冬の間は日照時間が少ないため、暗い色を使うと、1年のうち5ヵ月間を落ち込んだ気分で過ごすはめになるかもしれない。
Photo by Houzz
でも、北欧人は白以外の色が嫌い、と思い込んでいるならそれは大間違い。ここ数年は、白やグレーのベースにさまざまな色をプラスしたスタイルが人気を呼んでいる。写真の、アイスクリームみたいなゴージャスなパステルカラーなら、家がぱっと明るくなる。ぱっと目を引く色の壁の魅力に気付いた北欧人の数はどんどん増えているし、スタイリストやデザイナーも、ダークブルーやパステルピンク、深い緑などを自宅に取り入れて、流行を先取りしている。 

02.
ミニマリズムはもちろん
アーツ&クラフツも

Photo by Houzz
無駄なものを排したシンプルなインテリアや暮らしは、北欧では相変わらず人気だし、これからもこの人気は続くだろう。デンマーク人、スウェーデン人、フィンランド人、アイスランド人、ノルウェー人が、シンプルは、余計な飾りのないインテリアに、たしかに目がない。写真のような、黒×白を複数のパターンで取り入れたり、グレーを少し加えたりするのも好きだ。このスタイルは、北欧デザインのもう1つの主要な特徴である木のフローリングにもよく似合うし、観葉植物を置くととても映える空間でもある。
Photo by Houzz

でも、北欧にも色や模様をふんだんに使ったカラフルな人気スタイルがある。ミニマリストな北欧デザインよりも、むしろアーツ&クラフツに近いスタイルだ。

写真は、スウェーデンのクラシックなインテリア・ブランド「スヴェンスク・テン」が提案する空間。デザイナーのジョセフ・フランクは、暖かい色づかいの、元気いっぱいの空間を創ることで知られている。実際、一般の北欧の家庭でも、モノクロのインテリアをソフトな印象にするために、カラフルなアイテムを加えるテクニックはよく使っている。この春には、ロンドンの「ファッション&テキスタイル博物館」ジョセフ・フランクの作品が展示されていた。

03.
北欧家具は
「木」だけじゃない

Photo by Houzz
北欧諸国のうち3ヵ国は森の国。だから、インテリアや家具に木が使われるのも当然のこと。ダイニングテーブルから本棚まで、どんなものでも木で作るという伝統がある。今では木以外も入手可能だが、自然を愛する北欧人は、オーガニックな素材を使い続けている。
Photo by Houzz
でも、新素材を使ったクリエイティブなものづくりもどんどん増えている。例えば、デンマークのスタイリスト、アンネ・リメルは、自らが主宰するデザイン企業「ディムズ」から、アクリル製の棚やプロダクトをたくさん発売している。アンネ・リメルの家も、彼女がつくりだしたカラフルな家具や小物でいっぱいの、とても楽しいインテリアだ。

04.
名作デザイン家具を
リスペクトしているけれど

Photo by Houzz

北欧の人々は、北欧の風土が生み出した生まれた世界的デザイナーたちをとても誇りに思っている。ポール・ヘニングセンアルネ・ヤコブセンヴェルナー・パントン、ジョセフ・フランク、リサ・ラーソン、カール、マルムステン、アルヴァ・アアルトなど、北欧諸国は数え切れないほどの名デザイナーたちを生み出してきた。

もし北欧の家庭を訪ねて、名作家具が目に入ったなら、それはまず間違いなくオリジナルだ。北欧の人々はデザインや独創的なアイデアをとても大切なものと考えているし、オリジナルにとても敬意を払っているので、コピー商品は買わないのだ。

Photo by Houzz

とはいえ、北欧の家にだって、手頃な価格の家具はある。未来の名作を先物買いするのは大好きだし、賛否両論はあれど、リーズナブルな価格で世界を席巻しているあの北欧発の超有名ブランドのモットーは、「デザインの民主化」だ。

新進デザイナーたちは北欧の過去の名デザイナーたちの作品にインスピレーションを求めるが、北欧デザインの魅力の一部は、つねに過去とは違う新しいものを生み出してきた点にあるのだ。

05.
北欧人の大半は
都会で暮らしている

Photo by Houzz
本や雑誌、テレビを通してしか北欧諸国を知らない人は、北欧人はみんな緑あふれる美しい村や、冷たい風が吹く島々に暮らしていると思っているかもしれない。たしかに、北欧には森がたくさんあるし、孤高な暮らしも可能だし、田舎に暮らす人々は、自然に囲まれて、自然と対話するように暮らしている。北欧の自然環境は厳しいが、胸を打たれるほど美しい。だから、北欧の文化において自然が大きな役割を果たしているのも当然なのだ。
Photo by Houzz
でも実際には、北欧人の大部分は都会で暮らしている。アイスランド人の94.2% 、デンマーク人の87.5% 、スウェーデン人の85.8% 、フィンランド人の84.2%、ノルウェー人の80.5%は都市圏にいる(国連の統計による。ただし、ここでいう「都市圏」や「都会」とは、本人がそう思っていることを基準としているので、彼らの暮らす都市は、例えばニューヨークのマンハッタンのような過密都市ではない)。北欧人は建築にも愛情を注いでおり、住む場所には非常にこだわる。写真は、スウェーデン南部のマルメにある、エルディング・オスカーソン設計の家だ。

06.
アイテムを揃えただけじゃ
ヒュッゲは実践できない

 
Photo by Houzz
「ほっこりとしたくつろぎ」を意味するデンマーク語の言葉「ヒュッゲ」は2016年に世界的流行語となり、日常生活でヒュッゲを実践する方法をアドバイスする記事や情報が次から次へと現れた。だが残念ながら、そうした情報の多くは、シープスキンのスリッパとか、紅茶とか、薪ストーブや暖炉など、ヒュッゲを「モノ」で取り入れる方法に偏っていた。ヒュッゲは、消費者にモノを買わせるためのキャッチコピーになってしまったのだ。
Photo by Houzz
でも、モノを揃えれば、ヒュッゲを実現できるわけではない。2015年、ハウズがスウェーデンでもサービスを開始した際には、ヒュッゲについて次のように紹介している。
 
「ヒュッゲとは、大好きな人と過ごす心地よい時間、光が降り注ぐ明るく気持ちのいい部屋、お気に入りの日用品を使うときに感じるほっこりとした気分を表すときに使う言葉です。ヒュッゲはお金で手に入るものでも、誰かにつくってもらえるものでもありません。北欧人が大切にする『暮らしの豊かさ』であり、それは一人ひとりが自分の家と暮らしのなかで手に入れるものなのです
だから、例えば「ヒュッゲな北欧スタイルの家を作れるアイテムリスト」といった情報は真に受けてはいけない。要りもしないものを買ってしまうはめになるからだ。
 
ヒュッゲとは、日々の暮らしのなかで喜びを見つけること。それこそ、私たち北欧人が決して無くしてはならないと思っている、大切なライフスタイルなのだ。

文:Cajsa Carlson
翻訳:ハウズ日本版編集部
記事提供:Houzz(ハウズ)

スウェーデンには「lagom(ラーゴム)」と呼ばれる概念があります。「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、物質主義や消費主義とは反対の、適度で...
神奈川県の住宅街にある200坪の倉庫。中には、フィンランドやデンマークなどの北欧家具が所狭しと並べられている。オーナーの山本さんが以前、フィンランドへ旅行...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
イタリアの家具ブランド「arflex(アルフレックス)」によるこのソファ。日本の伝統的な様式美「盆栽」と「床の間」にインスパイアされたものだとか。
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
地表や岩の上ではいつくばるように成長する苔。深緑色の絨毯が広がる様は、古くから日本人の美意識の中にある苔のイメージですよね。ところが、北欧フィンランドの苔...
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
北欧の降ってくるような星空を見事に切りとったのは、フィンランドを拠点とするフォトグラファーMikko Lagerstedt。水面に反射した光によって、なん...
いい家具があると空間が華やぎます。いいデザインで環境に配慮していたら最高。「We Do Wood」はそんなプロダクトを提供しています。同社が採用する素材は...
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
洗練された「北欧スタイル」は、なにもインテリアに限った話ではありません。1960年代スウェーデンのフィッシャーマンスタイルを現代風にアレンジした、シンプル...
毛の一本一本まで精緻に描かれた、動物のポートレート。その体の奥に透けるのは、美しい風景…。このイラストレーションは、デンマーク・コペンハーゲンに本拠を置く...
「ミレニアルピンク」と呼ばれる、淡くて少しグレーがかった優しいピンク。ファッションから始まったトレンドが今、インテリアでも注目を集めています。心がはずむよ...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
かわいい洋服を身にまとった、素敵なおうちでの生活。きっと、誰もが幼い頃に一度は憧れたであろう世界を、ぜひ一度のぞいてみてください。
470年以上の家具づくりの歴史をもつ大川の「大川家具」。その技術とセンスを証明するために「ネコ家具」が誕生した。人間にもネコにも全力の職人魂が生きたネコ家...